井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

『シン・ゴジラ』に不満の花田紀凱編集長

 雑誌界の名(迷)編集長の花田紀凱さんが、『シン・ゴジラ』の感想を述べている。
 花田さんは小さいころに第一作『ゴジラ』(1954)と続編の『ゴジラの逆襲』(1955)リアルタイムで観て気に入っていたそうだ。そして『シン・ゴジラ』は気に入らないと言う。
 
 >これではゴジラがあまりにもかわいそうだ。
 >最新兵器を駆使して、寄ってたかってゴジラを殺すだけの映画ではないか。

 それを言ったら、『空の大怪獣ラドン』(1956)なんか最後はラドンがあまりにもかわいそうでしょうがないんだけどね。

>ゴジラに何のドラマもない、と言ったら、いや、あれは大災害を表徴しているのだ。庵野秀明監督は東北大震災や原発事故を頭において、その時、政治がどう動くか、政府がどう対処するかを克明に、かつリアルに描いている傑作だと反論されてしまった。ゴジラという国難を乗り越えた人々の映画だと。
>それなら、相手は何もゴジラでなくたっていいではないか。台風でも大地震でもいい、その時の政治、その時の政府の対応ぶりを描けばいいのだ。
 
 このように、花田さんは国家の危機に対応する政府と政治の話を作るなら怪獣じゃなく自然災害だっていいじゃないかと言うけど、そんな映画を誰が入場料払って観たいもんか。
 そういう映画を作ったとしても、商業主義の要請から途中で突然地面の下から怪獣が出て暴れ出すんですよ『妖星ゴラス』(1962)みたいに。

 それにしても、この談話と一緒にヤフーのサイトに掲載されている写真を見ると花田編集長も歳食ったね。
 昔、文芸春秋社に入社した当時はたいそうなイケメンで、女性社員からモテモテで、他の部署の女性社員たちが仕事中に覗きに来るほどだったんだけどね。


f0133526_21231064.jpg



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-08-18 05:21 x
 すいません。映画館に行って、『シン・ゴジラ』見て来よう。という発想が全然起きなくて…。ていうか、「映画館の中でゴジラ映画見たら、小便ちびるんじゃないか」って変な心配事をしているの。昔、『ジュラシック・パーク』をレンタルビデオか何かで見て、「映画館で観たらトラウマになっていただろうなあ」なーんて、肩をなでおろした。そんなことがあったから。
 私はホラー映画も駄目。原則として。
Commented by ruhiginoue at 2016-08-18 16:48
ゴジラもラドンも監督は本多猪四郎で、ヒッチコック監督のファンだから、昔の映画には怖い演出もありました。
スピルバーグ監督も『ジョーズ』でヒッチコック監督の手法を取り入れるので研究したと言っていたから『ジュラシックパーク』にも反映されています。
ヒッチコック監督も特撮が大好きで、彼が考案した技術もあります。
しかし『シン・ゴジラ』は完全にアニメの作り方ですね。
Commented by さよならシン・ゴジラ at 2016-09-01 10:26 x
「政治がどう動くか、政府がどう対処するかを克明に、かつリアルに描いている」

悪い意味で、そうですね。
Commented by ruhiginoue at 2016-09-01 21:18
ゴジラを原発事故になぞらえて、懸命に対応する政府というのは当時の民主党政権で、自民党だったらあんな真面目にやらないと言われてますね。
次回作は、国民をほったらかして自分だけ逃げだす政府という話にすべきでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-08-16 21:37 | 映画 | Comments(4)