コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

池田信夫を訴えた代理人は佃弁護士という滑稽

 弁護士の伊藤和子氏が、国連特別報告者に虚偽の報告をしたという事実に基づかない情報を流されたとして、言論プラットフォーム代表者の池田信夫氏を被告として、東京地裁に名誉棄損訴訟を提起したと発表した。
 
 これに対して池田氏は、これがスラップ訴訟であり、取り下げないと弁護士会に懲戒申し立てをするなどと原告を脅したうえ伊藤弁護士を「駆除しましょう」などとツイッターで呼びかけた。ナチの語法であり、脅迫や暴力を煽り不穏当だ。
 それにスラップ訴訟とは、大企業など大きなところが個人など小さなものに対して、その組織力や財力を見せつけるのに訴訟を利用することだから「恫喝」という意味で「スラップ」と言っている。無意味に外国語を使用してわかりにくくする風潮の問題は別にして、個人が個人を訴えることではないことくらい簡単にわかることだ。
 この内容からすると池田信夫側が負けそうだけれど、名誉毀損訴訟では原告と被告とが「政治的」に対等なら公正で、片方が権力側で片方が在野なら事実も証拠も法律も無視で権力にすり寄る方が勝つ場合しばしば。そんな判決ばかりの裁判官が出てきたり、そんな判事に弁論の途中で交代したり。
 だから、この種の訴訟で、権力側についている者は、まず必ず自分がいかに「体制側」かと陳述書などて強調し、個人対個人の民事訴訟だが実質は国賠訴訟だとほのめかし「政治的配慮をよろしく」と間接的にはもちろん時には直接に堂々と弁論で求める。これがよく通用するのが現実だ。
 つまり、スラップ訴訟が横行したり、政治家とそれにすり寄るマスコミ人の暴言が度し難いほどなのは、名誉毀損の訴訟で裁判官が権力にすり寄る側に偏向するからだ。 良い例がNHKや読売新聞や橋下徹の裁判で、だから弁論で露骨に、自分は政府の委員であるなどと、訴訟と無関係の肩書や地位を殊更強調する者がいる。

 さて、池田信夫被告はどう出るだろうか。また愉快なことに原告の訴訟代理人にはあの佃克彦弁護士である。原告の伊藤弁護士はサイトで「佃先生は名誉棄損分野の第一人者で、書籍も出されており、大変信頼してお任せしています」と述べているが、この佃弁護士も東京弁護士会の暴虐に関与していた者で、その責任を名誉棄損訴訟で問われるとまさに「政治的配慮」によって逃れてきた。

 だから、こちらから見ると滑稽な訴訟である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-06-05 07:03 | 司法 | Comments(0)