コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

医療費は自費か無料かのどちらかであるべき

 これまで何度か健康保険の問題を語ってきたが、そもそも保険というものは任意であるべきで、強制するのではもはや保険ではない。医療は原則として自費とし、困窮している人だけ公費助成するか、完全無料化するかのどちらかとすべきだ。

 だいたい、世界中を見回せば、医療費は無料としている国が普通で、そうでないのは医療を利用して一部の人たちが人の命を食い物にして儲ける制度になっている国である。普通ではない狂った国の代表がアメリカ合州国で、日本も実はこの同類であると先日指摘した。

 医療費が無料の国にカナダがあり、ここは付加価税(日本の消費税に該当)が昔から二桁だが、バリアフリーが徹底していて、身障者が一人でどこにでも行ける。おかげで、前にカナダに行った身内が、着いた直後に怪我をしてしまったが、安心して治療を受けられた。慌ててコレクトコールで電話してきた時の料金の支払いのほうが大変だった。
 
 昔、羽仁五郎というタレント学者が、ヨーロッパを旅行中に病気になってしまい、ソ連で入院したところ、注射など薬をたくさん使うので、あまりたくさんの外貨をもっていないと言ったところ、医師から「金なんか取らないよ。なんで病気より治療代の心配をするんだ。あ、そうか、キミの国は資本主義だったな。金がないと病気の治療もしてもらえないんだから、野蛮な制度だよな」と言われたそうだ。
 この話を、羽仁五郎はマルキストを自称していたから披露したのだろうが、そうでなくても、金が無いと治療もできないのは野蛮だと思うものだ。

 映画『シッコ』にも出て来たとおり、ゲバラの親族が働いていたり、その海外の同窓生の支援もあったりで、キューバの医療はアメリカとは大違いに良心的だが、この医療制度がアメリカと関係改善で壊されないかと心配されている。

 また、リビアからイタリアへの密航船がまた遭難して死者が出ているが、昔はこんなことはなかった。リビアは生活保障が充実しているので、政治的な理由以外で出て行く人はいなかった。何から何までタダで、病院の設備は金をかけていて世界最高だった。これはカダフィが欧米と喧嘩して石油の儲けを取り戻してつぎ込んだからだった。しかし、NATOの軍事介入で滅茶滅茶になり、世界最高設備の病院もアメリカ軍の巡航ミサイルで破壊された。

 おそらく、日本は敗戦と占領政策により、世界的には異常なアメリカの保健福祉政策を立派なものだと思い込まされたのだろう。米は栄養が悪くて食べるとバカになるという宣伝が小学校の掲示板にまで張り出され、金髪碧眼の子供がパンにかぶりついている絵のついたコンテナが走り回った、というのと同じで。
 それで、医療についても洗脳されたままだから、問題を理解できない人が多い、というわけだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-29 07:39 x
カナダ・キューバ、そしてほんの少し前のリビア、崩壊する前のソ連と現在のロシアについてですが、名医に相当する存在はいません。医療以外の問題で、ヤブ医者の商売上手が頻発しないような目的での社会体制が確立されていることと、自然治癒力を阻害しないために乱投薬を禁止する体制が確立されているがために、「最高の医師による医療が受けられる国」と良き誤解がなされている面が多いです。こういう体制下では約84%の人々がシャーワセと思えるセイカツが送れますが、どうしても外科と口腔外科の問題が解決出来ないので残りの16%が漏れてしまうんです。

参考文献としてはかなり描写されている時代が古いですが、西勝造著「無病長生健康法」実業之日本社刊、「西勝造伝上巻」、甲田光雄著「白砂糖の害は恐ろしい」には、1940年代から1950年代の日本の村落共同体の実態が記されています。脳味噌と本能の両方が壊れた人間どもがゾンビゾンビしているまさにデストピヤであります。
Commented by 次郎くん at 2015-08-29 08:02 x
ゲバラもまたイルミナティの手先であり食わせ物です。だまされてはいけません。娘のアレイダと直接親交のある医師たち(複数に)「市波治人(いちなみはると)氏の教え通りに、経絡理論に従った歯列矯正を行うと、拒食症の症状が10段階評価で個人差はありますが、1から3の間で軽減されるんですよ、もちろん歯だけで全ては解決しませんですね」と真心を込めて事実を語りますと、常に急に逆ギレされまして「いい加減なことを言うな、キミはさっき歯の矯正だけで拒食症の全てが解決されると抜かしたね」と、国語力のなさを棚に上げて自己中ホルホルする連中ばかりです。

このゲバラ狂信者の一部がようやく2013年の夏に、方針転換をするのですが、国語力がアレな連中ばかりなので、自ら勉強しないことの反省も過ちを認めることもしなかったですし、「自分はアスペルガー症候群にかかった先天性被害者アピール」ばかりする医師にあるまじき態度の連中ばかりですから、アレイダとラウルの周辺からの指令で、路線変更をしたに間違いありませんね。できるだけつきあいを避けたい連中であります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-28 20:31 | 社会 | Comments(2)