井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

天皇が退位できたらみな辞める

 天皇が生前退位を希望しているという報道と、そうなると色々な影響や問題があることが騒がれている。
 もともと、歴代天皇の半分くらいは生前に退位しているが、このところずっと無かったということになる。

 ところが、戦後まもなくのころ、日本が新しく出直すという転換の意味で生前退位すると良いとの意見は出ていたのだ。天皇が退位して皇太子に譲れば、新憲法と若い天皇というのがよく合うということだ。
 また、それとは別に、心機一転するということで代替わりしたらよいという主張もあり、のちに総理になる中曽根康弘もその意見だったらしい。

 これは実現しなかったが、この論議があったとき、皇族の中で本音をズバズバ言うことで注目されてきたあの「髭の殿下」が、「天皇が退位できるようにしたら、みんな辞めてしまう」と指摘した。
 
 つまり、皇族の誰もが天皇になりたくないと思っているわけだ。たしかに、色々と大変だからやりたくないというのも当然だろう。大臣や知事や議員や社長や会長などになりたい人ならいても天皇になりたい人はまずないはずだ。現天皇も皇太子時代に学習院の同級生と話しているとき、なんとかして天皇にならない方法はないかと言っていたそうだ。
 
 ただし、特殊な事情から天皇になりたがった人がいる。もちろん熊沢天皇のことで、南北朝時代の南朝側の末裔だと自称し、我こそは正当と主張したうえ姓が熊沢だから熊沢天皇と名乗って地位確認の裁判まで起こした。地位確認訴訟は天皇を含めないと退けられたが、これは天皇になりたいというより自己主張と歴史への問題提起の意味合いが強かった。

 こういうことを誰かやりそうだとしたら竹田恒泰あたりが騒ぎそうだと思うが、しかし実際に天皇になって公務をこなして私生活も制限されることまでちゃんと考えたら、彼だって絶対に言い出さないだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 森利行 at 2016-07-18 06:42 x
遺体は火葬もされず、蓋を溶接した銅の棺に密閉されて地中深くに埋められ、魂は絶対に外に出ることは許されない。
なぜか大正天皇から復活した、ほとんど古代の王のような埋葬のされ方を視れば、誰だって天皇にはなりたくないでしょうね。
僕は、20世紀になってできた多摩御陵の四つの古墳を視ると背筋が寒くなります。多くの日本人が天皇陛下には親しみを感じるなどと言っていますが、当代の「悪」を背負わされて地中深く埋められる天皇は日本人にとって、完全なスケープゴート、というか生贄ですよ。
つまり日本人は「土人」ということですかね。
Commented by ruhiginoue at 2016-07-18 15:01
埋蔵についても、火葬を希望しているという報道がありましたね。
中国の皇帝も、最後の皇帝溥儀が火葬にされたので香港の伝記映画が『火龍』という題名になっていて、イタリアの『ラストエンペラー』では英国人家庭教師のジョンストンが書いた『紫禁城の黄昏』が出て来たので岩波文庫の邦訳を読んだら、映画で溥儀が怒っているように、土葬されていた西太后らの墓が暴かれたことで、満州族が中国人に不信感をもち日本に従い傀儡になってしまい、一方で没落した皇帝の末裔がいて、本当は自分が正統だと主張してもいたと記述されてました。
しかしこれらを中国は歴史の中に葬ったけど、日本は未だということでしょう。

髭の殿下の発言は後のことなのに、これについて、ではなく、このとき、と書いてしまったというツッコミということですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-07-17 20:49 | 社会 | Comments(2)