コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

危険な政治を見抜くセンス

 七十年代に、公害を高校生が独自に調査し、地元の河川の汚染を測定していたら、なにか圧力なのか事なかれ主義なのか、これまで使用していた理科室の機材を学校が使用させなくなり、それでその男子高校生はバイトして機材を自前で購入し調査を続けたところ、今度は近所から「不良」として変な噂を立てられるなどの迫害をされるようになってしまった、という話をフィールズ賞数学者の広中平祐氏が聞いて、その高校生訪ねるという地味なテレビ番組があった。
 
 これとは逆なのが、福島の高校生が原発事故の汚染を否定する「調査」をし、これを東大名物御用学者の一人である早野龍吾氏が支援し、大々的に報道されたという話。その高校生のレポートは調査方法も結論もツッコミどころが満載で、だから外国記者クラブでも厳しい質問が浴びせられたのだが、それを報道では「海外で話題」と大見出し。明らかな印象操作のプロパガンダであった。そうでなければ、こんな宣伝臭い騒ぎ方をされるわけないし、内容が逆だったら迫害されるのが現実だ。

 だいたい、専門家と称していてもお粗末な人は多いというか、そういうほうが主流で、なぜならそういう人ほどゴマスリの処世術に走るものだからだが、そうではなくいちおう専門分野には通じていてもオタク趣味的であるたるめ社会性が欠如した政治オンチは特に理科系に目立つものだ。
 そんな人たちは「危険な政治を見抜くセンス」が欠如している。だから普通なら一発で変だと直感することにすら気づかない。
 そして、政府の言いなりになることはもちろん、「科学的」と「政治的」の正しさをこじつけて悲惨な結果となったスターリン時代のソ連や文化大革命時代の中国の歴史的教訓が理解できないから、その悪しき流れを汲む日本共産党の一部の危険分子らともつるんでしまうのだ。

 これは日本共産党の支持が乏しい原因でもある。
 かつて本多勝一氏が色々な新聞社の記者が集まる会合で発言していた。共産党の機関誌から批判されたことがあり、それで不愉快というのではなく内容がお粗末すぎたので呆れてしまった。世界各地を取材したさい社会主義国でソ連型の組織の問題を感じたと書いたところ、これに日本共産党の機関誌が反論してきたが、それは、他の国では駄目でも日本共産党なら駄目じゃないということでしかなかったから実にお粗末ということだった。
 たしかに、日本共産党の機関誌は、そういうことを執拗に書いていて、いつも根拠薄弱であるどころか、ほとんど妄想の域である。
 そして本多氏は、共産党には特によく選挙で投票していて、それは他の党が自民党をちゃんと追及しないから、それに比べると共産党はちゃんとしているからだとし、そういう人は少なくないはずなのに、どうして共産党はもっと支持が広がらないのかというと、やはりこのような機関誌のお粗末さに反映されているような党の体質のためだろうと指摘していた。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-02-13 21:19 x
でも、中川八洋掲示板と大森勝久評論集の見解である「安倍政権は反日左翼」であるという言い分には一面の真理があります。正確には小泉政権の時代からなんですが、中露系がオーナーに代わった日本企業が「日本を内側から乗っ取る」事に成功しております。イマドキの若者ではなくて、大のオトナが転職してウハウハな連中が多いです。「日本を内側から乗っ取る」工作に成功した中露系がオーナーの日本企業の経営内容につきましては外教さんのツィッターに書かれておりました。これで、特に党派的には自民党大平派の模範党員として票まとめで活躍してきた高齢者の女性たちが「中国人および中共政府は聖人君子の国、そういえない連中はCIAの工作員認定!!」というトンデモな連中に成り下がってしまった理由が判明致しました。中露系オーナーの経営する日本企業では、南欧やラテンアメリカの風習であるシェスタが制度化されており、シェスタを出来る人々が正常であり、そうでない人々は働き病という精神異常者扱いであります。まるでかつて松田優作さんの語った流行語のパロディである「狼は死ね・豚は生きろ」を地でいっております。
Commented by 次郎くん at 2016-02-13 21:28 x
つまり、安倍政権と中露政府とは「放射能被害隠し」の目的においてグルであり、中露系オーナーの日本企業乗っ取りを野放しにしております理由は、放射能障害である「眠り病患者大量発生」を覆い隠す工作の可能性があることを言いたかったワケです。「作文の冒頭に結論を持ってこい」という道元禅師やアメリカさんの文章マニュアル通りの記述が出来なくて済みません。
Commented by 次郎くん at 2016-02-13 21:36 x
自民党憲法改悪草案の内容が、悪魔的な中共憲法とソックリであり、政府権力を縛る目的で記された欧米系民主憲法と真逆な内容なのと、安倍政権が特に中露系オーナーの日本企業乗っ取り工作を野放しにしている現状とは、リンクしているのではないでしょうか?
もちろん憲法改悪こそが「怠け業」の日本人にとりましてはユートピアだという洗脳工作をスムーズに行うためでもあります。
Commented by 次郎くん at 2016-02-14 11:56 x
最初に「○○のスパイ認定」をしやがったのは、中露盲従分子であってネトウヨではありません。この次郎がやられたのは2004年の5月から2005年の8月にかけてです。勿論、もと参議院銀員の中村敦夫さんの情報をソースにした、環境保護運動での手足となって動く弟子どもにです。更にウェブ調査したところ「それでも永山則夫が好きだ」がというブログが検索すると出まして、60年安保闘争時代から少しでも気に入らない人物は「CIAのスパイ認定」していたそうです。

ゆえにネトウヨの正体とは、電通工作員の他に、日本人に極左贖罪史観を植え付ける目的で、皇室崇拝および安倍政権支持の偽装転向者が多い説に納得した次第であります。
Commented at 2016-02-14 12:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2016-02-14 16:59
 日本と中国は、政治的ではなく精神的なつながりがあるということでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-02-13 17:20 | 学術 | Comments(6)