井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

田原総一朗や山口二郎の嘘臭さ

 テレビ番組に難癖をつけて放送局の電波を全部とめてしまうべきだという政治家の発言は、もちろん言論や報道への弾圧だが、それに対して抗議するテレビの出演者たちの顔ぶれに、この人たちが言っても説得力どころか意味がないと感じる。

 これが、一昔前のように筑紫哲也が混ざっていれば様になっただろうが、そう思わせることすらできない人ばかり出演するようになって久しい。
 そもそも筑紫哲也が朝日新聞から退社してテレビに専属契約で出演する決心をしたのは、その当時すでにテレビが権力の手先になっている人ばかりであることを危惧したからだった。その前からよくテレビに出てはいたが、あくまで片手間だった。

 ところが、この話に対して「でも今抗議している人たちの中に田原総一朗がいるじゃないか」と言った人がいて驚かされた。田原総一朗なんて権力の手先に成り下がって久しいことは常識ではないか。『原子力戦争』なんて書いていたのは大昔の話だ。
 この『原子力戦争』の映画化は、医療被曝の被害に遭ったことで関心をもった人が観て大いに感心していたが、その人は「あんな立派な仕事をしていた人が、どうやったらアホテレビ番組のバカ司会者に成り下がれるのか不思議だ」と言っていた。

 この田原総一朗は、今の悪政の元凶である小選挙区制に賛成してしまったことを反省していた。結果を予想できなかったと言っている。これは山口二郎と同じだ。
 しかし、小選挙区制度の危険は昔から指摘されていたことで、政治に少しでも関心がある人にとっては常識だ。まして政治学者とかマスコミ関係者なら。なのに、反省するだけマシだと言ってしまう人がいるから甘い。もちろん反省しない『ニュースステーション』の久米宏とか福岡政行などがいるけれど、知らなかったはずないことに反省して見せても偽装だとしか思えない。

 また、山口二郎は国会前の抗議行動に参加していると言っているが、よく取り囲まれて罵倒されたり殴られたりしないものだ。そうならないように場所を計算していたからではないか。
 これで思い出すのは、あのいかがわしいことで悪名高い池田香代子が、デモの後で路上の清掃を一人でやっていたという話だ。本来は隠れた善行であることが、なぜか写真入りでことさら強調してネットに流布されていたのだった。 

 こういうことに、なんかおかしいと思う人は少なくないが、無感覚の人も少なくないから困ったものだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-03-09 17:30 | 政治 | Comments(0)