コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『文春』『新潮』を批判してきたのは創価学会系だったが

 昨日書いたとおり、週刊新潮が煽りSELDsに脅迫だが、ベトナム反戦や原発反対でも、昔から同じ手口だった。
 これを朝日新聞の本多勝一記者が、文芸春秋と大江健三郎の件より前から問題にしていた。井上ひさしは新潮社と懇意だった。いたたまれなくて週刊金曜日を辞めたのではないか。文春と新潮に媚びる反戦作家が多すぎる。
 そして今も、「リベラル」な物書きのツイートでは、「新潮社は好きだし、週刊新潮にだって知り合いがいて、良い人も」と、商売を気にしていることミエミエだ。

 さて、こうした『文春』『新潮』を批判してきたのが『潮』『第三文明』といった創価学会系の雑誌だった。創価学会も被害者だったからだ。しかし公明党が変節して自民党と組んでしまったから、できなくなった。
 それで、新左翼系の人たちが、発言の場を失った。商業メディアも共産党系メディアも受け入れてもらえないので、創価学会系に依存してきたからだ。先日死去した鶴見俊輔も、そうだったという指摘がある。
 今、創価学会内から公明党に抗議の声が起きている。系列雑誌内にも同じ思いの人がいるはずだ。立ち上がって声を上げることはないのだろうか。
 


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-09-30 16:04 | 社会 | Comments(0)