コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『笑っていいとも』と、友達とは何かという問題

 人気番組だった『笑っていいとも』は、次の出演者を友達の紹介で決める番組冒頭が、次第に友達ではなくなり、義理や宣伝で申し合わせるようになってきたことで白けると言われていた。このことから、友達とは何かという問題を考えてしまったことがある。

 松田聖子が出たとき、司会のタモリが「お友達の紹介を」と言うと松田聖子は、
 「じゃあ、神田正輝さん」
 「それじゃお友達じゃないでしょう、家族でしょう」
 とタモリに言われても、お構いなしに自宅にへ電話をかける松田聖子。
 「もしもし、お父さん」
 「今、沙也加と観てるよ」
 「明日来てくれるかな」
 「いいとも」
 と、強引にやってしまった。

 そうではない例もある。松山政治は、兄弟で俳優だから紹介したかったけれど、友達にしてほしいとタモリに言われると、素直に従っていた。
 これに対して松田聖子はわざと確信犯的にやっていたのが明かだったけれど、そうではなく、家族しか信用しないので友達はいないという人もいる。もちろん、逆に家族は信用できなくて、友達のほうが信じられる人もいる。

 『笑っていいとも』には議員など政治家が出たことはあるけれど、現職総理が宣伝臭い調子で強引に割り込んだようだったとも言われるのが安倍総理の出演だった。
 この時、スタジオアルタ前に押しかけた人が、番組の正式題名『森田和義アワー笑っていいとも』をもじって『安倍晋三アホ―辞めていいとも』と書いたプラカードを掲げていたことも話題になった。
 この安倍総理は、「おともだち人事」と皮肉られたとおり、能力による適材適所とか派閥などの政治力学より、ただ自分と親しい人を登用している。こういうことをする人は子供っぽい性格だとか自信がないからだとか言われる。
 
 このような、友達と家族と仕事という分類は、どう考えたらいいのだろうか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-12-04 19:50 x
安倍総理にとりましては目的は、日本人が全滅したとしても「インドが22世紀の覇権国家になる活動が第一」ではないでしょうか。
安倍総理は日印併合論者でありかつベンガル語が地球人の第一公用語になれば良いと考えている「隠れエスペランチスト」疑惑人の一人でもあります。従いまして安倍総理は愛国の志士ではありましても、世界市民の発想法は意外とありません。

実際のトコロ、どんな偉人でも自らの思考を放棄してインド人に全てをお任せするのは間違いであります。インド人の政治屋連中もまた、中韓の支配者どもと同じで歴史の真相を知るよりも、欧米人の学閥偽造歴史シンジケートにだまされたふりをして、それを逆手にとって有利にコトを進捗させる老獪さを備えております。

この次郎は「ラーマクリシュナパラマハンサがいったから」「シュリシャンカラチャーリャーがいったから」という理由だけで盲信するほどインド被れではありません。

従いまして安倍総理とその側近連中の抱いている「お友達関係」とは、ネタジことインド連邦共和国初代名誉議長であるスバスチャンドラボース先生と、この弟子や子孫であるインド国民軍の英霊と高弟たちとは、政界何とか人脈という松下政経塾も真っ青な強固な絆で結ばれた関係ではないでしょうか。

「隠れエスペランチスト」疑惑人たちも色々で、石原慎太郎もと都知事の場合は、タミール語が地球人の共通第一公用語になるのが望ましいと言われた前歴がありますから、安倍総理とは同じインド被れでも少々の色合いが違う様子であります。
Commented by ruhiginoue at 2015-12-04 22:11
総理の頭で、日常会話以外の言葉は知らなそうですが。
Commented by 次郎くん at 2015-12-05 06:43 x
いえいえ、安倍総理の場合「も」「能ある象は鼻隠す」でしょう。ガイムノーショーのギョタクゆえに、インドの各地の有力者との対談で、通訳抜きでのベンガル語とサンスクリット語でのの総理の活動記録は記されておらず、またインド国会での演説もイギリス語は部下に書いてもらったペーパーでしょうが、ヒンディー語の部分はガチで、幼少年時代からの「大好きな物に対する自主学習の成果」でありましょう。

「インド国会における安倍総理大臣演説 二つの海の交わり」で検索すると出ます。ようつべにも上げられているのをつい最近知りましてびっくり致しました。
Commented by 次郎くん at 2015-12-05 06:47 x
hは抜いているのに、エキサイトブログの偏向方針により投稿することが出来ませんでした。エキサイトブログも、辛淑玉さんや「イラク三バカ」と同じで「英語帝国主義塾のステマが第一」なのでしょうか?ちなみにルモンドディプロマティークでも、電子版だけですがラテン語とエスペラント語の配信を行っております。
Commented by ruhiginoue at 2015-12-05 13:24
スパム対策でしょうね。
by ruhiginoue | 2015-12-04 17:28 | 芸能 | Comments(5)