コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

和田アキ子の紅白落選と歌の上手いアイドル

 和田アキ子が紅白歌合戦に落選したという話題は、もっと関心の強い人たちによって色々と言われていることなので、ここではこれをきっかけに個人的に思い出した話をする。

 そもそもアイドル歌手という分野が日本の芸能で確立した七十年代から全盛期の八十年代にかけて、歌の下手な歌手が大勢いたと同時に歌の上手いアイドルもいて、それが女性には特に珍しくないほど存在してきた。

 その中で、松田聖子のように特異な天才は別にして、八十年代前半の中森明菜とか、後半の田村英里子とか、いくらでも名を挙げられる中で、誰が最高の歌の上手いアイドルの女性かというと、おそらく山瀬まみだろう。彼女はいかにもアイドルという歌からアニメの主題歌やコミックソングや舞台のミュージカルまで、歌の特色に合わせて歌声を自在に変化させるから、歌手としてたいへんな技巧派だ。

 それで、歌に自信があるから安心して、テレビの司会やCМでひょうきんな言動をしているのかもしれない。そう思えるくらい歌が上手い。もちろん例の「すぐ泣く」などによってアイドルとしてのキャラクターが本当に崩壊したのかもしれないが。

 そして、山瀬まみと井森美幸のコメディアン化によって、ホリプロではアイドル歌手の路線を保っているのは和田アキ子だけになってしまったと笑い話にされていた。これは後に深田恭子などが出現するまで言われていた。ちなみに深田恭子も歌はかなり上手いと評判である。

 この和田アキ子は、その言動が色々と話題になっていて、それで嫌う人もいるけれど、そういうのとは違って完全に笑い話になっていた人が井森美幸であった。彼女はよくボケ発言をしているが、天然ボケの発言をするアイドル歌手なら浅田美代子や西村知美などが良く知られているけれど、井森美幸のボケ発言は「群馬県は盆地」などトンデモ発言でもあった。

 あの時、オウム真理教事件の話を取り上げていたので、その題名は忘れた番組を見ていたのだが、何かの話のはずみで夏の暑さの話になり、そこでアシスタントのように出ていた井森美幸は、自分の出身地について「群馬県は盆地だから暑いんですよ」と言った。
 これは、内陸で高原ではなく山に囲まれている土地は風通しがよくないので暑いということと、京都や甲府など盆地も同様であることとを、まぜこぜにしてしまったようだ。

 この人は何を言っているのかと思っていたら、やはりテレビ局も電話が鳴りっぱなしで、特に群馬県の人からは、出身者が故郷を語っているときに間違うなんて恥ずかしいと言われたらしい。

 そんなことを、和田アキ子の紅白歌合戦落選から間接的に思い出したのだった。また、もともと歌の上手いアイドルがいたから、最近の、アルファベット三文字と二桁数字のアイドル集団の学芸会には辟易している。
 


[PR]
Commented by 次郎くん at 2016-11-30 00:46 x
管理人E先生も人の子、「恋は盲目」という言葉が似合います。
華夷秩序の壁を破れなかった存在は天才とは言えないでしょう。
スポーツ選手にたとえると東関親方(もと関脇高見山)程度の実力はあるでしょう。
しかし欧米では国民的ヒットを飛ばせていないのですから
管理人E先生の見解には全く同意できません。
確かに鄧小平もと主席から「聖子ちゃん、孫の何人かがキミのファンなんだ、
これからも頑張ってね」とお褒めのお言葉を掛けていただいたり
東南アジアの複数某国元首たちからも同じく礼賛のお言葉を
いただいた存在ではありますが、一般の欧米人にとりましては
「松田聖子って誰?」ですからねえ。


by ruhiginoue | 2016-11-29 17:41 | 芸能 | Comments(1)