コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

依頼してはいけない弁護士と法律事務所の見分け方

 Twitterで誰かを非難し、「前にこんな発言をしている、これが証拠だ」と画像を貼っている人がいるけれど、こういうのは信用されない。その前後を読んで話の流れを確認してみなければ、そういう意味に解釈して良いのか判らないからだ。
 ところが、そこまで注意している人は引っかからないけど、悪意がある人は意図的に確認作業をしないで言葉尻を捉えるから、悪意の集団内で真実として拡散される。一般的には通用しないが、そこにたむろする者たちはもともと信用など気にしていないという指摘もある。たしかにネット上ではよくあることだ。

 この「被害」に遭ったことがある。そのさい途中からTwitterの言葉尻を見て絡んできた中に、実名を出した法律事務所と弁護士がいくつか混ざっていた。中にはいきなり攻撃的だったり、非常に嫌らしいことを執拗に書いて粘着してきた者たちがいた。
 いくら気楽なTwitterとはいえ、それゆえ途中からではわからないとか、まずは真意を確認しないといけないとか、誰かが悪意で煽ったり、いわゆる炎上商法のため挑発したりする「釣り」であるとか、そういうことがあると指摘する利用者たちもいたのに、気づかない弁護士と法律事務所が、いくつもあったのだ。

 そんな弁護士と法律事務所が誰で何処なのか、こちらのTwitterを見れば判るが、これらの弁護士と法律事務所に依頼したら危険があると言える。先に指摘したようなTwitter上での悪意を真に受けるということは、それを見抜く力が無いということであるからだ。Twitterでなくても証拠の文書や証言について、言葉尻ではなく経緯と解釈ということから適切であるかどうかは裁判で常に問題となるのだ。
 そういうことに対してずさんな弁護士と法律事務所は、避けておいたほうがよいに決まっている。そのリストというべきTwitterである。

 また、弁護士と法律事務所がSNSに人の悪口や非難を書いていたら、そこは避けるべきだ。
 一般論的に天下国家を論じて政治家の批判をするのとは違い、業務上の立場から対立したり気に入らなかったりでそんなことをする者は、ちょっと事情が変ったりすると依頼人らに対しても同じことになるからだ。

 これは実際に医師も弁護士も裁判沙汰になった例があり、弁護士会への懲戒請求となるともっと多い。そして裁判所も弁護士会も身内には甘い対応をしてばかりいるが、それでも訴えが認められたり、認めはしなくてもその決定や判決の文中で弁護士が苦言を呈されたり、ということがあるほどなのだ。
 
 そんなところに個人情報を委ねることは非常に危険であるから、あらかじめ避けるべきだ。

 これは知り合いの弁護士が言っていたことだが、仕事のことで批判されることはあって当然のリスクで、その中には納得できないことなどもあるが、それに対して、だいたいは普段の仕事で信頼を築くことにより解決できるし、まして名指し非難されたわけでもないのにムキになって食ってかかるなんて大人げない。これは他の弁護士もそう思うだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-08-15 11:00 | 司法 | Comments(0)