コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

舛添都知事は石原都知事に遥か及ばない

 舛添都知事が別荘に行って仕事するついでに温泉にも浸かるさい公用車に乗っていたと批判されると、職場に戻らないで自宅に帰るなら乗らないなど自分なりにケジメをつけていると釈明していた。
 これを橋下徹元府知事が批判したから、そういう手前はフィットネスクラブに行くさい知事の公用車を使って批判されていたくせにと指摘されているし、舛添都知事の政策を支持するかどうかは別にして、橋下知事と石原知事および後継者の猪瀬知事なんかよりは仕事ぶりが真面目だという指摘もされている。

 また、税金を使うのだから、なるべく節約しないといけないと思って、いつも飛行機はエコノミークラスを使用しているという県知事の発言も注目されている。東京都と大阪府で、こういうことがあるからだろう。

 それにしても、舛添都知事は石原都知事に比べると遥かに控えめである。かつて、石原都知事が税金を使って豪遊して回り、都庁舎に登庁するのは週に3日くらいだということで批判されたが、この時マスコミが脅しや懐柔をされて追及しなかったことも問題になった。

 しかし、日本共産党の機関誌『しんぶん赤旗』は石原都知事が税金を使い贅沢三昧している実態を厳しく追及し、これで石原都知事はかなり困っていた。これをとりあげた週刊朝日は見出しを「慎太郎は『赤旗』に白旗か」と付けたほどだった。

 ところが、これで勢いづいた共産党に対し『週刊金曜日』が攻撃を始めた。共産党が何をしても無駄とか邪魔なだけだから引っ込めとかいうひどい中傷だった。
 これについて、機会あって同誌のある知り合いの編集者に問いただしたら、中心になっている評論家の佐高信が社民党びいきの共産党ぎらいがゆきすぎで、石原批判によって共産党が支持を広げるくらいなら石原の応援をするほうがいいと言うも同然の逆立ちした発想に陥っていると言っていた。

 これについてツイッターで触れたところ、同誌の副編集長が否定しようとしていると思われるツイートをしていた。それを知り合いに教えられて読んだら、具体的に名指しはしていないが、そうかもしれないという内容ではあった。
 この副編集長とは大勢いるところで同席したことはあるが、もし否定しようとしたなら無意味なことである。これは次回に述べる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-05-15 17:33 | 政治 | Comments(0)