コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ピルスナーウルケルの瓶が変わった

 チェコのビール「ピルスナーウルケル」が、ビンのデザインを変えた。より洗練された印象ではあるが、近所の酒屋は「やっと憶えたのに」と面倒がっていた。輸入品の品ぞろえが豊富な店だが、そのぶん銘柄を覚えるのは大変なようだ。

 かなり前のことだが、テレビで志村けん婆さんと田代まさし爺さんのコントがあった。ほとんど座って話し、婆さんがボケて爺さんがツッコむという実質は漫才であった。
 「そろそろビールが美味い季節だな」
 「そうだよな、飲みたいよな」
 「でもよお、最近はいろいろな銘柄のビールがあるだろ」
 「ああ、店にたくさんあって、知らないビールまで置いてあるなあ」
 「外国のビールとかな。有名なのは知ってるけど。例えばハイネケン」
 「あたしゃ志村けん」
 「そうじゃねえよ、外国のビールだよ」
 というような調子だったが、店としても新しい銘柄が入ってきたかと思ったらビンのデザインが変わったというのは、なまじ見慣れているので違うと一瞬混乱するから面倒らしい。
 
 ところで、チェコのビールは美味いと言う人がいる。あの「バドワイザー」は、チェコの「ブドヴァイゼル」からアメリカの会社が商標をパクったらしいが、薄くて味がしないようなアメリカのビールなんかよりチェコのものがよほど美味しいというのは本当だろう。
  
 チェコは同じ西スラブ人のスロバキアと連合国となり「チェコスロバキア」だったが、違いがありすぎて別れてしまった。スロバキアは農業国で酒もワインが中心だが、チェコはドイツ文化圏に属していたから工業国で、ガラス製品が有名だが「ピストル」とか「ロボット」とかが元はチェコ語であるなど伝統的に工業は盛んで、酒もビールということだった。

 そして、昔よく読んだカフカもドイツ文学であった。チェコの首都プラハで公務員をしていたカフカは当時の公用語だったドイツ語で小説を書いていたということは、ずいぶん後になって大学のドイツ・オーストリア文学の時間に習ったのだった。
 また、その語源となったチャペックの戯曲『ロボット』を読んだら、ここでいうロボットとは鉄製の機械ではなく有機体の人造人間で、自然の人間と違うのは感情がないことだけというから、これにフィリップKディックは影響されたのだと解った。
 その『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』の映画化で「強力わかもと」の広告が出てくる。これはビールに入っている酵母とおなじで、飲んで消化を良くするものだったはずだが、『ブレードランナー』では媚薬と勘違いしているようだ。

 それはともかく、チェコのビールは日本やアメリカのビールより美味しいことだけは確かだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-12-22 17:36 | 雑感 | Comments(0)