コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

麻疹で大騒ぎ

 関西空港で働く従業員が麻疹(はしか)に集団感染し、さらに救急隊員と医師まで感染したとの報道だが、これがロビン クックだったら、誰かの陰謀で病原体をばらまいてる話になるだろう。すでに『アウトブレイク』という映画になっているが。
 そういう陰謀ではないとしても、麻疹のワクチンに欠陥があったとか、使い方に問題があったのではないかという疑いはすでに出ている。どうであれ、今の事態のようなことがあったのだから、結果として政策が失敗だったことは確実に言える。

 麻疹といえばアメリカの人気ドラマ『ER救急救命室』で、子供の頃に感染しておいた方が安全だしワクチンにはリスクがあると言い摂取させなかった母親に、主人公のカーター医師が、製薬業界の利権だと思い込む陰謀論者だと決めつけ、とんでもない母親だと罵倒する場面があり、業界のプロパガンダっぽいが、それにしては中途半端な謎の場面だった。
 この場面のセリフだと、ワクチンに不信感を持ち接種を拒否したら、自分は良くても子供の学校で感染させるから、リスクがあっても、自分の考えがあっても、接種しないといけないと主張してるようだけど、感染するのは同じくワクチンを接種していない人だから、話がおかしい。
 これは基本的にリベラルな姿勢を貫いているドラマなのに、ここだけ違ううえ説得力がなかった。だからシリーズ中最もというか唯一、まるで不可解な場面だった。

 そもそも、麻疹、おたふく風邪、水疱瘡、風疹、などは元々子供の頃にかかって当たり前で、大人になってから感染すると深刻だから子供のうちに全部クリアが常識だった。そして、無事通過して安心というものだった。
 それなのに、費用がかかりリスクのあるワクチンで防ごうとしたところ、根絶はできないし、大学生に流行させてしまった大失敗もあったし、感染せず大人になった人たちに絞った対策でもなく、目標が不明確で破綻していた。


 かつて「麻疹のようなもの」という喩えがあった。今もまだ言われる。子供の頃に罹っておかないと大人になってからでは危ない病気と同じで、若者なら熱中するという意味だ。学生運動もそう言われた。
 ところが麻疹はワクチン、学生運動は弾圧、それで、たまにどこかの大学で学生が騒いだとか、空港で感染者が出たとかで、騒ぎになる。滑稽なことだ。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by janhjtriahe at 2016-09-07 18:27
ワクチンが不完全なのではなく、ワクチンを確実に定着するたのに2回接種していない例が多いようです。

批判は結構ですが、ではどうしたらいいんでしょうか?
子供にみんな罹患させていくのが得策でしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2016-09-08 02:52
どんな医療にもメリットとデメリットがありそれらをバランスシートにかけて実施するか否かを決定するものです。

麻疹などは、感染したら人がバタバタ死ぬ病気ではなく、むしろ子供のうちに罹って当然のものだったのだから、リスクを犯してワクチンを接種するなら、例えば子供の時に感染しておらず免疫のない大人など、メリットがデメリットを上回ることが具体的に明らかな場合に必要と言え、それを踏まえて実施の方向を定めるべきでした。

そうした、戦略や展望が厚生行政に欠落していたことが今回の騒動の原因です。

Commented by janhjtriahe at 2016-09-08 17:43
聡明な見識恐れ入ります。もったいないので。
厚生行政にご提案ください。
Commented by ruhiginoue at 2016-09-09 00:49
もちろんお役所はちゃんと専門家を集めてきちんとした意見を聞いてるはずですから、一般人でもわかる常識などとっくに知っているはずです。
にもかかわらず何か事情があったから、例えば官僚の皆さんは天下り先の方を優先しますが、そういうことが裏にあったから、非常識なことになったんじゃないかと皆が疑うわけです。
Commented by 次郎くん at 2016-09-09 16:08 x
管理人先生のぶりっ子と釣りだと思いますが敢えて乗ります。当時から罹患以前の予防措置と罹患後の対策はともに、万人向けと立証されていたのはメガヴァイタミン療法に、キャベツなどに野菜に塩かけて塩分補給と、水のちびり飲みの水分補給です。明らかに製薬会社と監督官庁の陽謀です。当時も今も役人どもの体質はゴジラ、いえもといガミラス体質ゲバラ体質ではないでしょうか。自分たちの体質にだけは薬として合う毒物を普遍的と大うそこいて推奨し、合わない組織外の者がタヒってくれれば「合法的資産強奪」の完全犯罪ができますっから。ゲバラ父娘は、水銀中毒などの重金属中毒は手相に出ることを大衆に知らせない愚民化させる目的でイル何とかが育成したニセモノでしたし。
Commented by 次郎くん at 2016-09-10 04:26 x
ヴァイタミンシーが存在しないと、体を最近から予防する抗体抗原反応を起こす事が出来ません。また白血球の成分の3%はヴァイタミンシーであります。メガヴァイタミン療法も含む予防接種体制は60数年前当時から直ぐにも可能でしたが、実行に移さなかったのは、管理人先生のご指摘通りでしょう。
by ruhiginoue | 2016-09-06 08:45 | 社会 | Comments(6)