コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

野球は九人で九回やるものなのに

 昔から言われていることだが、野球は投手ばかりが負担が重く、ほとんど投手と捕手が運動していて、野手は待っているという具合だから、不均衡な球技だ。だから、よく投手は肩や肘を痛めてしまう。
 そこで疑問なのが、なぜ野球は守備のローテーションをしないのか、ということだ。
 九人で九回やるものだから、一回ごとに守備をローテーションし、誰がどこを守備してもいいが、一回やったところは一巡するまで同じところに守備に就けないことにする、という規則にすれば、負担が均衡になる。身体を痛める投手も少なくなる。
 また、誰が投げるかを、投げるのが得意か、右投げか左投げか、などを打者によって、よく打つ相手か、右打ちか左打ちか、などで判断したり、長打者の場合は強肩の人が外野手になるとか、足の速い走者が出たら強肩の人が捕手になる、などの対応をして、その代わり一度やったら延長戦にならないと同じ守備ができないというようにする。
 このようにしたら、意外性が増えて面白くもなるだろう。
 ところが、ローテーションするのはバレーボールくらいで、他の球技はだいたいどこの守備に就いてもよい規則のはずであっても、競技者は得意なものを専門にしてしまっている。これは、競技者が選手となって専門化したためだろうか。
 しかし、ほかの種目と違い野球の場合は守備の負担が不均衡すぎるし、なのにローテーションしないなら、なんで九人で九回なのだろうか。かつてソフトボールでは、学校でローテーションするやり方をした記憶がある。野球もそうしたらどうかと思う。そのほうが「先発」「中継ぎ」「抑え」などと言っているより面白くなりそうな気がするのだが。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2015-11-10 21:01 x
 分業化しているから野球はおもしろいのかな。と思っているんだけど。やっぱりピッチャーに負担やたらかかっちゃうし…。難しいねえ。で、実際に野球やっている人はどう思っているのかな。
Commented by ruhiginoue at 2015-11-11 12:45
プロなら守備ごとに名人芸を見せる商売だからいいかもしれないけど、アマチュアは競技をする楽しさが何よりだし、さらに未成年の場合は身体が完成していないから危ないとスポーツドクターも指摘していますから、ローテーションすべきだと思います。
そのほうが多様で意外性もあり、面白いのでは?
Commented by ケーキイーター at 2015-11-12 21:11 x
 目先と雰囲気のことしか考えていない「自称野球ファン」が多分猛反対するから実現しないだろうなあ。
 いやね、ついさっきジャイアンツの菅野選手のことを思い出したのさ。彼が就職浪人した時に、どこかの新聞の投稿欄に「日本ハムに入れ」なんて身勝手なことを書いた奴がいたような覚えがあって。もし菅野さんが「長い物には巻かれろ」で納得しちゃう人だったら、プロ野球選手としてはやって行けないだろなあ。なんて思っているのさ。おかしいかな。
Commented by ケーキイーター at 2015-11-24 17:50 x
 依然、「ウォーレン・クロマティ自伝」を読んだことがあって、その本の中でクロマティさんは、日本に来てから見た高校野球のことで「選手を変に使い過ぎだ。大丈夫かな」みたいなことを書いていたな。昔図書館で読んでそれっきりなので、あまりしっかりと書かれたあったことを再現できませんが。昨晩、そのことを思い出しました。
Commented by ケーキイーター at 2015-11-24 17:52 x
あーりゃ。変換ミスをやっちゃった~。「以前」が正しかった。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-11-09 07:31 | 体操 | Comments(5)