コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

金八先生のモデル三上満さんが死去

 デレビドラマの金八先生のモデルといわれる三上満さんがガンのため83歳で亡くなったそうだ。
 この三上さんは、かつて都知事選挙で石原や舛添といった候補らに対抗して共産党が担ぎ出したことで話題になったが、もとは金八先生のような下町の中学の名物教師だった。定年退職してからは、三十年間の教員体験をもとに少年非行対策など教育関係の著書を何冊も出したので「教育評論家」と呼ばれた。
 この著書を、脚本家の小山内美恵子が『3年B組金八先生』の作劇をするさい参考とにして、中にはほとんど頂戴してしまったこともあり、だから三上さんは金八先生のモデルの一人だと小山内さんが言っていた。

 三上満さんは「みかみ みつる」だが「みかみ まん」という通称で、これを略して「みかまん」というあだ名となり、下町の中学校で生徒から「みかまんさん」と呼ばれていたそうだ。ちょうど金八先生が「きんぱっつあん」と呼ばれていたように。
 温和な性格だが熱血漢でもある三上さんは、生徒から人気があったようで、知事選挙のときも「三上先生か、あの人は熱心だったな」とか「ミカマンさんには世話になった」とか、卒業生など地元出身の人たちが言っていた。
 そして引退してからも非行問題などで相談に乗ってたということだった。

 いっぽうで労働運動家であった三上さんは、日教組を批判して別の組合を作るなどの活動で、中心的な役割を果たした。それで共産党から都知事選挙に担ぎ出されると、都の教育環境改善を訴え、「都庁ピカピカ校舎ボロボロ」と鈴木都政を批判していた。

 ドラマの金八先生は、演じる武田鉄矢が中退した大学を卒業した設定にしていて、これがセリフにも反映していたが、モデルの三上満さんは東大出だった。彼の訃報を共産党の機関誌しんぶん赤旗が大きく取り上げ、二十代のとき入党してからずっと党籍をもっていたと報じている。
 こうした優等生の左翼は落ちこぼれに冷淡な傾向があるけれど、三上さんは違った。それは、下町の中学校の教師になり、ドラマに描かれている桜中学校の背景にある貧富の差などを、政治的に左寄りであるため、社会の矛盾として批判的に見ていたからだ。

 それで三上さんは、非行に走る子供や、親に受験勉強ばかりさせられノイローゼになる子供などを、社会の歪みの犠牲者として捉えていた。だから問題児を排除の対象にしてはならぬと説き、少年非行問題に熱心に取り組む下町の中学校の名物教師となったのだった。
 そこからドラマが作られ、金八先生の「腐ったミカンを箱から放り出せという発想ではダメだ」というセリフになったりしたわけだ。

 そして都知事選挙の時にも、訃報のときも、金八先生のモデルということが驚かれたり強調されたりしたけれど、それというのも、ドラマが人気が出たさい、よく、学校の教師が「あんなのはドラマだけだ」「あんな先生はいない」と言い、これを生徒たちは不熱心な教師の言い訳と受け止め反発する、ということが、よくあったからだ。このことは、放送が始まって人気が出はじめたあたりから、テレビでも取り上げられていた。
 だから、モデルの存在が驚かれたわけだ。

 また、金八先生にふんして当たり役になった武田鉄矢が、自分は金八先生のようにリベラルではないと釈明していたけれど、これを、ドラマの中で金八先生が平和憲法の意義を説いたり、高校に進学しないで就職する生徒の一人が自衛隊に入ることを金八先生が思いとどまらせたりしたことと結びつける人も多いが、これはシリーズの後の方になってからのことで、あくまで作者の主張や問題提起だった。

 むしろ金八先生の本当のリベラルさは、非行対策への姿勢であり、これがモデルの三上さんの反映であった。つまり、自衛隊に入ることを快く思わないだけなら左よりの人には珍しくないが、左よりであるから問題児を排除せずに根気よく取り組むというのは、いわゆるレアケースであったはずだ。
 それで三上満さんは注目されたのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2015-08-24 11:33 x
こんにちは。三上満さんのことは知らなかったので、教えていただき嬉しいです。

とはいえ、
>左よりであるから問題児を排除せずに根気よく取り組むというのは、いわゆるレアケース
と見立てていらっしゃいますが、中道から右派は排除が基本です。単純に迷惑であり、厳しく断罪処分するのがアプリオリに正しいという感情と主義です。もちろん、家の中の面倒を外に放り出しても面倒は消えません。つまり、学校から消えたとしても、問題は地域社会に拡散してさらにややこしくめんどくさいことになるわけで。三上さんが指摘するように問題の原因を抑制しなければ現象としての問題は減りません。また、人間関係的な問題もあり、排除しても別のものが現れて常に一定の割合で問題が現れます。さらに、人間関係的な問題でもあるので、排除すると「生態系」が崩れて、つまり他の者を抑えていたボスをパージすると、目に見えなかった押さえ込まれていたややこしいことが噴出して非常にめんどくさいことになったりします。
 どうも、全般に極めて排除的だが三上さんのように左よりの人のほうがレアケース的にそうでない人がいるというのが私の印象です。「まっとうな保守」がいたってレアケースのように、めんど臭い奴を排除しない中道~右派はいたっけなあ、別の時とは態度が全く違うから裏がありそうだなという例はあったかもしれないけどという印象です。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-24 20:45
 何処の国でも基本的に、右派は夜警国家志向で、犯罪はひたすら取り締まる方針だけど、それではむしろ予算がかかってしまい、それより福祉など社会政策を充実させて未然に犯罪を防止するほうが経済的だし道徳的である、というのが左派です。
 これは教育にも反映していて、貧しい家庭の子供は問題児とか非行少年の予備軍とみなし、規則と暴力で縛るというのが右派です。
 ただ、教育現場の実践において、日本の場合、左派は建前のようにしてはいないのが現実だと認識しています。
 だから、教師たちが口を揃えて「金八先生はドラマで現実ではない」と言い、その同じ口で平和憲法とか嘯くのが現実だから、三上満さんの存在を意外だと受け止める人がおおく、例外的存在ではないかということです。

 
by ruhiginoue | 2015-08-23 16:20 | 社会 | Comments(2)