コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『火垂るの墓』と『じゃりン子チエ』

 終戦記念日に合わせて『火垂るの墓』が、また放送された。そのたびに話題になるのは戦争のことを皆が考えるからだが、かつて東北の親戚は観てびっくりしていた。

 なぜなら、『火垂るの墓』では、主人公の少年が母親の着物を持って物々交換を頼みに行ったら、こんな安物では駄目だと農家のおばさんに罵倒され追い返されたり、飢えて畑の作物を僅かにくすねたのを農家のおじさんに見つかり容赦なく執拗に殴られたりするからだ。

 これとは違い、東北の農家では、戦争の混乱により都会から食料を求めて来た人がいると、できるだけ食料を分けてあげようとし、検問で没収されないように隠し持つあの手この手を指南までしたと言う。
 また、東京から東北へ米を求めに行った体験談でも、少なくとも関西とか近畿とか呼ばれる地方の体験談ほどひどい対応を農家にされたという話は聞かない。

 同じ高畑勲監督の作品のひとつに『じゃりんこチエ』がある。この映画の主人公は小学生だが、父親の経営するホルモン焼き店をきりもりしている。なぜなら父親が仕事をほったらかして博打をしに行くからで、これに愛想を尽かした妻は家出し、仕方なく娘が働いている。
 そして、たちの悪い客が代金を誤魔化そうとすると、チエは床に落ちている串を見咎めて喧嘩になる。
 子供が働いている姿に同情して、代金とは別にチップをあげて「これは親に渡さないで君が使いなさい」と言うのではなく、そこに付け込み料金をちょろまかそうとする客。
 大阪の人間は何を考えてるのかと唖然とさせられる。

 これについて大阪の出身者に言わせると『じゃりン子チエ』の舞台は通天閣の麓で、あのあたりは柄が悪く、よく大阪出身の女性は子供の頃に親から、あの辺に行ってはいけないと注意されていたと言う。

 とにかく、そうした地域によるものの考え方とか文化を考えないと、戦争とかTPPとかも、うまく議論できないのではないか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by あっちゃん at 2015-08-15 20:17 x
東北はいわば虐げられたものの土地。白河以北一山百文などという無礼極まりないレッテルを貼られて差別を受けてきた土地。ですので手を取り合い生きていくよりなすすべがなかった。
だから助けを求める者は捨て置けないし、ずるや悪さをしたら後で自分に返ってくるという教えも素直に受け入れられ、みなやさしいのです。
翻って近畿の連中は勝者の土地でありきれいごとはともかく世の中勝ったもんの勝ちという刹那主義的で現世利益的でこずるい精神がまかり通り、弱い者に手を差し伸べるどころか足を引っ張り蹴落としてやろうという考えになり、ズルや悪さも自分に返ってきたとしても自分がトロいだけで別に報いとはちゃうというメンタリティになった。貧困ビジネスなどというもんを考えられるのは金のためなら道徳はいらないタンツボ大阪人の発想です。
Commented by あっちゃん at 2015-08-15 21:28 x
地域差別煽って何が面白んですかね?
親が親なら子も子かw
Commented by 次郎くん at 2015-08-16 07:32 x
あっちゃんの「地域差別煽って何が面白いんですかね?」が正論。E先生ももしかして、阿修羅掲示板の世話焼き人で有名なダイナモ先生からの恩を仇で返したヘタレな過去があってそれへの反省できるだけマシかも知れませんが。
Commented by 次郎くん at 2015-08-16 08:04 x
ちなみにこの次郎の知人には二人ほど、ダイナモ先生と共闘している派遣村関係者からの福祉慈善事業で被った恩を仇で返した奴を二人ほど知ってます。
Commented by 次郎くん at 2015-08-16 08:29 x
東京在住者で、ダイナモ先生とともに、派遣村救済事業に携わっていた人々の対出身地別の人口比率で、東北出身者が異常に高く関西出身者が異様に低いという客観的データがあるのでしょうか?個人的な体験談ではそういう場合が多いですが、出来ればE先生に普遍的証拠を出していただきたいものです。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-16 21:06
 これについてツィターで、関西近畿在住の人たちがその通りだと言ってますから、住んでいると実感があるのでしょう。
 
Commented by H.KAWAI at 2015-08-17 13:49 x
○地域の特質ってありますよね。
○でも、それ言っちゃいけないんですかね。
○京都人は腹が黒いなんてよく言いますよ。
○あ、私も一応京都人ですが。
Commented by 石畳 at 2015-08-17 20:43 x
それぞれの「地域性」「お国柄」というものもあるが、それに捉われ過ぎると、「××人は…」といったステレオタイプに陥る危険性もあるのではないだろうか。

「田舎者は都会のものより、かえって悪いくらいなものです…。しかし悪い人間という一種の人間が世の中にあると君は思っているんですか。そんな鋳方に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変るんだから恐ろしいのです。だから油断ができないんです」
「…私の伺いたいのは、いざという間際という意味なんです。一体どんな場を指すのですか」
「金さ君。金を見ると、どんな君子でもすぐ悪人になるのさ」

(夏目漱石『こころ』引用箇所一部省略)
Commented by ruhiginoue at 2015-08-17 21:24
 「ナニワ金融道」の青木雄二は、子供の頃に京都に住んだことがあり、そのあと岡山にも住んだことがあるけど、京都の人は公共の場の掃除など進んでやるけど岡山では公共という考えが希薄でやりたがらないと言っていました。
 また、京大事件など進歩的だと思っている京都大は差別など平然とやらかすという話もあります。学会で東大などから京大はクセがあると言われてます。
 悪いことというより、何を悪いと思い、または思わないかという問題で、フランス人が不倫でもなんでも恋愛は基本的に良いことだというのと同じで、大阪では金のためならやって悪いことなど存在せず、ただし見つかるのは悪いという発想だということなのでしょう。
 あと、逃亡犯を匿う人は、東北だと悪そうな人に感じなかったから犯人にされて気の毒だと思ってのことで、関西ではお上に背きたいと思ってのことだという違いもあるようです。
Commented by ケーキイーター at 2015-09-21 21:33 x
 去年も書いたかもしれないけど。今日は清太の命日。
Commented by ruhiginoue at 2015-09-22 15:02
 小説に記述がありましたか?
Commented by ケーキイーター at 2015-09-22 15:33 x
 確か、高畑監督の映画版で「昭和20年9月21日、僕は死んだ」って清太のセリフが冒頭にあった。そんな覚え有り。何度も繰り返して観るタイプの映画ではないので、正確には表現できてないけど。
Commented by ruhiginoue at 2015-09-22 17:28
 なら、原作にあったのでしょう。未確認ですが。
 また実写で映画化ということですね。
Commented by ケーキイーター at 2015-09-23 19:30 x
 で、これも去年くらいに書いたような覚えがあるんだけど。9月21日は安倍さんの誕生日でもある。
 最近は大砂嵐と遠藤の誕生日をやっと覚えた。残った~のはSMAPのメンバーの誕生日だ。
Commented by ruhiginoue at 2015-09-24 20:40
 最近では、誕生日はパスワードはパスワードを忘れたときなどに入力するからネットでは公開しないほうが良いという人もいますが、どうなんでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-15 19:23 | 社会 | Comments(15)