コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

障害者は社会の邪魔か

 『スタートレック』で社会の発展になるだろうと歴史上の偉人を遺伝子操作で復活させたら戦争ばかり起きてしまい、過去の歴史だから英雄でも、その時代の人にしてみれば実は迷惑な存在だとわかるという話があった。そのテレビの話に基づいて作られたのが映画版の第2作『カーンの逆襲』であった。カーンとは成吉思汗に由来しているらしい。

 また、『スタートレック』に、障害者が生まれないようにした星が出てきた。邪魔になる者がいないから社会が大いに繁栄する理想の社会になると期待していた。けれども全然逆で、障害者対策の必要が無いから、科学技術と社会制度の進歩がしなくなって、非常に文明が遅れた星になってしまう結末だった。

 エジソンだって耳が悪くて補聴器をつけていたから、ベルが発明した電話機では音が小さくて聞き取れないからもっと明瞭に聞こえる電話をと言い出し、それが今の電話の基となった。あのジョブズが健康体だったら、iPhone、iPad、MacBook Air、Apple Watchは出来なかったはずで、ジョブズが居なくなってアイデア枯渇したのか今後のApple の先行きはどうなるのかといわれる。

 だから、障害者は社会の発展の邪魔という発想は間違っているし、生物は強ければ生き延びるのではなく多様性がある種が生き残ってきたという現実がある。

 ところが、知的障害者は邪魔だから臓器移植に利用すればいいと真顔で言う人たちがいる。そういう人たちを知っているから、意思表示カードというものに「提供しません」記入して持っている。
 しかしある同級生は、臓器提供しますという意思表示カードを得意になって見せるので「それには利権や差別の問題とか、臓器欲しさに治療されなくなる危険も指摘されている」と注意したけど、彼はこう言った。「そういう話も聞いたことあるけど、そこまで考えられるほどの頭を持っていないから、こうして善意を示すことで満足しているんだ」
 このような人がいることも、おそらくわかっているから、公共広告機構の一方的で空々しいプロパガンダを放送したうえで意思表示カードを配布しているのだう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-08-02 02:33 x
管理人先生も、所詮は「サブカルの帝王」でしかないすからレヴェル低いですね。「障害者」が生まれない世界を実現するには、医原病(=ヤブ医者の商売上手)も生活習慣病(=過労死ニッポン)のような因習の縛られた構成員が存在しない社会でしか実現しませんよ。

結論:スタートレックごとき女尊男卑イデオロギーを押し付ける駄作(ペリーローダンよりはマシですが)を引き合いに出す事自体で、管理人先生は精神科医の笠陽一郎先生よりも格下の存在証明でありますよ。あの人の場合は、頭蓋(とうがい)仙骨療法以外の治療法は全て熟知していた存在ですからね。

管理人先生はいつから、ウルトラセブンヲタクの小野寺光一先生と同じ穴の貉に転落してしまったのですか?あの人も碌に調査しないで、ジャッククラグマンさんやマイクコナーズさんよりも格下の作品を「最高傑作」と持ち上げる狂信者ですからね。
Commented by ruhiginoue at 2016-08-02 08:55
喩えとして作品を例に出すことは、傑作だと評価することではないのだけど、そこを取り違えていませんか。
Commented by 次郎くん at 2016-08-03 04:06 x
それでも、管理人先生に対して、一抹の失望感を抱きましたよ。前回の「ソフィーの選択」のネタをたとえに出されて「幽性死相こそが悪魔の思想、世界を滅ぼす最悪の思想」との模範満額提案に感動を憶えましただけに。

ソフィーの父親の正体はナチス第三帝国に二心なく忠勤に励むインテリ、しかし幽性死相は出世盲者でゴマスリの上手い輩に対して応援団な死相、そのために脳筋(筋肉バカ)の強制収容所の所長に「ウザイ奴」と思い込まれ逆恨みされて、冤罪でっち上げで虐殺されてしまう結果となったのが真相、とありました。

前回のたとえが神回とも言える凄いたとえだっただけに、今回の失望は大きいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-07-31 12:25 | 社会 | Comments(3)