井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

加藤茶は肉が好きだと昔から言っていた

 ドリフターズの加藤茶が、かつて大病をしたことについて、食生活に問題があったと言っていた。離婚で自暴自棄ぎみだったため暴飲暴食をしていて、毎日のように朝からステーキを食べていたそうだ。
 にもかかわらず、その後も肉の多い食事をするので、医師に注意されたらしい。巷では、四十歳も年下の女性と再婚するからだと批判もされていた。もう高齢者の域なのに、若い人と同じ食生活になっていて、しかし新しい若い妻が可愛くてしょうがなくて、作ってもらった料理を大喜びで食べてばかりいるらしいという噂だった。また「どうせ彼女は財産目立ての結婚だから、夫が早く死ねばいいと思ってるのだろう」などと悪口を言われていた。

 それで妻は作る料理の内容を一変させた。すると加藤茶は、食事が野菜ばかりになってしまい、唯一の肉は野菜スープの中に入っていたソーセージだけで、もっと肉が食べたいとブログでぼやいていたことが話題になった。
 もしも加藤茶が亡くなったら、食事とは関係なくても後妻が叩かれてしまうだろう。そうしたら、いかに夫に尽くしてきたかという本を出版することだが、これも百田尚樹に書いてもらったら訴訟沙汰だろうから、別の人に依頼するか、自分で書くべきだろう。

 このことで思い出したが、離婚と再婚ということ以前に、加藤茶は昔から肉が好きだと言っていた。かなり小さいころの記憶だが、はっきりと憶えている。
 ドリフターズの人気が出て、当時はまだ志村けんがいなくて荒井注がいて、とても若い加藤茶は「すわしんじ」(当時すわ親二)と一緒にブルース リーの真似をしたり、「ちょっとだけよ」「おーおー珍し珍し」「どうも、すんずれいしました」などのギャグを披露したりしていた。
 それくらい昔、平成生まれの人など大化の改新と変わらないくらいに感じるであろう当時から、加藤茶はドリフターズで最も人気があり、だから幼児向けの本にもよく登場していて、そのさい自己紹介の中で好きな食べ物は「肉」だと明言していた。

 あの石原裕次郎もそうで、あれでは病気になっても仕方がないと石原慎太郎に言われていたから、兄と弟が逆だったら良かったのにと、冗談と本気と両方で言われる。

 なんでこんな話題が気になるかというと、よく肉が大好きで食べてばかりいる人が病気になっているのを目撃しているからだ。これについて、次回の話題とする。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by x at 2015-11-17 07:31 x
享年72歳。合掌。
食生活を改めたはずなのに・・・?
そのお嫁さんには医学知識が無くて
「唯一の肉は野菜スープの中に入っていたソーセージだけ」
という極端なことをしたから72で亡くなる結果になったのでしょうか・・?
Commented by ruhiginoue at 2015-11-17 12:19
まだ大丈夫でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-11-16 17:39 | 芸能 | Comments(2)