コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

本に収録できないことは出版社によって異なる

 拙書の新刊にさいして、分量の関係で削除された部分がある。その前に、結局まとまらかなかったが別の出版社で話していたさいは、別の部分を削除するということになっていた。
おなじく分量の関係で一部削除するとしても、出版社によって部分が異なったということだ。

 これは、削除するならなるべく軽い部分というさいに、重要性に対する意見が人によって異なるということもある。また、出版社のスタンスの違いが影響していることもある。例えば、ある人や団体に対して好意的または否定的な記述があったら、その出版社も同じであるか、同じではないが影響がないというなら残すけれど、付き合いがあるので批判は困るということであれば、分量とは無関係に削除ということになる。

 だから、こちらは批判してあちらはしないということがあった場合、実は著者ではなく出版社の見解とか都合とかいう場合もある。

 例えば、前に本多勝一さんが、他の出版社から出した本が朝日文庫になったさい、天皇について触れた部分を削除されたと説明し、理由は言うまでもないだろう、としていた。朝日新聞は天皇がタブーである。週刊新潮や週刊文春のほうが皇室の悪口を平気で書く。どっちが右でどっちが左かわからない。
 このように、単純明快とはいかないことがある。 そういうこともあることを、本を読むさいに念頭においていると、ある意味では面白いと思う。

 ただ、本に比べたら映画なんてもっとすごい。今ではDVDで「未公開場面」がオマケについてくるし、特別完全版なんていうのもある。『スターウォーズ』も、後から未公開場面を復活して再上映したが、まだ他にもカットされたといわれる場面があるそうだ。  



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-01-05 11:27 x
 まだ書店には置かれてないのかな。ネットの書店で検索したけど、見当たらないから。
Commented by ruhiginoue at 2016-01-05 17:02
本の記載で発行日は今日になっていますから、これからだと思います。
Commented by ケーキイーター at 2016-01-17 17:21 x
 先日買って来て、ぽつんぽつんと読んでいるところ。で、最後の放の著者略歴のところを見て、「あれ? 昔買ったお師匠さんの本と、生年が違うな。どっちが本当だろう」と思った。私は細かいところを気にし過ぎかな。
Commented by ruhiginoue at 2016-01-18 14:22
ありがとうございます。
著者略歴は内容に合わせて出版社で付けるものです。
例えば、昔の本では小学生同士で映画を観に行ったという体験談が書いてあるけど、実は六年生のお兄さんに連れて行ってもらったから、実際と変えてある、など。
それで昔の本は市場に出まわってないけど、見たことがある人が食い違うと言い出すことがあるわけです。
Commented by ケーキイーター at 2016-01-18 21:22 x
 ううむ。よく解らないけど、そういう慣習みたいなものが出版界にあるのかな。ところで、この出版社さんのことをうっかり「第三食感」て言いそうになるんだけど。私はよほどの食いしん坊なのかな。あ、「朝日新聞の学習」とも言いそうになる。しょうもないことを私はまた書いているな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-01-05 07:35 | 雑感 | Comments(5)