井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

板橋区の昆虫博士と共産党区議との裁判で区別すべきこと

 ホタル生息には水清くなければならない、とは昔から言われていたことで、矢島稔という有名な昆虫の専門家の著書にもある。この人は日本ホタルの会の会長もしている。様々な著書があるなかには松本零士との共著もあり、昆虫を擬人家した楽しいイラストが載っている。ホタルを例の睫毛の長い女性にしていて、人間がゴミばかりにした環境を嘆き、そこでウジ虫やゴキブリが「我々にとっては住み心地が良いのだが」と言っている。
 この本で、矢島稔は「地球は昆虫惑星」と述べている。それだけ圧倒的な数である。
 同じことを述べているのが、ハワード=エヴァンスで、やはり地球は虫の惑星だと言う。彼はホタルの生息についても興味深いエッセイを書いている。

 こういう著書に小学生のころから接してきたので、昆虫にちょっとした関心はあるけど、板橋区の「潰された」昆虫館とその中心的だった昆虫学者「ホタル博士」とは、考え方がかなり異なるように感じる。
 そのひとつが、環境を人工造成という発想で、これは子供が水槽で昆虫を飼うことから大学等の研究室までやっていることではあるが、目的と手段が逆になっているとしか思えない。
 もちろん、当人には言い分があるのだろうが。

 しかし、このことと、板橋区の共産党区議会議員がその博士に訴えられたことは、話が別である。これは、先述したとおり、こちらは法律の問題から区議の誤りを指摘しただけだ。
 すると、その区議は、その博士を擁護する人たちと、こちらを同一視させるよう印象操作した。こうした、裁判について嘘を言触らしてごまかすという卑劣さを、ここでは問題にしているのだ。
 
 この昆虫館の博士については、専門を逸脱して珍奇な説を唱えたと批判されているが、批判している側が気づかないだけで反論する余地もありそうだ。ただ、この博士には、慎重さに欠けるとか、こじつけっぽい話とか、そういう印象はある。
 しかし、これをあげつらっても、彼が起こした裁判の趣旨とは関係なく、むしろ姑息なイメージダウン戦法とみなされるだけだ。争点と直接関係ないのに周辺をあげつらい貶める共産党区議は、自信がないからそんなことをしてるのかもしれない。これは裁判官の心証が悪く、不利になることがよくある。

 なので、もし自分が原告だったら、「仮に私の言ったことに何か異論や間違いがあったとしても、それを裁判の争点と関係ないのにあげつらい、議員の立場を利用して支持者に同調を呼びかけ焚き付けて攻撃するネットリンチはフェアではなく、違法な自力救済であり、少なくとも訴訟中に行うものとして不穏当であり、これは被告に自信がない証左だ」と法廷で主張するだろう。

 もちろん裁判は弁護士とか裁判官とか政治情勢とか、いろいろ影響する勝負事だから「水物」であり、結果はなんともいえない。しかし、まだ裁判が始まったばかりというところで、汚いやり方を共産党議員が執拗にやったという事実は既に確定している。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-09-08 18:40 | 学術 | Comments(0)