井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

♪亀有公園前派出所異常なし

 昨日、地震があった。ところが地震速報をラジオでやらなかった。結構大きかったのに。これが大雨だと土砂崩れに警戒という話をFM放送で音楽を中断して繰り返すのだが。津波の心配がなければやらないということだろうか。

 それで連想したのだが、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で、主人公が作った将棋のゲームソフトを将棋の得意な上司がやってみて「こんなの楽勝だ。所詮は両津のプログラムだ」と笑って言っていたら、王手をかけようとすると急に「地震だ」の文字が出てきて画面が揺れ駒がめちゃくちゃになるから「汚ねえなあ。やっぱり両津のプログラムだ」と呆れる話があって、可笑しかったことを思い出した。

 その『こち亀』も、連載40年単行本200巻で完結すると話題である。赤塚不二夫に代表されるようにギャグ漫画は極端にデフォルメされたり動物が喋ったりと非現実的だったが、もともとシリアスな『光る風』を描いていた山上たつひこが『がきデカ』で普通の漫画の中にギャグを展開し、そのファンだった秋本治が山止たつひこの筆名で『こち亀』を描いて、この筆名は次の作品からはやめようと考えていたのだが思いがけない両さん人気でロングランし、そのため山上たつひこから苦情を言われて連載100記念で本名にしたという経緯だったらしい。

 まだ本名で描く前のころ、両津の後輩の中川の実家が並外れた大金持ちで、大邸宅の中に私設軍隊やジェット戦闘機まであるのを両津が目の当たりにして驚く挿話があり、これを小さいころに読んで可笑しかったのだが、そのあと高橋留美子の大ファンの同級生に借りて『うる星やつら』を読み、主人公のライバルの面堂終太郎の家の非現実的超大金持ちは明らかに影響を受けているなと思ったものだ。

 あと、アニメと香取慎吾の映画は語られても、せんだみつお版は忘れられているようだ。初主演映画だったが作者が気に入らなったからビデオにならないのではないかと、せんだみつおは言っていたそうだ。この映画には所ジョージ作詞作曲の主題歌があり、このレコードを持っている人が同級生にいたから知ってる。
 「♪亀有公園前派出所、異常なし。華の東京、探し物が見つからない・・・」「♪ただいま本官は、け、け、けっけっけっけっけっ競馬の真っ最中である・・・」「♪だから、ほっとけ、ほっとけ、ほっとけ、ほっとけ、かっかっか、か、か、か、管轄違いである」
 というもので。曲の調子がいかにも所ジョージで、ジャケットはせんだみつおが警官の制服姿で敬礼している写真であった。その同級生には、まだレコードをもっていたらYOUTUBEに投稿して欲しい。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-09-11 15:06 x
 ここ数年、週刊少年ジャンプを読む機会がなくて。だから、『ワンピース』も『NARUTO』も存在は知っているけど、未読未見。『デスノート』はテレビアニメ化された時に、最初のうちは観ていて、かなりビビってしまった。
 もうジャンプを手に取る機会があっても、両さんには会えないのか。寂しいな。
Commented by ruhiginoue at 2016-09-11 17:23
少年ジャンプの方は、この先どうなるんでしょうね。
Commented by ケーキイーター at 2016-09-12 10:04 x
 また面白いマンガ家が出てくるんじゃないかな。ここもやはり、世代交代。と、呑気に構えているワタシなのさ。
 それより、よしながふみさんの『大奥』の方が気になる。私はマンガと言えば、これにハマっている。最近、読書量がめちゃ減っているな、私は。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-09-08 08:38 | 映画 | Comments(3)