コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

同性愛と差別を煽る宗教

 前回の話のとおり、『ストップ!ひばりくん!』が描かれた80年代の前半は、エイズとは同性愛者の病気だという認識が一般的だった。
 また当時は、主人公が男性なのに女装しているだけでなく、自分は女性だと思い込んでいるかのような言動をしているので、後になってから、あの主人公は今で言う性同一性障害なのかという議論にもなった。
 あの当時はまだそのような観念すらなく、性転換手術も優生保護法との関係から日本では実施できず、モロッコに行くしかなかった。カールセール麻紀が手術したことで日本でも知られるようになった有名な病院のことで、世界各地から希望者が来る。だから『ストップ!ひばりくん!』でも、モロッコで性転換手術というセリフが出てくる。

 そして、80年代のデカダンな雰囲気のため、ロック歌手などの芸能人が、同性愛や両性具有を売り物のようにしていたから、そういうネタを『ストップ!ひばりくん!』はよく取り入れていたし、フレディ=マーキュリーがエイズで死去したさいは不道徳な遊びをした結果の自業自得であるかのように言われたし、真偽不明だがデビッド=ボウイが女性に性的暴行をしたうえで「これでお前もエイズに感染した」と言って脅したという騒ぎにもなったのだった。

 だから、この当時、知り合いの歯科大学生のお兄さんが、エイズについて、神に背いたために罰が当たって発病したのだと真顔で言っていた。
 このお兄さんは、「世界人類が平和でありますように」で知られる宗教の信者だった。ここの教祖は生長の家の信者だったが、似たような団体「白光」を勝手に作った。これについて、霊媒と称してイタコ芸をする幸福の科学の教祖は、生長の家の教祖の霊が、白光の教祖は死後に地獄に堕ちていると、勝手に語らせていた。

 しかし、後にハンセン病の差別について、迷信を説くことで煽った歴史を仏教界が謝罪する声明を発したが、医学生が宗教を信じることで非科学的な差別と偏見というのを目撃したときは、宗教が良くないか、その信じ方が良くないか、どちらかだろうが、どちらにしても問題だと思ったものだ。 
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-12-08 12:12 x
管理人先生の「宗教」に対する態度はとても科学的とはいえないですね。確かに「宗教」を名乗る「人間白痴化装置」「政治活動屋団体」は多いですが、管理人先生もまた究極の自己啓発につながる宗教団体についての調査はもちろん、読書や瞑想体験は一切なさっておられないでしょう。

科学の世界だって学閥が支配するドグマが支配してます。「精神医学」なるものに関していえば、権力犯罪者どもが点数稼ぎのためにでっち上げたガクモンではあーりませんか。権力犯罪者どもが放った工作員からは割と影響の少ない「精神医学」の学派は「トランスパーソナル精神医学(超個精神医学)」だけです。

しかも同じ方向性であるがゆえに、ラーマクリシュナ関係者やシャンカラチャーリャー関係者の著作を熟読して実践を致しておりますと、トランスパーソナル精神医学よりも100倍効率が良いです。トランスパーソナル精神医学関係の精神科医が書いた著作は、10倍中身が薄くてしかも10倍ものゼミナールのお金を盗られますから、ここ20年来、神仏との交流および同一化を第一または全てと考えて実践するマトモな宗教団体の著作しかお金を払っての購入はしていないですね。

インド第一主義という色眼鏡から自由になる訓練は必要です、(それが完璧に近い形で実践できたのが「全国精神病者グループ」の構成員の皆様方です)、管理人先生がご希望ならばそれなりに科学の検証をクリアした、「究極の自己啓発が第一」な著作をお教え致します。訓練を積んでいない者がいきなり読むと、本物とカルトやセクトと識別できない場合が多いですから。

具体例では、日本ヴェーダーンタ協会「神を求めて」は、カルロスカスタネダの「呪術師ドンファンシリーズ全12巻」をたった一冊活字数にすると二十分の一の量で体系的に纏めたとしか考えられない名著ですが(原著刊行時基準では神を求めての方が40年前の刊行なので)
木村愛二先生やグルジェフ先生の著作を読んでいなかったら、カルトだとこの次郎も決めつけてしまう愚かな存在のままあったことでしょう。
Commented by 次郎くん at 2015-12-08 15:14 x
当たり前田のクラッカーな読書歴ではありますが、高杉晋吾さんの「頭脳支配」はもう34年も前になるのですが、当時は感激して拝読したものであります。またミッシェルフーコー先生の「精神疾患と心理学」も24年前に何度か繰り返して読みました。
by ruhiginoue | 2015-12-07 17:35 | 芸能 | Comments(2)