コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

北朝鮮亡命ハイジャック犯を擁護する国賠ネットワークの狂気

 キーボードのキースエマーソンが自殺したのは手の故障で悩んでいたからではないかと言われている。
 この苦悩は他人事ではなかった。拙書『防衛医大・・・』を読んでくださった方々はおわかりだが、音楽大学の受験を準備していた時に医療被害に遭い、手が動かなくなる障害が生じた。
 これは裁判のさいに証拠から明らかとなっていたが、この被害について被告医師の弁護士は「情緒的」などと言い放った。この弁護士を防衛医大を出た医師も「大嫌い」と言っていた。
 
 これは権力をかさに着た人間の冷酷さだと指摘する人が多かったけれど、しかし反権力のはずの極左関係者たちのほうが酷かった。加害者である権力を批判するのではなく被害者を嘲笑するのだ。それが国賠ネットワークという市民団体偽装集団であった。

 この団体では、かつて赤軍派の活動をし爆弾テロ事件に関与した疑いで逮捕歴もある井上清志という老人が中心になり異常な言動を続けてきた。普通に市民運動だと思い集会に出てしまうと嫌な思いをする。
 ほんの一例だが、権力の迫害で苦労し白髪が目立つようになってしまった人に、井上清志は指さしてギャハハと笑うなどするのは手前の頭が若いころから磯野波平であることの僻みとしても、権力犯罪と戦うはずの集会でやるのだから感覚が変である。
 また、無実を叫びながら投獄された女性に面会したさい、獄中で閉経し子供が産めなくなると言うなどセクハラどころではすまないことをして、その話をニヤケ顔で披露する。
 そして、傷害で音大受験どころではなくなった話に対しては「ほんとうは受験して落ちただけなんだぜえ、ガハハハ」。実際に手の動きが不自由なのを見ると「あれエ、ナーニやってんだア」とからかい、周囲に向けて「おーいみんな、あの野郎あんな姿になりやがって、ザマミロだなあ、ゲへへへへ」

 こういうことをくりかえしながら国賠ネットワークの井上清志らは、北朝鮮に亡命した赤軍派を日本から支援しはじめた。周知のとおり、その赤軍派たちはハイジャックで北朝鮮に亡命してから日本人拉致に関与した。このことを犯人の家族が告白するなどしたため逮捕状が出た。
 すると井上清志らは、北朝鮮の首都の平壌に住んでいる赤軍派の同志たちが精神的苦痛を被ったので、その原因である逮捕状を撤回したうえ慰謝料を支払えという国家賠償請求訴訟を日本国に対して起こしたのだった。
 
 「そんな裁判、よく仕掛ける気になるなあ」と呆れる人が多かった。そもそも国賠訴訟にそぐわない内容で、やはり結果は敗訴であった。しかも世論に支持されないどころか反感を買うだけではないか。
 そういう指摘をされると井上清志らは「国賠ネットワークの普通の市民の人たちが支援してくれています」と繰り返していた。雑誌に掲載されたインタビューでも執拗に繰り返した。
 しかし実際には、国賠ネットワークの集会に参加した普通の市民の人たちから猛反発されていて、それを井上清志らは押し切ったのだった。その一方で、権力犯罪の被害に遭った悲惨な被害者たちを嘲笑し続けた。ようするに普通の市民など偽装道具なのだ。
 
 最近、過激派学生運動世代が老人になり、もともと人格が狂っていたうえ加齢による脳の故障もあって非常識な言動をしているといわれるが、その一つがこの国賠ネットワークの狂気だ。みんなくれぐれも関わらないように。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 琴吹 at 2016-03-25 10:42 x
その国賠ネットワークと土日P爆弾事件の赤軍派・井上清志というだけの問題ではないっすよ。
安保法制反対で国会に抗議行動したときもそう。
昔の極左運動をしていた老人たちが割り込んでくると滅茶苦茶になりますからね。
労働者も主婦も学生も迷惑してますわ。
なんでも自由にやればいいけどお前らだけで勝手にやれってことです。


Commented at 2016-03-25 19:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2016-03-26 16:11
この間、近所の人がかかわっている平和運動の集会で、八十九年生まれの女性が国会前のデモに参加した話でも、左翼崩れ老人たちの迷惑行為について語っていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-03-21 12:58 | 社会 | Comments(3)