井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ニセ科学の最たるは「科学的社会主義」じゃなかったのか?

 ニセ科学とは、科学に見せかけただけで科学ではないものだった。錬金術とかオカルトを、科学的に実在が説明できる、というようなものだったはずだ。

 ところが、その意味は歪められている。例えば、ツイートで問題発言というかデタラメな誹謗をした自民党の武藤貴也議員を、ニセ科学に親和性のある人だと非難する人がいたけれど、それは、保健福祉政策で彼がよりどころにしていたのが珍説であり「ニセ科学」と言って批判する人がいる、ということでしかなかった。

 ということは、武藤議員がよりどころとする説を批判する人が「ニセ科学」と主張しただけ。そして、これは科学的に誤りだという指摘だから、言葉の使い方が不適切だ。まず、このことだけでも「ニセ科学」と親和性があるという非難は間違いだ。

 また、武藤議員は、たまたま読んだ文とか見聞きした話を鵜呑みにし、その内容について何も検証せず受け売りしていたということで、これはもちろん良くないが、あくまで彼のいい加減さの問題であって、このことからも、ニセ科学と親和性があるという非難は間違いだ。

 つまり、二重に、ニセ科学と親和性があるという非難は間違いであり、武藤議員を批判するなら、議員として政策にかかわる発言は慎重になるべきだというものでなければならない。

 あと、ニセ科学批判をしている人の中には、「この人はニセ科学に騙されている」と批判したり「ニセ科学を信じてはいけない」と叫ぶけれど、そう自分が言っている内容も、誰かが「ニセ科学」だと批判している内容の受け売りである場合が多い。
 そして上記のように自分がニセ科学の意味を知らないから、ニセ科学の意味を間違えてレッテル貼りしている人を無批判に受け売りする。
 
 ほんとうは、自分の頭で考えて、そのさい反対意見や異論異説と照らし合わせた結論を言わなければならない。そうでなければ「ミイラ取りがミイラになる」ということわざのとおりである。
 そもそも、ニセ科学に騙される人は、ニセ科学批判の間違いやトリックにも騙されるものだ。騙されてしまう理由が同じだから当然である。

 だいたい、ニセ科学批判をしてる連中がほとんど信用できないのは、手前が偽アカデミズムの世界に身を置いているくせに、しかも世界的にみればまだまだ程度が低い日本のものなのに、それをこけおどしに利用しながら他人を見下すようにするからだ。
 こういう人の言うことは先ず間違いだ、自信がないから権威者ぶったり虎の威を借る狐のように振る舞う。

 それに、ニセ科学批判をしている理科系を自称する連中の言動は、体育会系のイジメに似ている。自分らがやっている狭い枠の中にはめ込んで、これ以外は正しくないとか他は駄目だとやる。
 これは部外者に対して、ボクシング部ならリングに上がれとか、野球部なら千本ノック受けろとか、相撲でいうところの「自分の土俵」から降りずに他人をあげようとするのと同じだ。
 こんなのは競技とは関係が無いし、決闘どころか喧嘩の水準ですらない。

 これで滑稽なのが、このあいだ呆れて困った共産党の議員で、ただニセ科学批判を鵜呑みにして受け売りしているだけなのに、唯物的弁証法だと平気で言ってしまう。科学的事実とか数値でさえ、その取捨選択で主観が入るという常識すらわきまえていないし、そもそも共産党の信奉する「科学的社会主義」こそニセ科学の最たるものだと長年にわたり言われて来たことは、どうなのか。


  
 
  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-20 04:26 x
学閥の親分の言い分を、狂ったロボットのように鵜呑みにしてる連中が百鬼昼行してる現状ですな。それと「科学的社会主義」なるのものの実践に関しては、最晩年のマルクスの見解である「ゴーダマブッダのような一流の精神科医たちが主体とならない限り、革命は成功しない」と述べてますので、自称共産党とか社民党・社会党の連中にはどだい無理なハナシであります。自称左翼と言ってる人々の間ではフランクフルト学派関係者以外は実践不可能なのではないでしょうか!ベ、別に、池田大作先生や森もと総理や安倍総理の名言を礼賛しているワケじゃないんだからね!!
Commented by H.KAWAI at 2015-08-20 11:40 x
○「科学的社会主義」というのは、頭の中だけで造られた「空想的社会主義」に対して経済学に裏打ちされた社会主義という意味であって、「似非科学」とまでは言えないと思います。
○但し、それが本当の意味で科学的であるかどうかには疑問があります。
○本当の意味と言うのは「事実と道理に基づいて立論されているのか」という事です。
○その答えはマルクスの「資本論」にあると思うのですが、私はその「労働価値説」に疑問を感じるので「科学的社会主義」も怪しいと睨んでいます。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-20 21:42
宮崎駿は、大学で経済学が専攻だったけど社会主義に科学的なんてありえるわけないじゃないかと言ってましたね。
それでいて空想的社会主義だがパリコミューンが理想的だと言ってましたけど。
理論に欠陥があるとか珍奇な説であるというのを「ニセ科学」と言ってしまったら「科学的社会主義」だってそうじゃないかということで、頭の弱い共産党の区議会議員が問題なわけです。
この議員は、不可解な商品を売っている人に「ニセ科学」と言って批判し、今、訴えられているそうです。
それで菊池とか左巻とかにすりよっている情けない人です。
原発再稼働に賛成してるわけではないから信用できると、川内原発再稼働されて良かったと言ってる人について言ってるんだから、頭の構造を疑っています。
科学的に間違ってると指摘すること、ニセ科学ということでは意味が違います。間違っているだけでは非難できないけれど、ニセと言ったら故意とか悪意になるから、その違いもあるわけです。
どうもその辺をわかっていないようです。
また、菊池などのいやらしい人を見下した物言いに大いに共感してるので、この共産党議員は人間的にも軽蔑すべき人だなと確信しております。
Commented by ケーキイーター at 2015-08-21 00:30 x
麻生たろさは本当に宮崎監督と同級生だったんですか?
Commented by ruhiginoue at 2015-08-21 20:28
 ちゃんと通っていたのでしょうかね?
Commented by ケーキイーター at 2015-08-22 00:43 x
 安倍さんもちゃんと小学校に通っていたのかな。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-22 21:02
 家庭教師には、よく定規で叩かれていたそうですね。真面目に勉強しないから。
Commented by ケーキイーター at 2015-08-22 21:54 x
 安倍さんて現在の郵便はがき代を知っているかな?
Commented by 次郎くん at 2015-08-23 04:27 x
トンデモに転落する以前の太田龍さんの姿勢は、7歳児でも観察眼能力のある存在にとりましては突っ込みどころ満載ではありますが、日共よりは科学的でありました。現在のネット社会では批判する欠陥のほうが多い書物ではありますが、太田さんが推薦文を書いている「アメリカ神話の解体」は読みごたえがありました。アメリカ合州国がマスコミのいうような女尊男卑の国ではないと知れただけでも収穫であります。「アイルランド人奴隷」と「白人奴隷」のことには全く触れていない脳筋駄作本で、NHKの高校生向けのテレビ教科書を丸写しした低次元内容ではありますが、記憶力の量の多さだけは褒めて上げても良い内容です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-19 19:25 | 社会 | Comments(9)