井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

DVは良くてストは悪いというダサイタマ県民

 参院TPP特別委で、安倍総理は「私はJAや全農を攻撃しているわけではない。励ましているんだ」 と発言した。これでは、暴力教師の「体罰は愛の鞭」や、育児ノイローゼ母親の「虐待ではなく躾」と同じだと言われている。

 この背景に、日本には批判する文化が育っておらず、黙って耐えることを美徳とする奴隷根性が身についている、ということがある。それで、結婚した途端に婚約中とは一変して暴君と化して平気でいる人がいるのだろう。ちょうど安倍総理の「これまでの約束とは異なる新しい判断」というわけだ。


 ところで、暴力亭主のため入院するほどの怪我をした知り合いの女性が、人権擁護委員に相談したら委員は地元の寺の住職で、必死の訴えに対し読経と同じム~ニャ・ム~ニャという口調で「人間には忍耐の精神が最も大切である」などとクドクドと説法されてしまったそうだ。

 こういうことがあるから、日本人のマゾヒズムは仏教の影響ではないかと疑っている。また、大昔から寺請制度とか檀家の制度で権力が一般人を縛る役目を仏教界は果たしてきたこともある。

 今でも地域によってはちょっと田舎に行くと檀家の影響が生き残っていて、これは墓は郊外の霊園じゃダメだとか言ってる人がまだいるためだ。あと無縁仏は全部つぶして駐車場や幼稚園にし、親に呼びかけ住職が市議会議員に立候補とかいうこともある。その住職が、まさにそれだった。


 これについて、坊主だからDVを隠蔽したと言うより、むしろ「人権擁護委員」だからという指摘もある。公的な役職を得るには「アカみたいなこと言わない人」であることが必要だからだ。それに、人権擁護委員をやっている人でも「ここだけの話、こんな所に相談しても無駄」と言っているそうで、こういうことは自分でも直接に知っている話が色々とある。
 また、訴えるにしても、とにかく今の暴力から逃れなければ危険なので一時的に身を隠すいわゆるシェルターを、という意見があるけれど、そうしたら自民党など保守派が「家族制度の崩壊につながる」と反対していた。日本の伝統的な家制度は家族をツールや道具としか思っていない。だから人を粗末にする。これなら自民党の改憲草案があの調子であるのも当然だ。

 ただ、その女性はDVにもいちおう人権擁護委員が対応する建前なので相談していて、これは埼玉県の話で、東京ならそこまでひどいことはないと聞いたから夫に黙って引っ越し、そこで役所や色々な人や団体に相談して解決(離婚など)したそうだ。
 そして「やっぱりダサイタマだ。もう二度と埼玉には住まない」と言っていた。
 
 そうえいえば、港湾バスのストライキについて、「あれは自分も利用するから不便ではあったが、労働者の権利だし、安全の為であるから利用客のためでもある」と言って理解を示す人がいる。
 あの西武線は、例の堤義明が他社のベアに少し上乗せしてやるからと言って労働組合を作らせず、そこで公私混同のやりたい放題だったことは有名だけど、それを沿線の住民たちの多くを占める埼玉県民たちは「ストがないから良いね」と言って何も考えないから、「やっぱりダサイタマ民度が低い」と昔から笑われてきたのだった。

 あの『パタリロ』で知られる魔夜峰央が埼玉を「ディスる」漫画を描いていたが、こういう実態に触れていないのであまり面白くなかった。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2016-12-05 18:01 | 社会 | Comments(0)