井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

朝日新聞の記者がまた無見識発言してくれて結構なこと

 朝日新聞記者(テヘラン支局長)。1975年生まれ00年入社という人のツイートが呆れられている。

 麻生財務相が「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と発言したことが問題として報じられているけど、ちょっとどうだろう。毒蝮三太夫さん的なユーモアなんじゃないかな。

  これに対して、当然ながら以下のような反応があった。
 
 これは本気ですか?聞いた高齢者は大物政治家の発言をタレントのギャグと同じようにとるでしょうか?このツイートは軽率だと思いました。

 毒蝮三太夫さんは、本人に直接言って、当事者を含め、聞いてる人達が笑う。この点が違う。
 「くたばりぞこない」とか言うけど「長生きしろよ」とも言う。50年ちかく街頭の声を聞いてきた人と、以前に高額高齢者医療費に関して「さっさと死ねるように」って言ってた大臣を「ユーモア」だと並べるのとてもおかしい。

 こんな新聞記者を始めとするマスコミが、今の政府を支え付け上がらせているんだろう。 仮にも新聞記者を名乗るなら、時の政治に対し厳しい批判の目を持ち続ける事が必要だろうに。 その欠片さえも持ち合わせていないとは・・・ 情け無い限り。

 などのコメントが寄せられていた。
 毒蝮三太夫が収録に来たところへ偶然に出会ったことがあるという話は前にした。無邪気な笑みを浮かべて年配の女性に毒舌を吐きながら、子供には「ウルトラマンのアラシ隊員だよ」と言っていた。
 
 これと、権力者が責任ある立場からその地位と権限に関係する話をしているのが同じだと思える感覚が奇妙である。
 もっとも、この記者は他にも体制に媚びる発言を繰り返している。朝日新聞の残念な話として、拙書『朝日新聞の逆襲』にもネタとして利用させてもらった。
 そして、その後も書いたことに自信を持たせてくれる裏付けの発言をしてくれているというわけだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by materialist at 2016-06-22 23:00 x
そもそも麻生は老後の心配なんかしなくていいほどの金持ちであって、だからこそふざけた発言です。
朝日の記者もそれだけの特権階級だから、麻生発言の異常さがわからないのでしょう。
くわえて、大新聞の役員が首相と仲良く会食する国ですからね…
Commented by ruhiginoue at 2016-06-23 10:11
イランや中国に行ったら日本は自由で良かったと思ったと抜かす朝日新聞の記者たちは、そんなに自由なら首相と会食している手前の上役どもを批判したらどうかと思いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-06-22 12:27 | 雑感 | Comments(2)