コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

それでもカンニングするのは学歴社会だから

 前に、川島なお美が大学生の時にカンニングをしたうえ開き直る発言をして批判された、という話題を取り上げたが、そのさらに続き。

 それでも、バレるリスクは承知のうえで、カンニングをやるものが大勢いるということなら言える。
 例えば、中高一貫が受験に有利だと人気だが、中学から高校へは篩いにかけるための選抜があり、ここでカンニングする者が絶対いると、卒業した人が言っていたし、大学付属の高校では推薦入学できるかどうかが普段の成績にかかっているので、日常的にカンニングが横行していると、やはり卒業生が言っていた。

 それに、日本だけでなく、世界中で、学歴社会であれば必ず不正入試とともにカンニングが問題になっている。しかも、しばしば親がカンニングに協力している。
 前に某国で、子供に答えを教えようとする親たちが、試験会場のビルの壁にスパイダーマンのように貼り付いているところを、写真に撮られて報じられていた。みんな僅かな凸凹に足をかけて、滑ったら転落だが、命がけで子供にカンニングさせようとする親たちというのだから、それだけ学歴社会が深刻なのだろう。

 あと、まじめにやらない学生が多い私大で、留年させたら飲食店でいう「客の回転率」が悪くなり商売に差し障りがあるということで、みんなにカンニングさせるところがある。試験中に堂々と答え書いた紙が回ってくるから、みんな満点になる。

 そんなところに通っている同級生に、「明日は当てられるのでたくさん予習しておかないといけないから、今日は遊びに行けない」と言って誘いの電話を断っても、その意味を理解してくれないので困らせられたという話を前にしたことがあるけれど、それでも、そういう学費の高い私大を出ていて、それは親がしっかりしているから、という人は、就職で困ることがないようだ。実際にその同級生はそうだった。

 しかし、そうでない人がそんなところを卒業すると、いわゆる「ブラック企業」に就職して情けないことになっている場合がしばしばあるようで、複数のそういう人から、その話を聞いたことがある。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-12-03 17:30 | 芸能 | Comments(0)