コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

日本共産党の松崎いたる板橋区議が党内でも問題に

 このところ前のツイートを共産党員などがリツイートして蒸し返すので、なぜかと思ったら、それに関するメールも来た。前に批判した日本共産党の松崎いたる板橋区議員が党内でも問題になったからのようだ。彼は面白くないことがあったから党を批判する発言までしたとのこと。

 それで、今では松崎いたる区議が反党的行為に及んだから党員たちの態度が変わったけれど、その前までは多くの党員たちが共産党の議員だからと先入観で味方していた。
 しかし、前に問題にしたとおり、松崎議員は自分が共産党員であり議員までやっているのに、かつて共産党の候補として選挙に立候補して落選した人を侮辱するネトウヨに同調したり、共産党の国会議員の言葉尻をとらえ揶揄するツイートをしたり、という悪ふざけとしか言いようがないことをSNSでやっていた。
 もともと松崎区議は、議員でありながらSNSに書くことが政治や経済の政策を論ずるのではなく、時事ネタの駄洒落や回文ばかりであった。これではまるでお茶濁しという印象だったが、そのあと実名を出して非難した人から、根拠の無い話まで付け加えられたとして名誉毀損で訴えられ、現在係争中であるし、そのうえ反党的言動があると問題にする党員がいるということだ。

 その、かつて選挙に立候補した日本共産党の吉岡正史さんという方のことだが、吉岡さんとは以前住んでいた狛江市の市長選挙のさいに会い名刺交換もした。こちらは矢野市長を応援する党外の一住民として実名入りで赤旗にコメントが掲載された。
 その後、吉岡さんは共産党から選挙に立候補し、国会議員には当選できなかったが東京の選挙区で不利な闘いの中それなりの得票で、頑張ったことがわかる。区割りで当選した区議会議員とは大違いだ。

 この人に対してネトウヨが「彼の真実はしんぶん赤旗であり事実ではなく妄想なのだ」と侮辱的な非難をしたら、これを松崎いたる板橋区議員はリツイトーした。そのとき他にも彼がリツイートしていたのは賛同ツイートばかりであった。それらと共にリツィートしたのだ。そして、しばらく様子をみていたが、反撃しようとしないで放置していた。
 これでは、吉岡氏個人を貶めるものを拡散したうえ結果として党と機関紙も一緒に貶めることになる。よく、賛同ではなく曝すためにリツイートしたと後から言い訳する者がいるけれど、これもそういうことだったのか。
 その前に松崎いたる板橋区議は、共産党員なのに赤旗をちゃんと読まないという批判もされたが、そこで赤旗に書いてあることは妄想だという侮辱をリツィートするのだから、普通は悪意と受け取られることだ。
 どうであれ、松崎いたる板橋区議のツイッターその他SNSの使用は全体的に無神経とか無配慮とかいうしかなく、その中で名誉毀損で裁判沙汰まであるということだ。

 この松崎いたる板橋区議員が名誉毀損で訴えられているのは、悪意で嘘を流布していると根拠なく決めつけて議員の立場から個人攻撃したからだ。先に指摘したとおり、訴えられたのはあくまで、存在しない事実を付け加えたからだ。それを松崎区議は、偽科学を批判したから訴えられたと嘘をついた。偽科学を批判したことではなく、そのさいそこに勝手な付け加えをしたから訴えられたというのに。そして今また、党内での揉め事で、偽科学の側に党組織が味方したかのように言って話を逸らそうとしている。これに党員たちが怒りだしたわけだ。

 そうなる前は、共産党の議員を批判したというだけで反発する共産党員たちがいたのだが、そのうえ前にあの左巻健男という人が、松崎区議を批判するのは「反共」なのかとツイートしたことも若干影響してるのかもしれない。左巻の意図が誤解なのか煽りなのかは不明だが。

 しかしこちらは反共どころか逆に「松崎はいずれ下里や筆坂のようになるぞ」と批判していたのだ。そのうち『そこまで言って委員会』や『WILL』などに「松崎元共産党区議」として出るのではないか、と。これは皮肉ではなく本当にそうなりそうだという意味だった。


 そもそも、日本共産党の松崎いたる板橋区議員が「偽科学」を追及すると言うならそれもいいけれど、ならば自分は大学で「美術専攻」だったと言うように科学には素人だから、専門家から様々な意見を聞いて、対立する論点があったら双方を調べて比較する作業もしなければならなかった。

 ところが日本共産党の松崎いたる板橋区議は、専門家どころかタレント学者のようなことをニワカにはじめた菊池誠とか左巻健男とかの一方的な話だけを鵜呑みにしたうえで受け売りをし、しかも特定個人を議員の立場から糾弾するという非常識な行為に及んだ。しかもそこへ根拠のない事実を付け加えて訴えられるというお粗末である。


 これについて例の菊池は、勝手に自分の考え方だけが正しいとしたうえで、それに基づき他の見解を糾弾する活動は科学によって立つ共産党だからやって当然のことだと言って松崎区議を煽った。これはかつてソ連共産党や文革時代の中国共産党が科学と称して魔女狩り的な政治弾圧をしたのと同じ図式だ。


 つまり問題なのは、科学的にどの見解が正しいかではない。菊池誠のように自分と違う見解を否定するためにマスメディアや政治家に働きかけて煽り潰しにかかるやり方が危険なのだ。かつてソ連のフルシチョフ首相が農政失敗の責任を問われ失脚した背景には、農作物について口から出まかせを言う学者がいた。彼は政治家に取り入り、自説と対立する学者に偽科学のレッテルを貼り迫害したのだ。
 これは、学術論争も政治家やマスコミに取り入ると、正しいかどうかではなく、口が達者な方の勝ちということだ。この点、菊池は大したことないが、左巻なんて実に口が上手い。これは有名だ。



[PR]
Commented at 2016-10-30 15:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ruhiginoue | 2016-10-27 12:49 | 政治 | Comments(1)