コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

日本共産党員のネトウヨやオザシン顔負けぶり

 一部のスターリン主義者が「ニセ科学」の濡れ衣を着せて(ニセ科学なのか以前に、それに関する発言すらしていない場合まである)集団吊し上げと粛清をしようとする日本共産党員たちの狂信性を批判すると、同類の日本共産党員から中傷されたりデマを流布されるが、これと同時に、ツイッターで日本共産党の支持者や議員からも「イイネ」を貰う。同党内にもまだ良識があるということだ。
 
 この問題に限らず、日本共産党の妄信者たちは、党の政策のごく一部に賛同しないだけで非常識な物言いや汚い言葉を使い差別的な非難をするものだ。まったくネトウヨ(ネット右翼)やオザシン(小沢一郎の信奉者)顔負けである。
 しかも、日本共産党の党員や支持者の中には、実名を出して平然とやることが目立つ。れだけ狂信性が甚だしいということだ。
 
 もちろん、共産党でも自民党や生活党の支持者でも、全部が下品ではない。どこの政党にもロクデナシはいるということだ。ただ、そういうのに限って威勢だけは良いから厄介である。
 ただ、日本共産党員の多くは社会運動の経験が無いか、有っても学生時代から民青などの系列団体だから、同党の活動を客観的に知らない。それで、党の活動方針に合わない場合はもちろんのこと、合っていても主導権を持てず票にならない場合にまで敵意を露わにするため、日本共産党が昔から市民運動の間でたいへん嫌われてきた、という実態を認識できていないのだ。

 近所の知り合いの日本共産党員が言っていたが、前に社民党にいたけれど駄目だと思って共産党に入ったが、そうしたら、これまでやっていた平和運動や障害者福祉やホームレス救援などの活動をやめるように命令されてしまったと言っていた。
 それが他の政党の活動であるならわかるが、そうでないものでも党以外であるから不可で、その手間暇があったら党活動をもっとたくさんやれと言われ、社民党の緩すぎさにも困ったものだったが、共産党の狭量にも困ると言っていた。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 安打製造屋 at 2016-02-04 19:58 x
共産党を支持しても、党員に成りたくないのは、ブログ主様の言うような事実が蔓延しているからです。野党連合を提唱して主導権が握れないのは、以上の理由でしょう。其処の処を民主党などに見透かされているからか?(とはいえ民主党以下の野党は問題が多いのも事実)
Commented by 次郎くん at 2016-02-05 09:40 x
その点で、アベシンとかアソシンには「自由と多様性」があって羨ましい限りです。多額の献金が必要ですが、トヨタ帝国のような媚中派や媚露派に便宜を図ってくれますから。同じ程度の過去に積み上げてきた功績ならば母胎であるハズの三菱財団よりもご贔屓にしてもらえるのが強みであります。
Commented by ruhiginoue at 2016-02-05 16:13
 前にも書きましたが、共産党員はひとの都合もおかまいなしで電話をかけてきて、
 「こんど駅前に小池さんが演説に来てくれますから聴きに行くようにしてください」
 こんな言い方をする人が非常に多いのです。
 党員も困っていると言ってます。 
 それからこれも前に書いたけど、文化大革命の紅衛兵のように連呼して練り歩く民青の連中の気持ち悪さ。
 共産党がこれで誰が喜ぶかというと自民党とか財界とかアメリカなんですけどね。
Commented by masagata2004 at 2016-02-05 19:42
落合恵子曰く、右翼は少々の違いでも団結して向かってくるが、左翼は少々の違いで袂を平気で別つことをするから負けると。
Commented by 次郎くん at 2016-02-06 00:52 x
masagata2004さんへ、そういう傾向で分析すると、昭和戦役時代の旧軍部の連中は「右の左翼」になると確信したので使用することに致した経緯があります。現在の日本共産党は生活保守党代々木セクト、救援連絡センターは生活保守党反代々木セクトが実態ですから、どちらも「右の左翼」の手下であると結論した知人の日田こまちさんを褒めちぎったこともありました。
Commented by ruhiginoue at 2016-02-06 17:41
権力を握って「体制」になってから身内の邪魔者を粛清するのではなく、日本共産党は未だ「運動」の段階でやろうとするから愚かなのです。
by ruhiginoue | 2016-02-04 17:33 | 政治 | Comments(6)