井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

無節操の田中康夫と谷亮子

 節操なく、当選できそうなところを見つけて潜り込むというようなタレント議員は、よくいるものだが、このことで最近では田中康夫と谷亮子のことが話題になっている。

 まず、田中康夫についてだが、彼が進歩的と勘違いしている人が多い。しかし、以前から彼は橋下徹と体質が近いと指摘されていて、今までみんなが田中康夫の橋下徹的側面から目をそらしてきただけだとも言われている。
 じっさいに、田中康夫は長野県知事になった当時から明確に「保守」を自認し、テレビのインタビューではバカという意味で「週刊金曜日を読んでいるような人たち」と言ったほどだが、共通項とはこうした物言いを好むところだ。

 また、かなり昔、石原慎太郎との共通点を柄谷行人が指摘していたが、長野県知事選挙のさい同県出身の本多勝一も、田中康夫と石原慎太郎は同じだと批判して、彼に投票しないよう地元で呼びかけていた。すると田中の支持者や『噂の真相』を好きな連中が、本多は共産党を応援するために田中をこき下ろしていると非難した。

 この『噂の真相』および系列の人たちの嫌らしさについては言うまでもないが、田中康夫と盟友だという京大の浅田彰も同誌を「全共闘雑誌」とこき下ろしていた。なのに同誌の体質にすっかり染まっている田中と政治面で仲良くできる感覚はどうなのか。整合性がつけられるのか。

 次に谷亮子であるが、最初のころ彼女は自民党に媚び売っていた。失言で低支持率の森総理を励ます集会のゲストまでやった。その後から民主に接近という経緯だった。
 そして小沢一郎が弱小政党になってからは疎遠になり、今年の正月は小沢邸へも行ってないそうだ。かつて三宅雪子は「谷さん何考えているか分からない」と憤慨していたが、谷亮子の困ったところは次の行動へと移る時に前に世話になったところへの配慮をしないことだ。柔道連盟、帝京大、日体大、トヨタ自、など。なんで礼儀を重んじないのかと言われる。
 もっとも、谷亮子という人は柔道の選手だったときから、勝ったらその場でガッツポーズしてしまい、武道をしていながら礼儀を知らないと言われていた。

 こういう節操のない人たちを有名だというだけで政治家にすることは、市民として拒否しなければならない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2016-06-15 20:58 x
逆に国民の視点からすれば、こういう有名人に一票を投じるということは無名に近いあるいは知らない人に対して不安感を抱いているということではないでしょうか?だから安全牌である有名人ならば安心してしまうという心理がはたらくと私は考えています。
Commented by L at 2016-06-16 00:44 x
 大変ご無沙汰しております。
 ねずみ男が辞めてしまいましたね。自民から何を引き出してからやめたのかは興味深いところです。
 また都知事選ですが、結果として宇都宮さんが立つかはともかく「希望のまち東京をつくる会 」が緊急声明 を出ました。
”選挙後も、宇都宮氏を先頭に、毎回の都議会の傍聴や政策研究会を継続し、シンポジウムや集会なども開催しながら、都政の監視と、都知事選で掲げた政策実現への働きかけを続けてきました。”
また、山口あずささんが”宇都宮健児氏の元に結集し、あるべき都政を都民が手にするため、一致団結しよう!”を先月末に出しています。
Commented by L at 2016-06-16 00:45 x
 一方、細川ー小泉の策謀に乗った連中は全く懲りずに、宇都宮でなければ誰でもいいと言わんばかりに動き出しました。
”歴史に「もし」は禁物だが、細川氏に統一していれば、勝利していたであろう””前回は宇都宮氏がフライング気味に立候補したが、共産党は民進党と十分に調整し、統一候補を探らなくてはならない。突出した行動は、政党も市民も避けることが肝心である。共産党は、宇都宮氏をカードとして活用するくらいの政治判断が求められている。よもや「独走」してはいけない。”
”前回の都知事選の時もそうでしたが、「先に手を上げたほうが得する」「押し切れる」というスタイルは止めたほうがよいです。全体の利益のために何がよいか、こそが基準点です。”だそうで。これをMLで流した人は大学で研究会を繰り返しているバリバリのマルクス主義研究家なんで、理屈でも事実でも政治判断でも私には理解できませんよ。
 組織票で野党はまず勝てないのですから、また新しい有名人を引っ張ってくるより、次を見越して既に2回出馬して知名度を上げ負けたあとも地道に運動をしてきた宇都宮陣営に結集するのがベストでしょうに。また、先の選挙の後もUK側は伸び代と手応えを感じていたわけで。時流的にも、日本のコービン・サンダースでいけると思うんですが。
 彼らに細川ー小泉の策謀に乗って内ゲバ・分裂・自爆したという認識と後悔と反省がないのが実に謎で、伊丹万作の言うところの”何度でも騙されるしもう別の嘘に騙されている”を地で行っているのがなんとも恐ろしい。こうも判断がおかしければ何時だって勝てるわけないじゃんと思いました。
 
Commented by ruhiginoue at 2016-06-16 19:36
有名人なら安心感があるというより功成り遂げた人に追従する卑しい感覚ではないでしょうか。
宇都宮氏は、応援に回ってもいいと予め宣言して主導権を確保し、なかなかやるなと感心させられました。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-06-15 18:12 | 政治 | Comments(4)