コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

インターネットで国勢調査

 また国勢調査である。
 今度は、インターネットで回答することができるという。用紙を回収する手間が省けるが、情報の管理は大丈夫かと心配だし、もしかすると「マイナンバー」と絡めて徹底管理するつもりではないかと疑いたくもなる。
 もともと、国勢調査には管理主義の心配があった。だから、あくまで統計というなら、正直に回答するにしても、名前は仮名を記入するべきだと、三十年くらい前に本多勝一さんも書いていた。

 このように国勢調査は、今はなおさらだが昔から個人情報の問題が指摘されていた。また、プライバシーを覗き見されて嫌な思いをする場合があり、調査員が記入漏れがないか調べるとか言って、勝手に見てはいけないことを見てしまうなど、苦情があって、国勢調査のたびに新聞などにとりあげられていた。
 それで、記入したら書類に封をして渡すことができる形式にしたのだった。
 
 こうした国勢調査に問題を感じ、拒否する人も昔からいる。
 これはマスコミでも紹介されたことだが、ある若い女性が思うことあって拒否することにしたけれど、住んでいるアパートの大家の老夫妻が親切というかお節介で、よく落語のネタにあるような感じの人だから、住人たちから預かってまとめて調査員に渡してあげると言う。仕事などで出かけているときに回収に来ることもあるから、と。

 こういうとき、インターネットがあれば、それで送ったと言えばすむ。実際には無回答でもいい。その点は便利だ。
 その女性は、当時インターネットはまだなかったが封はできる形式になってはいたので、何も書かずに厳重な糊付けで封して大家に渡した。

 ところが、その後、大家の爺さんが怒鳴り込んで来た。
 「何も書いてないじゃないか」
 「開けて中を見たんですか。そんなことしてはいけなんいですよ、そんなことするのは犯罪ですよ」
 「ちゃんと書かなきゃ駄目じゃないか」
 という具合で、話が通じない。
 そのあと、大家の奥さんの婆さんが電話してきて、優しい調子で言った。
 「難しかったですか。それなら他の人の見ますか」
 唖然呆然とはこのことだが、このように、世の中には無邪気にノゾキを悪いと思っていない人がいるから、困ったものである。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2015-09-13 21:58 x
 恐らくその当の大家の奥さんからすれば昔からの近所付き合いの感覚でその封書を見たのでしょう。そのことは江戸時代からの五人組制度の名残もあったのではないかと私は推測します。
 加えて良くも悪くも同じ土地に住む以上、個人のプライバシーよりも『助け合い』の意味でこうしたお節介があったわけです。尤も今はその反動か逆に盆踊りや子供の声さえうるさく感じる人が増えていますけどね。
Commented by ruhiginoue at 2015-09-14 07:02
手紙でも何でも封を勝手に開けるなんて、常識を持った人のすることじゃないし、もちろん犯罪です。
そうとは知らずに、夫が勝手に開けてしまったとは知らなかったなら、奥さんにはそんなに悪気はなかったかも知れませんけど、夫と一緒に開けたかもしれません。
多分、大家だから持てる者が持たざる者に権力者のように振る舞って良いと勘違いをしていたのでしょう。
それを地域の助け合いとか人情とか言ってごまかして、というか勝手に思い込んでいたりするわけですから、特にお祭り何かがあるとそういうものが今でも顔を出します。
それで、昔と違ってやることも多いし娯楽も多くなったから。地元の行事にも関心がなくなったり嫌がったりする人が多くなったんでしょう。
Commented by 次郎くん at 2015-09-16 11:50 x
ニッポンも「特定アジア」の一員です。躁病患者の症候でしか動けない大家とその奥さん、自分が異常な精神構造であるとの病識が全くないですから。
Commented by ruhiginoue at 2015-09-16 13:17
たしかに、覗き見は精神を病んだ人の行動ですね。
by ruhiginoue | 2015-09-13 06:46 | 社会 | Comments(4)