コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

警察から暴行を受けた医師が死亡との訴え

 2010年に、奈良県警から取り調べを受けている最中に死亡した男性医師の遺族らが、遺体の状況から暴行を受けていた可能性があると主張し、警察に告発状を提出した。
 テレビの報道によれば、この医者はミスして患者を殺した容疑で逮捕されていたらしい。ここで映っていた病院は小さかった。でかい国立病院だったらこんなことないだろう。逆に訴えた患者や家族が警察から暴力的対応を受ける。これは拙書『防衛医大・・・』にも書いたとおりだ。

 あのマイケル クライトンによると、アメリカでも警官による暴行死があり、それを警察が治療に当たった医師のせいにするので、医師は警察を信用しないと書いていた。日本なら警察病院が隠蔽してくれるが。
 そんな事件で、前に外国人が被害に遭い、その裁判では裁判所に大使館の青ナンバー車が横付けされ、降りて来た外交官が傍聴していた。これも、その外国が大国か小国かで判決が変わってくるようだ。

f0133526_16121855.jpg

 この小林多喜二の遺体のような足は、あぐらをかいて座っていたからだと警察が裁判で主張し、そんな非常識なことを裁判で堂々と警察が言ったのかと驚く人もいるけれど、それは裁判で通用するから言うのだ。どんなに荒唐無稽でも警察の言うことだから信用できるという認定が判決文の雛形になってるからだ。現実には絶対ありえないことを、警察が言うんだからあったんだと裁判所は必ず認定する。そうでないことは極めて稀な例外である。だから、よく警察官は「俺たちは木の股から子供を産ませることだってできるんだ」とうそぶく。

 また、死んだ医師の体中にある打撲傷は倒れて出来たというのが警察の主張だ。前に似たようなことがあった。知り合いの人の、島根県の松江に住んでる親戚が、交通事故に遭い、最初は警察が轢逃げとして捜査していたけど、検問で怪しい車が見つからず、すると警察は交通事故ではなく転んで怪我をしたことにしてしまった。 
 その現場には自動車が衝突したような破損が舗道や縁石に有り、その写真もあって見せてもらった。ところが警察の方で交通事故じゃないと結論した途端に取り替え工事されてしまった。いつも仕事の遅い田舎の役所にしては異常に迅速だった。

 そういうことを普段からしているのだから、あの陥没も早く直せて当然だろう。お役所にとっては不祥事を一刻も早く隠蔽することが最優先課題である。
 なのに、陥没を一週間で埋めたから仕事が早い「日本スゲー」と外国から賞賛されていると自画自賛の報道がされている。ほんとうに早くて良いと思っているなら、「こんな大きな穴をこんなに早くふさぐことができるんだったら、お役所は他の仕事も早くやれよ」と言うのがマスコミの仕事じゃないのかね。




[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-11-19 19:50 x
警察の中でも、公安4課の仕業でしょう。
普段は小さな病院の医師に圧力をかけて
自分たちが集団ストーカーで行方不明に見せかけて虐殺した人々を
(行方不明者で毎年16万人以上が書類だけで処理されてます)
ニセの診断書を書かせて勝手に生命保険を掛けてぼろ儲けしていたのを
医師が「秘密は絶対に守りますから抜けさせて下さい」と
哀願したのに逆切れして虐殺、オマケとして
心臓を抉ったり血液を飲んだりもしたのでしょう。
一刻も早く文字通りの悪魔の下僕たちが
滅びることを願ってやみません。

願ってやみません。
Commented by ケーキイーター at 2016-11-20 22:21 x
 スティーヴ・ビーコウみたい。命日は、1977年9月12日。だったと記憶しているが。

Commented by ruhiginoue at 2016-11-21 18:52
デンゼル・ワシントンがマルコムX以前にふんしていましたね。
Commented by 次郎くん at 2016-11-24 03:02 x
ケーキイーター様
ビーコウさんの件では、当時デマゴギーの柘植久慶に関して「早く死ねばいいのに」と
怒りがこみ上げてきましたね。「もう14年以上前の昔の事で騒ぎ立てる連中は
あたまがおかしい」との悪党特有の逆切れ記述ですもん。

最近の感想ですか、柘植に関する怒りは変化ありませんが
「日本の陰謀」や「さゆふらっとまうんど」を読んだ結果として
イルミナティ組織の敵味方偽装工作の中で、柘植久慶が親分、
宮本顕治・不破哲三・本多勝一・南郷継正が子分の関係なので
当然野放し政策なんだと、奇妙に納得している今日この頃です。
by ruhiginoue | 2016-11-19 16:24 | 司法 | Comments(4)