コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

国民投票と大英帝国の民度

 ブリテンの半分くらいを占めるスコットランドは、もともと英語を話していなかった。後からイングランドに飲み込まれるようにされた歴史だ。
 これに反発する人たちがいて、ジェームズ ボンドはスコットランド訛りをわざと話すが、それは演じるショーン コネリーが意識してのことで、彼は世界的に知られる大スターなのに、どうしてビートルズやアレック ギネスのように勲章をもらえないのかというと、スコットランドの民族主義運動に熱心だったからだとささやかれていた。
 そう思われていてはまずいと英国政府も思ったのか叙勲ということになり、するとショーン コネリーはエリザベス女王の前にスコットランドの民族衣装を着て行ったのだった。
 また、国歌斉唱でゴットセーブザクイーンを唄わないサッカー選手もいて、スコットランドの出身者としては、女王陛下とはあくまでイングランドのクイーンだというわけだ。

 あとはアイルランド統一の問題がある。ブリテンに近い北アイルランドは連合王国に属しているが、アイルランドはアイルランドに属するべきという主張も根強い。
 かつてはアイルランド共和国軍(IRA)と名乗る過激派組織が、今のイスラム国やアルカイダより目立っていて、爆弾テロ事件でサッチャー首相が危ない目に遭ってもいた。

 しかしEUでみんな一緒となることで落ち着いていた。それなのに離脱で再燃という次第で、ソ連崩壊の次は連合王国(UK)崩壊かもしれず、ところが投票率7割を超えた国民投票で、実は多くの英国民が「離脱」の意味を理解せぬまま投票していたようだという問題になっている。

 英国は日本と違って民度が高いと誤解している人たちがいる。しかし、フランスでは、ちょっとインテリになるともう「国営放送を真に受けるのはバカ」と言うけど、イギリスでは、ちょうど日本の田舎者がNHKを信奉するみたいに「国営放送だから」と盲信し、よほど左寄りの一部の人が「BBC視聴登録ボイコットしよう」と呼びかけているのが実態だ。

 また『ガーディアン』や『タイムズ』といったクオリティ紙はごく一部の知識階級が読み、圧倒的多数の庶民は『サン』や『スター』など発行数百万部を誇るゴシップ紙を読むという国だ。 日本だったら、朝日新聞より東京スポーツが何倍も売れているというようなものだ。ガーディアンやタイムズや朝日新聞といったクオリティー紙が無条件に良いとは言えないが、英国の民度はたかが知れていて、そこで国民投票しても結果はその程度ということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 元京都市民 at 2016-06-28 16:57 x
かの国では年寄りが悪いと年寄り戦犯論みたいなのが横行してるようですがホントなんですかね・・ 年寄り=身勝手、無知みたいに言われてるのがとても気になります。

大阪都構想でも同じように言われてましたので気になります。裏付ける具体的統計数字があるんですかね?・・

僕は常々「若いのにも年寄りにも男にも女という年代性別を越えて無知、身勝手はいっぱいいる」と思っています(笑)

性別や世代じゃないでしょ・・もっと違うものがこういう結果を生んだんじゃないですか、そう思っています。

Commented by materialist at 2016-06-28 20:01 x
BBCはフォークランド戦争の時サッチャー政権におもねることなく中立の姿勢で報道したと聞きましたがどうなのでしょう
Commented at 2016-06-28 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2016-06-29 14:31
ロンドンを舞台した『時計じかけのオレンジ』では、ホームレスは老人ばかりで政府の政策の犠牲というけど、それに少年たちが嫌悪感を露わにしていたから今の日本と同じだけど、そんな感覚は今も健在ではないかと。
 BBCは今では完全に権力に翼賛するようになっていて、これはNHKとまったく同じです。それよりRTのほうがよほどマシです。
 ほかにオーストラリアやニュージーランドの独立論もあって、このときは「英連邦」といったほうが解りやすいので、よく使われますね。
 EU離脱に反対しているのは自治拡大や独立を主張する人たちですから、離脱して「主権回復」と日本の右曲がりの人たちと同じことをいう人たちが幻想によるナショナリズムを説き、それに民度が低い庶民たちがのせられたということです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-06-28 12:33 | 国際 | Comments(4)