井上靜の気楽な日誌です。コメントよろしく。おたよりはe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

冨田勲の『惑星』など思い出

 作曲家の冨田勲が亡くなった。

 作曲家であると同時に電子音楽の名手としても知られていた。
 その代表作はホルストの組曲『惑星』をシンセサイザーで演奏し4チャンネル録音したレコードだろう。これを幼稚園から中学まで一緒だった同級生が持っていて、彼の自宅で聴いた。それより後から元の管弦楽版を聴いた。

 この『惑星』のレコードは輸出されて、かなり人気があったらしい。
 そのためだろう。『地獄の黙示録』の音楽は全編シンセサイザーだったが、フランシス コッポラ監督は冨田勲に依頼したいと考えて実現せず父親である音楽家のカーマイン コッポラが作曲した。

 また、『エイリアン』の撮影現場では雰囲気づくりに『惑星』を流していたから、リドリー スコット監督は冨田勲に作曲を担当してほしいと希望したが、製作者が知らなかったのでハリウッド映画の作曲家が担当することになり、その後、音楽の使い方の齟齬から担当したジェリー ゴールドスミスをリドリー スコットが怒らせてしまい、スコットは非を認めて謝罪したのにゴールドスミスは納得しないどころか「火に油」だったという。
 そのため、『エイリアン』のDVDでは音楽の違いが比較できるようになっている。昔、どうして映画とサントラ盤とで音楽がこんなに違うのかと疑問に思ったものだった。

 そのような電子­の駆使から、冨田勲はSF映画の音楽をよく書いている。あとは手塚治虫のアニメや『新日本紀行』が知られている。これらの作品は人気があるので新しく録音されたが、このさい冨田勲は言っていた。昔は演奏に難儀する部分も今の人たちは上手で楽々だったと。確かに、FM放送で新進の演奏家のライブを聴くとみな上手で、それに比べると昔の「名盤」の「名演奏」「名録音」はどれもヘタクソだ。SEALDsの若い連中と全共闘の老人くらいの差があるのだから仕方ないだろう。

 次回も冨田勲について続く。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-05-13 21:45 x
 冨田勲さんと言えば、「きょうの料理」の音楽もありますね。
 で。お師匠さんのブログの方は「またお楽しみに。明日も読んでね♡」ですね。
Commented by ruhiginoue at 2016-05-15 07:31
富田勲は「スエーデン狂詩曲」をパクったと言われているけど、それくらい似ていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-05-13 17:42 | 音楽 | Comments(2)