コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

週刊文春のスキャンダルスクープ連発のわけ

 このところ週刊文春がスキャンダルスクープを連発して一人勝ちといわれている。
 これは、社内でもめごとがあって発表できなかったネタが溜まっていたからだといわれている。
 また発行元の文芸春秋社は、所有する不動産の価格が値上がりするとこれを担保にして新しい不動産を購入する土地ころがし的な手法でテナント業をはじめ、それが2000年ころから軌道に乗り、不動産業で社員の給与が払えるような状態だから、広告の圧力などを気にしないでよくなり、それで他の週刊誌では圧力で没にされそうなネタを文春に持って来る人たちがいるようになったからだ、とも指摘されている。

 この一方で、もと文芸春秋の名物編集長だった堤曉や花田紀凱は、『WILL』のような粗悪誌をやっている。原発事故で東電に媚びるなど、まるで総会屋雑誌ではないかと顔をしかめられているが、そのうえあとは相変わらずワンパターンの朝日新聞の悪口である。
 こういう人たちがいない文春は今絶好調ということだ。

 ただ、もともと権力に媚びて弱い者いじめを商売にすることは醜いことだし、自分の記事を売るのではなく、大手新聞社の記事の悪口を内閣の尻馬に乗って喚き散らす記事、なんていう商売は実にみっともないことだった。

 そういうことを文春でやっていた人たちが、社内で不祥事を起こすなどして辞めてから『WILL』を始めたのだから、同じ商売になって当然である。一方で、そんな人たちがいない文春は、大臣を辞めさせるまでの記事をものにしている。
 この落差には笑うしかないが、もう一つ、堤という人は元社員の立花隆から酒癖の悪さを言われていたことがあるなど色々と奇行が目立ち、なぜか他人の学歴をとやかくいいながら自分は東大法卒だと威張ることもある。
 それで「なるほど」だが、東大出て大手新聞社とかテレビ局ではなく雑誌社というのは、学歴と就職という観点から成功しているとは言えない。週刊文春といえばあの「ロス疑惑」でも渦中にあった三浦和義という人が言っていた。その問題の記事を担当した人も堤編集長と同じく東大を出て文春に入った人だったが、その後に転落の道を歩んだと。

 まあ、そういうことだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-03-11 20:35 x
 その変な編集長がいなくなったから、文春ジブリ文庫なんてシリーズを作れるのかな。と思っている。
Commented by ケーキイーター at 2016-03-11 22:03 x
 ところで、妙なことに気付いた。何でこのお師匠さんのブログは毎日、17時30分に更新されるのかな? って。 (こんなことをコメントしているケーキイーターは何を一体やっているんだろう?)
Commented by ruhiginoue at 2016-03-12 19:29
文春は基本男性向け雑誌で、右翼ぶった編集長は女性差別主義者といわれてますから、女性も好む出版が苦手です。
だから女性雑誌をだすと失敗するのだけど、その代わり美容の告発は広告スポンサーを気にしないので平気でやります。
「一橋グループ」(小学館、集英社)は、いっぱい女性雑誌をだしているから出来ません。

投稿は書いたものをディスクにして渡し他人に頼んでやってもらっているから、最近いつも同じ時間になってます。
Commented by ケーキイーター at 2016-03-12 20:18 x
 出版社って本当に色々得意不得意あって、おもしろいですね。と、一言で片付けられないか。
Commented by ruhiginoue at 2016-03-14 19:44
そこにいる人と背後にいる人という影響もあるので。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-03-11 17:30 | 社会 | Comments(5)