井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「アベ政治を許さない」の馬鹿馬鹿しさ

 知り合いの議員が活動報告の広報に掲載した写真に「アベ政治を許さない」のプラカードが掲げられている場が写っていた。この馬鹿馬鹿しさに気づいていない人も少なくない。
 もしかすると、故意に騙そうとしている手口にひっかかっている人が多いのかもしれない。これは論点逸らしや問題点逸らしにしかならないからだ。

 そもそも、安倍総理とか安倍内閣について、総理の還暦幼児ぶりのみっともなさと、その取り巻き連中の非常識や嫌らしさは表層の問題にすぎないし、その偽装としてアベノミクスなどがあるだけだ。真に深刻な問題であるTPPや安保法制や憲法解釈変更などは、すべてアメリカの意向によって強要されていることである。
  
 だから、当然に、こうした真に深刻な問題の数々は、安倍総理でなくても、自民党でなくても、民主党はもちろん共産党が政権に就いても変わらない。逆らう総理大臣は追われて、代わりに傀儡が据えられるだろう。そして、改革の旗手とマスメディアが世論操作しながら、実質は自民党と同じようにアメリカの意向に沿った政策で日本は蹂躙される。

 このように、問題の本質はアメリカ合州国にある。これをどうしようかと考えないといけないのに、「アベ政治を許さない」では見誤る。見誤った、あるいは見誤された人たちが、「野党共闘」に過大な期待を寄せている。
 そんな人たちが愚かである証拠に、その人たちはだいたい、アメリカの傀儡を作る「アラブの春」やら、親子で英米の飼い犬になっているスーチー女史がオルブライト長官の言いなりである事実を日本の現地外交官も指摘しているのに、マスメディアから垂れ流される嘘の報道を鵜呑みにして、無邪気に賛美している。

 これでは、何を条件に野党が共闘するかを議論できないから、まともな共闘など実現しないで、下手な野合を模索して失敗に終わだけだろう。そして、政権交代に成功しても全然変わらないということを理解していないから、失敗した責任のなすりあいをしたり、ムサシの開票集計機のせいにするだけだろう。
 
 こんな日本に比べたら、とにかくアメリカが問題だとして色々なことをしている北朝鮮のほうが、よほど現実を認識している。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-02-14 17:24 | 政治 | Comments(0)