コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

形成外科と美容外科のキナ臭さ

 これは拙書『朝日新聞の逆襲』で述べたとおり、このところ高須クリニック院長がスポンサーの立場を利用し雑誌上でネトウヨ発言を繰り返し、このさい従軍慰安婦の報道で朝日新聞攻撃している内容の実質は女性蔑視であるから要注意である。

 また拙書『華麗なる美容外科の恐怖』で触れているが、円谷プロのSFドラマ『戦えマイティジャック』に、ナチの収容所の人体実験で悪名高いヨゼフ メンゲレ博士が日本に潜入し、女性を相手に鼻を高くする手術で大儲けしている話がある。
 
 メンゲレ博士は潜伏先の南米で海水浴中に心臓発作で死亡したが、それまでの逃亡中さんざんSFのネタにされた。なんといっても傑作はアイラ レヴィンの『ブラジルから来た少年』で、ヒットラーのクローンを大勢作るという話。『ローズマリーの赤ちゃん』とともにレヴィンの代表作で、映画化が有名だが小説のほうが面白いくらいの傑作である。

 もともと形成外科は戦争によって発達し、美容外科はナチが人種差別で始めたことであるから、この業界の人に好戦的な人や差別主義者がいても当然であろう。日本では東京警察病院が発祥の地で、機動隊とデモ隊の負傷者を練習台にしてきたと医師が喜んで話す。
 その前は体系化されていない分野として外国の見様見真似だった。『マイティジャック』のメンゲレ博士はその時代である。

 そして東京警察病院の医師たちは、十仁美容外科の被害者を治療してきたが、まさか防衛医大の被害者を治療するとは思わなかったと言った。ここの話も拙書『防衛医大の場合は』で詳しく述べたとおりである。

 ようするに、形成外科と美容外科はキナ臭さが漂っている世界である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-03-26 19:55 x
 これも人名間違えて覚えかけている。「メレンゲ」って。自分で自分が情けない。
Commented by ruhiginoue at 2016-03-27 15:10
非公開のコメントはメールでもよいのですが、気づかない人がいます。メールは左上にアドレスがあります。
Commented by ruhiginoue at 2016-03-27 15:12
銀座にメレンゲの店があるけど、あまり好まないので一度しか買ったことがありません。
Commented by ケーキイーター at 2016-03-31 18:17 x
 今日が31日なので、この書き間違いの話。「ゴルゴ13」をうっかり「ゴルゴ31」て書いちゃうのよね。どういう味のアイスクリームなんだ。恐ろしや~。
Commented by ケーキイーター at 2016-03-31 22:07 x
 しょうもない質問を考え付いた。ゴルゴがもし実在したら。今頃誰を狙っているかな? 国内国外問わず。
Commented by ruhiginoue at 2016-04-02 17:10
なんか四月になったのにアイスクリーム食べたい気候になりませんね。
by ruhiginoue | 2016-03-26 17:46 | 社会 | Comments(6)