コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

アメリカの民主党は日本の民進党や朝日新聞と同じ堕落ぶり

 アメリカでは、大統領選挙の結果に対して抗議のデモが頻発しているが、この背景には間接選挙により得票が当落に直結しない選挙制度が前から問題になってきたことがある。
 しかし、このことは同時に、もう少しで結果が逆になりもしたのに、それだけの魅力がない対立候補だったからだ、ということができる。
 そして、それはヒラリー クリントンという候補者の人柄に難があったからであると同時に、そんな候補者を選んでしまった民主党の堕落がある。

 そんなにトランプなんていう人が大統領になるのが気に入らないなら、なんでサンダースじゃなくヒラリーが候補になった時点で文句を言わなかったのか。民主党に対して抗議のデモをかけなかったのか。終わってから文句を言っても仕方ない。

 そもそも、金持ちの支持者が多い共和党に対し、民主党の支持基盤は庶民それも労働者であった。それなのにオバマ政権は戦争とグローバリズムで労働者を収奪し苦しめて来たのではないか。実際に、労働者が民主党から離反して共和党へと支持を乗り換えてしまったりもした。
 ところが、ヒラリーはエリートとエスタブリッシュメントしか見ていなかったうえ、庶民とか労働者を見下すようにしていた。

 また、庶民とは異なるが意識の高いインテリとかアーチストとかの階層に属するアメリカ人達は、民主党の候補者が決まって共和党はトランプとなった時すでに、サンダースだったらよかったのだが、仕方ないのでヒラリーを推すしかないという人たちが多かったと言われている。
 それなのに、ヒラリーの選挙運動は、戦略的支持でしかないのを積極的支持されていると勘違いしてしまった。自分達こそが希望の星であるかのように振る舞って「ガラスの天井を破る」などと空虚なスローガンを掲げて自らの言葉に酔っぱらっていた。

 ただし、サンダースという人には裏があるので信用はできない。
 それでも、トランプが説くような発想が許せないというなら、サンダースが対抗するのには相応しいはずだ。かつて議会でボイコットされて、他の議員たちがみんな退席した中で懸命に戦争反対の演説をしたり、社会主義はダメだと言われようと、弱者を保護して平等な社会にするのだと訴え続けたのだから。
 これとは大違いのヒラリーは、トランプと多くの共通点を持ち、輪をかけたような部分まであり、特に戦争に関してはトランプより政策がタカ派というだけでなく、彼女は人格的にも極めて好戦的で、自国内の弱者に対するのと同じように外国に対しても冷酷で残忍残虐だ。
 
 これはアメリカだけのことではない。トランプはダメだと言いながら、サンダースでは左寄りだと難癖をつけてヒラリーにして負けた民主党およびそれを取り巻く人たちの無様さは、日本だと、まず政治では、共産党と共闘すると保守票が逃げると言って自民党と同じになり選挙で勝てなくなる民進党がそうだし、他の分野でも例えばマスコミでは、読売と競争して当たり障りのない記事と論説で読者を失う朝日新聞が、まったく同じではないか。
 つまり、他山の石ではないということだ。



[PR]
Commented by keitan020211 at 2016-11-11 19:31
代表投票制なのは日本の手嶋なんとかというアメリカ通の人などがしばしばセレモニー、即ち形式だけのものと言いますが単なる形式だけではありません。
 選ばれた代表選挙人が絶対に造反をしないこと、それに意義があります。
 なので今回の大統領選挙ではトランプ氏の代表選挙人が万が一にも造反をしないかと気が気でならなかったです。――あれ?もう行われたのかまだなのか?前回のは一応は日本のテレビニュースもその本番の選挙が行われたことを報じていたと憶えています。
 原則としては一部の州を除き造反をしても違反ではない。
 なので現行の大統領選挙の制度が廃止される可能性はないと思います。
 クリントンが票数では上回って敗けたのは早い話、数が全てではないということ、それで文句を言う人々は少数者(マイノリティー)を大切にする民主党を支持する資格なし。

 あと、日本の昨日のTPPの採決でも与党の議員の造反が出る可能性はあると思っていたら一人いたそうです、但し欠席で。
Commented by L at 2016-11-11 19:50 x
 こんばんは。大いに同意します。
 サンダースならトランプに勝てるというのが予備選の時の世論調査だったにもかかわらず、米民主党幹部が裏で手を回してサンダースの候補選出を妨害していたことが暴露され、幹部が何人か責任を取りました。サンダース大統領になるくらいなら共和党に負けた方がマシだと無理にヒラリーを立てた挙句、サンダースのように敵であるトランプが大統領になった上に上下両院まで喪ったんですから、米民主党幹部はイソップの描く肉を咥えた犬のように間抜けです。
 トランプの勝利は、アーサー・ビナードさんやマイケル・ムーアといった地べたの感覚を持った人たちは2年前から予感し警告してたわけで不思議はないでしょう。
 今回、興味深く思ったのは、見たいものを見てしまう、願望に過ぎないものを現実だと信じてしまうのはアメリカの偉い人たちも同じなんだなということですね。
 
Commented by 次郎くん at 2016-11-11 20:05 x
ここは阿修羅掲示板のカルト板在住の、もと宮内庁職員工作員の「小沢内閣待望論」氏の見解を
穿った見方が正解ではないでしょうか!
ヒラリーさんは本人はとっくに死亡、
現在いるのは政治芸人の影武者でしかも得票不正大水増しをしたと信じて投稿してます。
そこでメール応援団員な「プーチン」と記述投票したお笑い票が1000万票でこれはトラムプ票に計算され
「習近平」と記述するとヒラリー票に数えられるのが数十万票しかなかったので、
お笑い票を有効票と計算すると圧倒的大差で負けていることが判明したので
早々に敗北宣言してのが真相ではないでしょうか。
Commented by 次郎くん at 2016-11-12 00:03 x
あと「裕仁」「明仁」「バラクフセイン」「プミポン」と書いたお笑い票も
ヒラリー候補に数えられるハズですが、
「プーチン」「メドヴェージェフ」→トラムプ票に数えられる票と比較すると
桁違いに少なかったということです。
この点は「小沢内閣待望論」氏が触れていないので敢えて
恥を晒して投稿致します。
Commented by materialist at 2016-11-12 02:33 x
ヒラリーは一応富裕層への増税を公約にしてましたけどね
Commented by ruhiginoue at 2016-11-12 15:21
公約があると退席した男性の議員がいて、披露宴をした親の七光り女性がいて、どちらも鈴木でした。数が多い姓で困ります。
民主党も共和党も、広い意味の社会主義だったり、「思いやりのある保守主義」だったり、してきたのに、オバマの時代は保健福祉や税制でいちおうの改革を標榜しながら庶民大衆のためにならなかったり苦しめたりするものでしかなかったのでしょう。
日本でも、TPPで国民皆保険制度が崩壊すると言われていても、そうなって欲しいと貧困層が切に願っているのですから。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-13 19:58 x
 少し冷静になって、トランプさんのアメリカのことを考えた。もし彼が一大ヘマをやれば、四年経たなくても大統領を辞める羽目になっちゃうんだしさ。深く考えないことにした。
Commented by ruhiginoue at 2016-11-14 18:29
盗聴してバレたりして辞めても、同類の副大統領が昇格しますけどね。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-14 21:04 x
 「歴史はくり返す」ですか。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-14 21:14 x
 本当に国境に壁作るのかな。ベルリンみたい。
Commented by ruhiginoue at 2016-11-15 12:11
格差是正のため高所得者の増税と低所得者の減税をすると言っても、それによって本当に底辺の人たちが助かったと実感できるほどの額ではありません。
なぜなら、そこまでやると大企業が反発して政治献金してくれなくなります。
それなら、企業の献金をあてにしない億万長者が大統領になって、国境を封鎖して安い労働力が入らないようにしたら自分たちの仕事が増えるかもしれない、などのほうが、まだ現実的に感じてしまう。
それが、アメリカに限らず「リベラル」の衰退につながっているのです。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-15 21:12 x
 人種問わず、アメリカに「合法移民」と「不合法移民」をどう判別するのか。それをず~っと疑問に感じるのさ。南北のアメリカ大陸のみならず、オーストラリアとかでも同じようなもの。
 悩むきっかけは、ルグインさんと彼女のご両親もその一部分。

Commented by ruhiginoue at 2016-11-16 16:44
それは日本でも北海道と沖縄が同じでした。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-16 21:54 x
 そうだね。灯台下暗し、だった。何だ、その気になれば、世界中がそれに該当しちゃうな。
 おまけの話。今から十年前のジブリ版『ゲド戦記』の時に買った関連書を読んで、紹介されていたルグインさんの本を読んで、それで彼女のファンになっちゃたのさ。

by ruhiginoue | 2016-11-11 18:30 | 国際 | Comments(14)