コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

NHKから約束の返事はまだ

 去年、NHKから失礼な訪問があったことについて述べた。
 NHKの受信契約をしていない世帯を調べているから質問に答えろと横柄なことを言うので、NHKに電話をかけて文句を言った。
 これについてNHKによると、前にテレビが設置されていない世帯に対して、その後しばらくしてから設置したかどうかと訊いて回っており、これは大変だから外部に委託していて、時々その業者が失礼な言い方をすることがあるかもしれず、それはNHKの職員ではないということだった。
 そして、その地区の営業所に苦情を言ってくれたら対応すると言う。

 まるで新聞の勧誘と同じ言い訳だが、しかし新聞の方は業界で作った「近代化センター」があり、ここへ苦情を申し立てるようになっている。タクシーと同じで、自己規制をしているのだ。それがNHKには無い。
 
 それで、その失礼な委託業者は「NHK西東京営業所」に雇われたと判明したので、電話をかけて事実を伝えたところ、委託業者に指導を徹底するということだった。
 このさい、テレビを設置しなくても携帯電話にはだいたいワンセグがついているから、それで契約義務が生じるので、委託業者まで雇って頻繁に巡回していると言う説明をされた。
 
 これは、NHKの意義に賛同して協力をお願いするということではなく、放送法の規定による契約義務だと説明するから、そんな規定は放送法に無いと指摘した。そもそも放送法はワンセグなど存在しない時代に作られている。ところが、自動車のテレビなど小型の受信機という規定があるから、これとワンセグが同じだと言う。

 しかし、放送法には、放送された電波を直接受信する機器を所有しているなら受信契約の義務があり、この点で設置するテレビも携帯する小型テレビも同じであると謳っているから、ワンセグはまったく機能が異なる。

 ところが、この指摘をされても、それは個人の解釈であるからNHKとしては無視していると言う。では、NHKの解釈は正しいのか。法制局や裁判所が判断したのかと問うと、それがなくてもNHKが解釈すればそうなると言う。つまりNHKが法律であるということだ。
 これまで、NHKが悪いことをして裁判沙汰になっても、裁判所はNHKだからと特別扱いして、一度はNHKの違法を認定しても高裁か最高裁で覆される連続だった。こうしているうちに、NHKは自分たちが法であり裁判官より偉いと思いあがったのだろう。
 
 それで、そのNHKの勝手な法解釈で良いというなら、責任者の名前で書面により回答してほしいと言ったところ、そうするから送付先を教えろと感情的になって言うので、送り先を告げて、電話対応した人が誰かも教えろと言った。

 それはNHK西東京営業所の坂本という女性だったが、あれから三か月経過するものの、回答はまだ送られてこない。
 
 おそらく忙しいのだろう。北朝鮮が人工衛星打ち上げで発射したものを世界中の公共放送が「ロケット」と言っているのにNHKだけ「ミサイル」と言うなどしているから抗議が殺到しているのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-02-25 18:06 | 社会 | Comments(0)