井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

国民皆保険制度は構造暴力

 先日、高すぎる健康保険税の話をした。家賃並みの健康保険税を強制徴集されたうえ、病気や怪我をしても一部負担で高い料金を支払わねばならず、それも劣悪とか時代遅れとかの治療や投薬しか保険の対象ではない。
 これについては、マイケルムーア監督の映画『シッコ』が、『スターウォーズ』のパロディにして皮肉っていた。対象外はこんなにあるという一覧を、宇宙空間の遥か彼方まで文字が並んでいる画面にしていた。
 
 この映画を観て勘違いしている日本人が多く、アメリカと違って日本は国民皆保険制度があるので良いと思い込んでいる。しかし、日本の健康保険も高額すぎるうえ、本当に必要な治療や投薬を受けたければ、その事態に備えて民間の保険会社の商品を別に購入しておかなければならない。
 これでは、保険に入らず普段から病気や怪我に備えて貯金していたほうがはるかに良いのだが、それを法律が許さない。ボイコットしても預金口座から権力で強制し取ってしまう。
 
 つまり、掛け金ばかり取る仕組みなのだが、そもそも医療業界の利益をはかるために作られたのだから当然といえば当然である。そして保険料をむしり取り生活苦に追いやり不健康にさせて病院に行かせるようにしているから、貧乏な人は生活がたちゆかなくなり、文句があれば生活保護を受けろと言う。
 そして、本当は生活保護を受けなくてもなんとかやっていける人たちを生活保護に陥れて、これで医療費はタダになるからと病院に行かせる。タダといっても税金から医療機関に支払いがされる。
 
 こうして、生活保護費と医療費の形で税金の支出が増え、儲かるのは医者と病院や製薬会社などである。ジェネリックと称する特許切れ薬品を使い節約するといっても、そもそも生活保護という以前に健康保険が時代遅れの安物医療しか対象ではないのだから、節約効果は薄い。

 こんな重大問題より生活保護叩きにばかり血眼の片山さつき議員などは、弱い者いじめしかできないから、そんなことをしているのだろう。厚生族には医療を食い物にしている勢力から莫大な政治献金が寄せられるから、自民党内でも力をもち、橋本龍太郎とか小泉純一郎とか総理大臣にまで上り詰める。これをなんとかするほうが、よほど生活保護が減るのに、それはしない。
 もちろん、生活保護を受けている人の多くは、無知により、無料で病院に行けて良いと思い込んでいるのだろう。治りもしないお粗末なものか、病院に行かなくても市販の薬で治せる簡単なものばかりであるのに。

 つまり、国民皆保険制度は構造暴力であり、良い所は一つもない。あると思っている人は、実態を知らないのだ。医者にかかっている人は、自分の受けている治療がどうなのか、調べてみるといい。きっと多くの人が、その品質に驚くはずだ。


 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-28 15:11 x
告発をありがとうございます。国民皆保険制度は破戒してアメリカさんの良心的な保険会社で「ホリ」スティック医学に基づいた外科と歯科にも保険が効いて、かつ元来の自然治癒力だけで直せる病気はそういうマトモに指導する四方丸儲けが出来る当たり前の倫理道徳をこなせる医師が所属するところに上陸していただくしかないです。それと橋本龍太郎もと総理と渡邊恒雄オーナーの名誉のために申し上げておきますが、歯科治療による水銀アマルガム中毒の危険性をマスコミ関係者では日本で最初に世に広く知らしめた側であり、発表当時の2002年11月にはカストロ狂信者やゲバラ狂信者たちは「そんなことある訳がない、また医療業界が日本の完備された国民皆保険の点数外の外科手術で儲けるために出したデマだろう、話に乗るな」と妨害する側でありまして、全国区で有名な複数の狂信者の医師が副作用を取り除かなかったために死亡したり半身不随になったり多くの狂信者の同類の患者たちに犬死の犠牲を強いておりまして、橋本龍太郎様と渡邊恒雄様の宣伝後10年近くを経過してから、カストロ狂信者とゲバラ狂信者どもは狂信の誤りの一部だけをようやく認めるテイタラクぶりである事実を投稿させていただきます。
Commented by keitan020211 at 2015-08-28 18:37
弊ブログが幾度か語っているように粗同感なのですが、

「が、それを法律が許さない。ボイコットしても預金口座から権力で強制し取ってしまう。」については、転入や親との住民票(のれん)分け、死別の際に加入しなければ済みます。
 役場の係員は「職場の健康保険組合に御加入で?」などと訊くことがあるので「はい…」などと返事をすれば未加入となり、保険料の納付はなくなります。黙っておれば何も訊かれず何も手続はなく未加入となることもあります。
 転職の際などの退職の際にも、国民年金第一号を含め、加入しなければよいのです。
 そのようなことを誰も教えてはくれないので強制加入及び徴収なのかと思われるのも仕方はありません。

 カナダなど――というか、だけか?――のように、医療費を原則無料とするべきであると予てより持論としております。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-28 20:46
 NHKに「うちはテレビが無い」というのと同じで、職場の保健に入っていることにしてしまえばわからなかったけれど、これからはマイナンバーでわかってしまうのではないでしょうか、
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-27 20:01 | 社会 | Comments(3)