コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「あの時代は合法だった」とよく言われる話

 例えば従軍慰安婦という性奴隷制度について、政治家が「あの時代は合法だった」と言っては問題になるが、それでも繰り返している。また舌禍事件で「誤解を招いた」と弁解していた。では真意はなんだったのかという話になる。

 これは、政治家が勝手に放言しているだけではない。合法という判断は司法の場で行うものだが、例えばドイツでは、ナチス政権下に親衛隊が拳銃で撃ったとかいうのではなく裁判で、政府を言論で批判したことが反逆罪とされ死刑になった人たちがいるけれど、これについて、戦後にドイツの連邦裁判所は、当時の法律に則り適正な手続きをとってのことだから合法であり、裁判官ら司法関係者に人道的責任はないと公式に表明している。
 だから、ナチを批判するビラをまいて死罪となったショル兄妹ら「白バラ」の人たちについても、合法であったとされ、これについては旧映画化『白バラは死なず』の最後にも、字幕で説明が批判的にでる。

 こういうことがあるから、イスラエルの諜報機関モサドは、主権侵害を承知の上で南米に逃亡していたナチの高官アドルフ アイヒマンを拉致し、イスラエルに連れてきて戦犯法廷にかけた。
 すると、やはりアイヒマンは、ホロコーストとよばれるユダヤ人虐殺の総責任者だったことについて、自分は公務員だったので公務を忠実に執行したにすぎず合法的であり、違法性があったとしても個人責任はないと主張した。
 それでも彼は有罪とされ死刑になったが、そもそも国内で裁くことに困難があるから、イスラエルもこのようなことをしたのだ。だからイスラエルが戦争で大量虐殺してきたことにしても、イスラエルでは合法なのだ。

 まえに、国家賠償訴訟で被告に含めた者が、公務だったので個人責任はないと抗弁したので、アイヒマンの写真を書証とし証拠説明書に「立証趣旨 被告の抗弁はナチ戦犯アイヒマンと同じであること」と記載して提出したら、裁判官が「これは立証ではなく皮肉だから受理できない」と言い、「逃げないで受け取れ」と法廷で押し問答になったことがある。
 そしていちおう参考ということで受け取り、被告に渡されたが、裁判には影響せず、しかし受け取った被告は不快感を露わにしていた。もちろんそれが目的であった。

 そういうことだから、人道に対する罪は、外国からとやかく言われる筋合いがないと言って避けていてはダメなのだ。外部から口出しすることが不適切である場合もあると同時に、外部からのチェックが必要な場合もある、というのこと同じことだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-01-22 16:38 x
昭和天皇裕仁尊師様が死刑判決とブーメラン現象になってしまいますね。一つ目の理由は背後から一刺し裏切りの真珠湾攻撃でアメリカ人3000人近く死亡でスターリン議長と毛沢東主席が一人勝ちする結果となった真珠湾攻撃の最終決断責任者かつ、二つ目の理由がソドミーの大罪こと従軍慰安婦徴用は即刻停止して徴兵軍人男性同志での性欲解消の勅令を何度も出しておられますから。

奥崎謙三先生や坂井三郎先生が配属された部隊では、上官どもから「従軍慰安婦配属の話は軍役に志願させるためのデマだ」と言われて最初は東洋の武人の嗜みを理由に強制された同性愛行為でしたが、ストックホルム症候群も手伝って旧日本軍内部でも快感を伴った同性愛行為が広範囲にわたって流行致しました。

この勅令は敗戦後の焚書の対象にならなかったがために、アメリカ共和党員の力が強い赤い州でも知られておりまして、ここの地域を中心とした陪審員制度で東京裁判が執行されたならば、昭和天皇は即刻自他共に同性愛行為を扇動した罪で死刑執行は間違いなかったでありましょう。

軍人に対しての、同性愛者であるが理由としての差別を禁止する提案が初めてなされたのは1991年春のアムネスティ声明ですから「あの時代だから仕方なかった」の胡麻化しは、従軍慰安婦では無罪を勝ち取れたとしても、更なる重刑要請に火をつける自滅行為なのであります。もしかして「従軍慰安婦はなかった」という人々は昭和天皇に相手をして貰えなかった男芸者本人または子孫なのでありましょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-01-21 05:27 | 政治 | Comments(1)