コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

巨人有利の判定「ジャンパイア」

 「ジャイアンツ」と「アンパイア」を掛け合わせた造語で「ジャンパイア」という言葉があり、審判が巨人に有利な判定をしているのではないかという意味だ。
 これが、10月8日のCSファーストステージ第1戦で疑惑の判定があったため、また話題になった。

 プロ野球でも大相撲と同様に八百長が行われているという話は、昔から言われてきたことで、あの『巨人の星』のテレビアニメ化でも「野球なんてイカサマ試合ばっかり」と言われて主人公が激怒してしまうことがある。
 あと、外人助っ人として来日した選手の中で、日本のプロ野球は不正をしていると言う人がいた。
 ここでよくあるのは、例えばストライクゾーンの違いに馴染めないことから変だと文句を言うだけの選手だが、それとは違い、87年に一期だけの契約で来日したアメリカの超大物強打者ボブ ホーナー選手は、回顧録で日本の審判は巨人を勝たせるため不正な判定をしていると明言していた。

 このホーナー選手は、アメリカのメジャーリーグでも大選手だった。その強面と巨体から「レッドデビル(赤鬼)」とあだ名されていたが、彼はフリーエージェント宣言したら契約金が高騰して移籍先が決まらないでいたところ、日本のスカウトに声をかけられて、三億円という破格の年俸でヤクルトスワローズに一年契約でやってきた。当時の現役メージャーリーガーには一億数千万円もの高額な年俸を受け取る選手がいたが、その倍くらいである。
 そして圧倒的な力を見せる。アメリカに比較して日本の球場は狭く、とくにヤクルトスワローズのホームグラウンドになっている神宮球場は狭いから、ホーナー選手は打つと一塁に向かって走ろうとしたがホームランになることがよくあった。ホームランになるか二塁打くらいになるかきわどいからだが、それが狭い球場ではみんなホームランになり、ホーナー選手は一試合に二本も三本もホームランをかっ飛ばすので驚かれた。

 それで話題になったので、ヤクルトのテレビCМに出てヤクルトを手にし「もう一本」と言ってまたギャラを受け取り、来年また三億円でと提示されたが断り、帰国してアメリカのチームで活躍する。
 それから数年して引退すると、これまで得た金で財テクにいそしみ、いつもパソコンで株価のチャートを見ているということだった。

 そのボブ ホーナー選手は、帰国してから日本で活躍したことについて回顧録を出版した。その邦訳が日本でも出たので読んだところ、日本のプロ野球は巨人を勝たせるために試合をしていて、他のチームとの試合ではボールの判定となるのが巨人戦ではストライクと判定されていしまい、仕方なくなんとか打とうするから巨人戦では他に比してよく空振りをしたと言う。そして、いくら人気チームでもフェアに試合して勝つべきであり、不正には付き合いきれないと言っていた。

 それから今までも、審判が巨人を贔屓して不正をしているという疑惑は相変わらず言われているということで、今年もまた、ということだ。

 こうした審判の不正疑惑の他にも、色々と読売ジャイアンツが汚いことをすると言われてきた。例えば、かつて日本シリーズで西武ライオンズの森監督が退任することになったと試合前に東京ドームの電光掲示板が表示し、汚いやり方だと非難がおき、これについて森監督は、確かに、これから試合というとき意欲に冷水をかけられたような感じだったと言っていた。 
 こういうことがあるから、東京ドームでは空調で巨人攻撃の時だけ外野側に空気が流れるようにして球が飛びやすくする「ドームラン」があるなどと言われるのだ。

 では、審判の不正は実際にどうなのか。あくまで悪口として言われているだけだという否定論とともに、人気チームだから有利にしないといけないような心理的圧迫があると言う元審判もいて、この雰囲気が特に東京ドームでは強いから、なにかきわどいときに影響が表れてしまうこともあるのではないかと指摘されている。

 となると、これは選挙で自民党が有利になるというのと同じなのかもしれない。あの集計機の「ムサシ」がどうたらいう陰謀論は一部の人が面白おかしく言っているだけだが、選挙活動の違反について警察の対応が恣意的であることは昔から周知の事実で、これについて警察官とか元警察官が、こうしろと上から命令されたわけではないが、そうしないといけないような雰囲気があると言っていた。

 また、司法でも「ヒラメ判事」がいるし、そのなかには国が望んでいないのに勝手に贔屓する裁判官がいる。なかでも滑稽なほど典型的な例として、自衛隊基地の騒音で防音などの補償を求める訴訟があったとき、自衛隊としても住民のために補償をしようと考えていて、裁判で国に命令する判決となれば予算も出せると考えていたのに、裁判官が国に気を利かせて勝手にゴマスリ判決をして請求棄却してしまい、これに国側も驚いてしまい、自衛隊としては国民から評判が悪くなってしまうと危惧した、という事件があった。

 こうした「ありがためいわく」は、プロスポーツの審判にもあるのではないか。



[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-10-14 00:07 x
管理人先生って、日田こまちさんや簿記教師の片山富子先生と同じで絶滅危惧種である「アンチ読売=熱心な読売ファン」だったのですね。イマドキの中年層や若年層にとっては、ニッポンの職業やきうはオワコンではないけれど、狂信的なオタクのためのコンテンツです。

大リーグに、サッカー強豪国どうしの国際試合の中継と結果などが、ネットで見れる時代ですし、読売や阪神にソフトバンクなども、大リーグで安月給の、ミネソタツインズとかワシントンナショナルズと比較しても総年俸が60%に満たない極東の島国の貧乏球団ということがバレテしまってます。

ちなみにこの次郎が生理的嫌悪感を感じるのは、佐山さとる氏の功績をシカトするフーリガンの比率の高い横浜デナファンどもです。ファンの総数と言う分母数が少ないために目立っていないだけで、正当に旧独立リーグの凄さを理解できない、反知性主義者と精神勝利者どもが集う魔窟であります。
Commented by 次郎くん at 2016-10-14 16:12 x
職業やきうに(と男子サッカーの国際試合での勝負弱さもですね)関する現状は、「日本人を辞める方法」の著者である杉本良夫教授の説の「日米同質論」が生きてますね。

国技からは転落した狂信的なオタコンのためのスポーツですから、大金持ちとしての社怪的成功者であっても機能不全人間ゆえに子育てには失敗し、機能不全人間であるとの病識なき連中が自らの子供たちに対して逆恨みと逆ギレの亢進のあまりに(法的な遺留分を除いて)巨額の遺産の全額を贔屓の引き倒し対象の球団に寄付するという愚行は共通しています。全く「恋は盲目」であります。
Commented by 次郎くん at 2016-10-14 16:58 x
結論を後回しに書くという悪文構想については反省致します。こういう「恋は盲目」ゆえの判決や判定を出す連中は全く社会のありがた迷惑な存在ですね。

ちなみに死んだ親父によれば「アンチ読売ファン=本性は熱心な読売ファン」であることを明日の糧にする職業やきうファンな人々が多かった時代には、視聴率向上と球場への観客動員のために、読売に不利な判定をする審判も多かったそうですよ。
Commented by ruhiginoue at 2016-10-14 21:04
ついでに念のために言い添えておくと、親戚の知り合いが神宮に勤めていて、水泳とスケートをタダでさせてもらい、またチケットをもらって球場で野球の試合を観ていたうえ、その縁で若松監督の現役時代のサイン色紙を持っています。
Commented by materialist at 2016-10-14 23:32 x
原則論として、NPBはチャレンジ制度を早く導入してほしいものです。メジャーリーグはおろか、韓国のプロ野球にもありますから。
Commented by ruhiginoue at 2016-10-15 19:44
みんな録画を繰り返して見ているのだから、もう導入していないといけませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-10-13 22:04 | 体操 | Comments(6)