コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「日本共産党の松崎いたる板橋区議」として問題にしたわけ

 松崎いたる板橋区議が所属政党内で問題になったため、党員の中には、ここで前に彼を批判したさい「日本共産党の」と必ず付けていたことを不快がる人がいる。
 しかし、そのさい同議員に直接の確認をしている。一連の言動は個人的にではなく議員の資格で行っており、日本共産党を代表する業務だと明言したのだ。だから、問題にするさい「日本共産党の松崎いたる板橋区議」と表記したのであり、その言動は同党に相応しくない内容だという批判もしている。

 また、その言動をするにあたり党内で議論などしたかと質問したところ、科学的に証明されていることだから議論は無用だと言った。科学的にどうであっても、それに基づいてどう政治的な判断をするかという問題があるのだが、その区別が出来ない議員というわけだ。

 それに、そもそも素人が一部の誰かの話を鵜呑みにして受け売りすることが科学的な姿勢といえるのかと訊いたら、それでも自分は唯物法的弁証法だからイコール日本共産党であると断言したのだ。彼は大学で美術が専攻だったから自然科学も社会科学も素養が無いと明言しているが、それにもかかわらず用語だけ実質を伴わずに虚しく躍らせているということが、こうした彼の発言に表れている。
 そんな人でも当選させる組織力があるのだから、その意味では日本共産党も大したものである。皮肉ではなく、その力をもっと良いことに使って欲しいということだ。

 しかも、日本共産党の松崎いたる板橋区議に対し堂々と実名を出して批判する人たちの中には、共産党の支持者であるとか、親戚に党員がいて頑張っている姿に共感と尊敬をしているとかいう人までいるのだ。
 そのさいSNSで指摘されていたが、大資本に対峙するなら政治家の仕事だし、共産党にとっては特に相応しい仕事だと評価もできるけれど、ベンチャービジネスにも満たないようなちっぽけな集団や個人を攻撃対象にするなんて、議員が自らの地位を利用して行うこととして如何なものか、と疑義を唱えられていた。

 すると、日本共産党の松崎いたる板橋区議は、小さい相手でも容赦しないのが日本共産党のやり方だと言い切ったのだ。
 これが、大資本や公権力だから小さな不正でも見逃せないというのなら、相手が大きくて力があっても立ち向かうのは勇気があると言うこともできるが、そうではなく、逆に社会的に小さい存在に目を付けて政治権力によって攻撃すると言う。それが日本共産党のやり方なのだそうだ。もし本当なら危ない政党であると誰でも感じるだろう。

 まるで中国映画『芙蓉鎮』に描かれる文革時代ではないか。この話には、意識の低い地方で威張り腐っている共産党員が、中央の政治の尻馬に乗って滅茶苦茶なことをする場面があるけれど、この時代の反省があるから、中国で小説が書かれ発表され名監督により映画化され公開もされているのだ。

 それなのに日本共産党の松崎いたる板橋区議は、共産党だから科学を標榜しているとし、自分は自然科学にも社会科学にも素人だが、自分は科学的だと自分で言っているので科学的な自分が正しいことになるから、共産党員までも含めた他のあらゆる別意見の人たちは間違いで、これには議論の余地もなくて、そこまでの言動ができる自分にはこれがあるのだと左巻健男の著書を引き合いに出し、その態度はちょうど文化大革命の紅衛兵たちが毛沢東語録を持って高く掲げている様子にかぶさるが、その本すらどこまで読解しているかも疑問な話しぶりなのだ。

 こういう態度を日本共産党は危惧したのだろう。野党共闘その他さまざまなことに悪影響するだろうから。なのに、例の菊池誠という人は松崎いたる板橋区議を煽ったのだ。共産党なんだからもっとやれと言って。




[PR]
Commented by 匿名ですが、板橋区民です。 at 2016-10-31 16:10 x
板橋区松崎いたる議員の言動を、最近目にする事が多く気になっていました。このブログの筆者に対する、松崎議員の態度にも許せない気持ちがあり、チェックし続けていました。

ここまで言い切っているのですか!?
松崎議員のTwitterを見直してみて、正直驚いています。悲しいし情けないです。
板橋区民を舐めています。こんな人物を板橋区民の代表だと、一切認めることはできません。

名前を出して、堂々と批判したい気持ちはありますが、この松崎議員の取り巻きに絡まれたくないので、匿名をお許しください。

訂正 松崎いたる議員→松崎いたる日本共産党区議
Commented by ruhiginoue at 2016-10-31 20:15
たしかに、何か発言するたびに嫌がらせされますから。
よくネットでは匿名でデマを書かれたりもしていて、タイミングが合い過ぎています。
そのうち一部の二件は裁判にして、賠償金をとりました。
犯人は共産党員だったけれど除籍されたという人でした。
当人は、自分は党員ではなく母親が党員だと言っていて、賠償金は母親に出してもらったそうです。
そういうのはあくまでごく一部の問題ある人のことだから、ここから党および野党に悪影響しないよう政治情勢に配慮しないといけないから大変です。

Commented by 次郎くん at 2016-11-01 00:07 x
ハッキリぶっちゃけて言えば、宮本→不破→志位、の体制そのものが浮動票を逃してばかりの「日本保守党」とも揶揄される上意下達体制だからこそ、票集めは得意な松橋さんが重宝されてキタ――(゚∀゚)――!!んですね。

1970年代から1980年代の時は、武道家の南郷継正の場合も徳田球一のファンだったためにシカト、武道に興味のある反体制インテリは公明新聞が特集組んだために公明党に票を掻っ攫われ、一般の脳筋反体制はデマゴギーの柘植久慶に掻っ攫われて機会原価の「失われた勝利」に気付けない柔道ヲタクのおバカ集団が日共ですもんね。

シャカマルクス主義者の遠藤誠弁護士の時も「小さなミス」ばっかりあげつらって共闘しなかったために、池田大作先生から直接薫陶を受けた腐女子に媚売りまくり取り込みが得意の工作員五島勉のほめごろし取り込みされても、自らの凡ミスには気付けないのが日共ですもん。

これでは、田布施体制または箕作奎吾体制でのパシリだったり、「右の左翼」のパシリに堕落するのも当然といえましょう。
また管理人先生は人徳のある党員が多いと言われますが、ただ単に「インテリ向け」の「軽チャー路線」「安易な多元論」
「精神勝利法」に酔っぱらっているとしか思えませんな。但し彼らの名誉のために擁護しておきますと、安倍総理が尊敬して止まないバガヴァットギーターの
主人公であるヤーダヴァクリシュナさんの言葉によると「完璧に洗脳から脱出できた者は1000万人に一人もいない」そうですよ。
Commented by ruhiginoue at 2016-11-01 19:14
もとはと言えば、松崎いたる板橋区議が、自分は正しいと言うけど、正しいか否かの問題ではなく、節度をもって行うべきなのに品位を欠いた汚い言葉を吐いたから批判されたり訴えられたりしてしまったわけ。
それで所属する日本共産党が、議員としての品位を問題にして詰問したところ、これを反省しない同議員は党組織を非難し、しかも同議員と親しい雑誌発行人の左巻健男という人が宮本顕治のように「査問」と共産党を非難したということ。
だから党員の中で同議員に怒ってしまった人たちがいたのだった。
Commented by 次郎くん at 2016-11-02 13:32 x
日共と品位とは真逆の物でしょう。自衛隊将校というだけで木村愛二先生の「古代アフリカエジプト史への疑惑」という大切な告発本をシカトして平気な連中、おべっかの上手い観光業者に過ぎない吉村作治を「偽物の権威を倒す新進気鋭の歴史学の権威」と紹介するのが赤旗ですよ。松橋さんのミスは日共本部の寵愛を少しだけ受けただけで天狗な態度になったから問題にされたのであって、吉村作治と同じおべっか使いを現在でも続けていたならば、日共本部も末端の「良心的党員」とやらもが「集票集めの名人」として松橋さんを「党の大切な宝物」として扱っていたことは間違いないでしょう。
Commented by 次郎くん at 2016-11-02 13:37 x
そういえば日共「も」、高野信夫先生が迫害された時「も」、ヴィルヘルムライヒの弟子たちやフェミニズムと「統一戦線」を組んで、日本警察やイルミナティの弾圧側の応援団でしたね。「ニセ科学者は弾圧して当然」と思い込める恥知らずな体質は党全体ですよ。
Commented by ruhiginoue at 2016-11-02 15:28
吉村作治は原発と曾野綾子を持ち上げている人ですね。
他にも赤旗は大谷明宏や家義ヤンキー先生や左巻健男にも連載させてしまい、裏切られてきましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-10-31 12:11 | 政治 | Comments(7)