コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

靖国神社と玉音放送と卒業式

 8月15日になると最近は靖国神社にコスプレ右翼というのが詰めかけてきてテーマパークと化してしまってるから、外国人は面白がったり奇妙奇天烈そうにしたりで、信心深い昔からの参拝者は顔をしかめる。
 そうしたら、ついに防衛大臣や都知事にまでコスプレ右翼が及んでいる、という話を先日した。

 知り合いのイタリア人写真家は、よく8月15日に靖国神社に行って、そのコスプレ右翼たちの写真を撮って展覧会を開いている。
 その写真家は靖国神社で、日本人の参拝者から「あっ白人だ」などと言われ、最初は敵意のある視線を向けられたが、「お前の国はどこだ」と訊かれて「イタリア」と答えたら「じゃあ仲間だ」と急に態度が変わり、こんなこと日本の他の場所ではなかったそうだ。

 ところで、終戦記念日は8月15日ではなく9月2日である。
 戦争には相手がいる。相手もやめると合意しなければ戦争は終わらない。8月15日は戦争で勝つことを諦めたと日本が一方的に発表しただけだから終わっていない。そして9月2日に終わった。それまでの間、散発的だが戦闘がまだ続いていた。だから戦勝国では9月2日が戦勝記念日である。
 ただ、どうでもいいからとにかく終わりだと、玉音放送によって思った人が多かったのだろう。

 そして8月15日になると思い出すことがある。
 高校の卒業式の日に担任教師から、卒業するにあたりこれまでの高校生活について一言と尋ねられたら、一番仲良くしていた同級生は「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」と大真面目に言うので、教師が「そんなに嫌だったのか」と驚いて言ったが、自分も同感だった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by materialist at 2016-08-15 19:12 x
「終戦」も「敗戦」と言うべきでしょうね
Commented by 元京都市民 at 2016-08-16 17:52 x
知り合いが「今度はイタリア抜きでやろうぜ」とドイツで言われたと聞きました、大笑いしたんですけどダメですかね。
Commented by ruhiginoue at 2016-08-16 20:49
結局、国体護持で敗戦ではないということなのでしょう。
イタリアは独伊同盟によってドイツから支配下に置かれたから、というわけでイタリアとしてはドイツに怒っているということですね。
ロッセリーニ監督の『無防備都市』とかフランクシナトラ主演の『脱走特急』なんていう戦争映画にも出てきましたが、そういうのを知らない人もいるのでしょう。
Commented by 次郎くん at 2016-08-22 01:20 x
名文と駄文の差は紙一重、今回は背後の説明責任を果たしていないので駄文認定というコトで。「イタリア人の大半は名ばかり白人、身分証明書に白と記されていても、日本人や極東人よりも色黒の人が多数派、筋肉質な人々も少数派。ゆえにかつてのアメリカ合州国のマフィア捜査時代に於いても、アメリカ国家権力による形を変えた黒人差別の一環という疑念を抱いた人々が多かった。鼻が高い人が多いのは子供時代からアキレス腱鍛錬用の靴を履いている人々が多いため」という、かつてのE先生の後輩である何とか様が言われた名解説を省略されるのは考え物です。
by ruhiginoue | 2016-08-15 15:32 | 社会 | Comments(4)