コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

♪ここは網走番外地

 知床斜里を発ち、網走に来た。
 網走駅前には先住民族モヨロ人の象が設置されている。
f0133526_14455939.jpg

 よく、観光地には、絵の穴から顔を覗かせて記念写真を撮るパネルが設置されているが、網走駅にあるのはこれ。北海道の人でも知らない人がいて、この写真を見せたら笑っていた。
f0133526_14350361.jpg
 駅から、あばしり川に沿ってしばらく歩くと、網走刑務所がある。
f0133526_14035140.jpg
f0133526_14091136.jpg

 網走刑務所を見物しに来る観光客もいるそうで、その向かい側にある売店を訪れ、囚人の作った家具や封筒などを見るそうだが、東京では新宿駅前ターミナルなどで展示会がしばしば催されるから、そこで見たことのある製品ばかりだった。

f0133526_14103420.jpg
 網走刑務所の職員たちが出てきた。

f0133526_14353293.jpg
 こちらは網走監獄の歴史を展示した博物館。網走刑務所から見上げる山の中にある。
 手前の人形は、網走監獄から六回も脱獄した名物囚人「五寸釘の又吉」。不運にも落ちていた釘を踏んで怪我をし、それでも走り続けたことから渾名がついた和製パピヨン。

f0133526_14073252.jpg
 監獄の外観。

f0133526_14113442.jpg
監獄の内部。

 解説によると、最初は内乱のため軍事犯と政治犯が多かったが、その後は暴力団関係者が多くなり、入れ墨の囚人が目立つようになったとのことだ。
 そして工事現場で強制労働など、近代化の過程で世界各地で行われたことが日本にもあったというわけだ。
 また、フランスの刑事政策を参考にしたとのことで、だから、やけに『パピヨン』と似ているわけだ。
f0133526_14080694.jpg
 懲罰独居房の再現。7日重湯だけ。二重扉で真っ暗。『パピヨン』と同じ。
 パピヨンことアンリ シャリエールは「『フランス人権宣言』なんて糞食らえだ」と当時の刑事政策の人権感覚を批判していたが「なるほど」である。
 
 政治的な迫害のため偽名で書きつづけた名脚本家ダルトン トランボを描いた映画『トランボ』が話題だが、『パピヨン』もトランボによる脚本で、彼はカメオ出演もしている。囚人に「おまえたちは国から厄介払いされたのだ」と言い放つ官僚の役だ。

 いつか脱獄してやると言って身体が鈍らないよう独房の中で腕立て伏せをしていたり、脱走して「ザマミロ俺はここだ」と叫んだりする主人公。昼に工事現場で働きながら夜はタイプライターに向かい、偽名で書いた脚本でアカデミー賞を受けたトランボが反映しているのだろう。
 
f0133526_14120631.jpg
 こちらは本物の蝶々。
 敷地内の花壇を舞うクジャクチョウ。関西以南は生息せず、関東地方では山や高原に生息し、北海道では平地にもいるということで、見かけない蝶が北海道ではそこらの花壇にも乱舞しているというわけだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
Commented by ケーキイーター at 2016-10-04 20:39 x
 ふむふむ。お師匠さんは「塩鮭焼いている時の匂いをくんくん嗅いだ」という、それだけの理由でムショ行きになっちゃったのかな。
 な~んて書いていて、考えた。「冤罪」って日本だけでなく、世界中にごろごろ転がっているんだよね。それから、「本当に悪い奴ほどよく眠る」んだっけ。

 「いざ、お供つかまつらん。イラクの大量破壊兵器探しの旅へ。」 人形ならぬ猫形になった気分のケーキイーターだったが、考え直したら、バロンは雄猫だった。

Commented by ruhiginoue at 2016-10-05 20:49
アニメだと、必ずお供に動物が付きますね。
Commented by ケーキイーター at 2016-10-06 20:29 x
 この銅像さんの最寄りの駅は、網走駅。ってことでいいかな?
Commented by ruhiginoue at 2016-10-06 22:16
その通りですのでダジャレはもうよろしい。
Commented by ケーキイーター at 2016-10-07 21:35 x
 私の駄洒落はやめられそうにない。もう、ビョーキ。お師匠さんも諦めてくれ~。
Commented by 次郎くん at 2016-10-08 18:01 x
フランス革命自体が、革命派「も」イカレてましたですね。1991年製のフランス国営テレビ制作のマリーアントワネットの義妹(=ルイ16世の妹)の最期を描いた作品が、ベルばらでは描写が無理である公認全年齢対象女囚ポルノな史実を描いてました。王党派(日本では徳川派)が何度も勝手に休戦協定を破りまくるもんですから、革命派(日本では佐賀派と土佐派)がとうとうキレて、みせしめにルイ16世の妹を捕え、進歩派宣言を出さないので鎖に手足を繋いだまま拷問死させるという内容でした。

次郎の解釈ではナポレオン派が薩長派であり、天皇一族がローマ教皇被選挙権保有者であります。
Commented by 次郎くん at 2016-10-08 18:16 x
中村敦夫もと参議院議員の、不肖の弟子であるRAPT中村祐介の説によりますと、北海道の奴隷労働道路掘削工事をさせた側は、紛れもない悪魔崇拝者たちであり、最初から人柱とする目的であったという説に奇妙に納得の行ったものです。1・常紋トンネルをはじめとするネット記事の一次資料の大半が、RAPT中村説が出た途端ネットから削除された件と、2・悪行を行った側の出自は農民と町人であり、された側は中級武士、つまりはかつての上司を虐殺しまくるのですから、「毒食えば皿までの動機」が悪行の原点イデオロギーだとしか考えられなくなりました。

女性に関する当時の奴隷労働としては「志願兵扱いしてあげる、招魂社にも祭ってあげる」などとと旧士族や旧庄屋などの両家の娘をだまして、南方諸国に売春婦扱いで合計50万人にスパイ兼売春婦行為をさせて見捨て、明治新政府のための軍事スパイ教練と称して
戸外に鎖で繋いで放置するというキチガイ特訓をしまくった事実も、日本人の大半だけが知らず、送り込まれた現地の人々は熟知していたそうですよ。
Commented by ruhiginoue at 2016-10-09 17:22
安部譲二も、そういうことは書いていたけど、自分と同じヤクザにしか共感がない人ですから、公安事件で逮捕された党派の人にしか共感しない極左の老人たちと同類です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-10-04 15:54 | 自然 | Comments(8)