井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

肉を食べることを世界中で禁止すれば平和になるか

 前回に続いて食肉の話。

 朝鮮戦争では、初めてジェット戦闘機同士の空中戦となったが、これはアメリカ軍のF86戦闘機の圧勝だったそうだ。戦闘機の性能はほとんど変わらなかったが、アメリカ軍のパイロットは熟練していたのに対し、ソ連から供与されたミグ戦闘機に中国人のパイロットが乗った方では訓練が足りず、操縦技術に大差があったためだと言われている。

 また、ミグ戦闘機は交戦中に攻撃を受けてもいないのに墜落してしまったことがあり、これを目撃したアメリカ軍の操縦士は、その様子から、敵機は操縦士が気絶したようだと指摘していた。ジェット戦闘機の推進力による身体への重圧は強く、この負担に耐えかねて操縦士が気絶してしまったと考えられている。

 つまり、アメリカ人の操縦士にくらべて中国人の操縦士は体力で劣っていたということだ。これは、もともと東洋人が小柄であることが大きかったことに加えて、食べ物が違ったという指摘もある。やはり当時のアメリカでは精の付く物をたくさん食べられたが、戦後まもなくの中国の食糧事情ではアメリカのようにはいかなかったらしい。

 そして数年前に、各地で軍用機の撮影をしてまわっている人から、アメリカの基地へ行ったときの話を聞いたのだが、撮った写真を見せてもらったら、その中にパイロットの食事のボリュームがすごいのでそれも一緒に撮影したというものがあって、見たらステーキがバカでかく、朝鮮戦争の話を思い出した。
 これが普通に基地の食堂で出てくるというだけでビックリだが、それをアメリカ人のパイロットはペロリと平らげてしまったそうだ。それくらいでないと、ジェット戦闘機の操縦をする体力が維持できないということか。

 それなら、全人類が菜食主義者になれば戦争がなくなるかというと、ジェット戦闘機の代わりに巡航ミサイルということになるだけだろうが、肉を食べなければ環境破壊も食糧難も減ることは確実だから、そうなれば間接的には平和に貢献するはずだ。

 あのガンジーもそうだったが、非暴力主義の人で、殺して肉をたべることをせず牛乳なら、という人がいる。
 しかし、牛乳を受け付けない人もいる。自分はそんなことないと思っていて、よく飲んでいたが、次第に駄目になってきた。飲むと初めて飲んだ人のように発疹ができるようになり、次には飲むと下痢するようになってしまった。体質が変わってしまったのだろうか。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2015-11-18 21:33 x
 私自身の体験談から行くと…。10年ちょっとくらい前から、牛乳やヨーグルトを食べ過ぎると、下痢することが多くなった。それも「夕方に牛乳飲むと、そうなりやすい」になった。体質って年齢によって変わってくるみたい。
Commented by ケーキイーター at 2015-11-18 21:48 x
 民族によっては「お肉食べるしかない」って人達もいるので、「戦争にならない」とは言いにくい。という私なりの結論。
Commented by ruhiginoue at 2015-11-19 07:43
肉も、前は輸入品を敬遠していたけど、最近ではむしろ安全ではないかと食べる人が増えてますね。
デンマークの肉ばかり食べたら「冷凍凶獣レプティリカス」になった感じです。
Commented by ruhiginoue at 2015-11-22 11:52
昔のアメリカ映画ですが、冷凍されていた古代の生物から増殖した怪獣レプティリカスがデンマークで暴れ、家畜を襲い食べていたから、昔から牧畜が盛んだったのでしょう。
ただ、国際市場にでると、国際金融資本が後ろ盾ですから、自然な農林畜産食品ではなくなるでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-11-18 17:42 | 国際 | Comments(4)