井上靜の気楽な日誌です。コメントよろしく。おたよりはe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

キーシンは昔なかなか美少年だった

 FMでピアノ曲を放送してるのを聴いていたら、演奏はキーシンだと言っていた。彼は今でも第一線で活躍していて、意識していなくても実によく聴く。
 彼は八十年代後半の十四歳の時に「神童」と騒がれて注目されたが、演奏会を開くため来日したさい日本のマスコミのインタビューで神童と呼ばれていることについて問われると否定したが、それは謙遜ではなく「ぼくはもう子供じゃない」だった。生意気でなかなか良いとも思ったが、よく考えると、彼としてはあくまで演奏で評価してほしいということだったのではないか。
 なぜなら、彼はなかなかの美少年だったので、そこに目をつけた日本のレコード会社がアイドルのように扱ったから、これに反発したと思えるからだ。

 その当時、日本ではブーニン人気で沸いていて、十九歳だがチョビ髭を生やしているユーモラスな風貌も受けてアイドル扱いだったが、そこへキーシンが登場すると、演奏を聴いた人がみな、キーシンのほうがずっと上手だと言い、しかもずっと容姿端麗だと話題になったのだった。
 その後、ブーニンは夜中にピアノを弾いて迷惑がられアパートから退去させられてしまい、外貨をたくさん稼いだのにソ連当局が冷遇していると不満を言って亡命してしまった。このとき実は母親のことで事情があったというのが本音だったようで、「ブーニンのマザコン亡命」とマスメディアに揶揄されてもいた。
 これについてキーシンは、深夜に弾くのが悪いと批判していたが、キーシンはブーニンと違いソ連当局から厚遇されていて、一戸建ての自宅をあてがわれていたらしい。それだけ実力に差があって、ブーニンは日本だけでアイドルとして大人気だった。
 だから、その後、ブーニンは海外ではリサイタルに出演しても前座扱いで、一方キーシンは国際的なスターとして活躍するということだったようだ。ただ、あの当時から、変にアイドル扱いしてはブーニンにとってもよくないという指摘が日本でもあり、もっとしっかりしていたキーシンは自ら否定して見せたということではなかったか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-11-15 16:27 x
E先生も人類の大半も退廃芸術がお好きですネ。人相が左右対称でない存在のどこに「美」があるというのでしょうか!厳密に申しますと人相が完全に左右対称の人はこの世にいないのですが、左右の筋肉のアンバランスが顔に相応性として出るのであります。どんなオビョーキにかかるのかを纏めた図面も人類の創生期からあるそうです。(西勝造・磯谷公良・西原克成といった医療関係者が世界で最初というワケではありませんね。)

また鼻ペチャなのも、脚の裏側の部分の筋肉特にアキレス腱が萎縮した結果であります。対症療法としての運動靴が日本でも販売されていますが、欧米では矯正器具として国保保険点数の対象になる国もあるそうです。スウェーデンでは微弱電流ダイナモを内蔵する健康器具が発明されましたが、ニッポンの厚生省は輸入を許可しなかったそうです。

安易な「美の多元論」に走った本多勝一さんを、ドグマ大帝統(神と同じ存在として崇拝する行為)として疑問を全く抱かず祭り上げるのと同構造な行動は、霞ヶ関や虎ノ門の構成員を喜ばせるだけであります。

ヨミウリグルッペのワタナベオーナーがエヴィジョンイル様との共同作業で親愛する部下たちに密かに配布されて、ホンネボロボロで吠える様な内容の医療ミス告発と対策マニュアルな文献を入手できなかったのは、こちらの不徳ではあります。
Commented by ruhiginoue at 2015-11-15 19:11
日本の伝統的な建築様式は西洋と異なり左右不対象で、音楽も西洋の形式とは違うべき、と伊福部昭が指摘していました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-11-14 18:30 | 音楽 | Comments(2)