井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

年末年始のしらけ酉年

 年末年始といえば、まず、前に住んでいたところで、除夜の鐘をつかせくれるという寺があるから行こうと同級生に誘われ、先着108人だろうから早めに行ったら、そうじゃなくて来た人全員に好きなだけつかせてくれるということだった。だからこの寺の除夜の鐘は毎年何千回と鳴り、近所に住む人はうるさくてしょうがないそうだ。
 このような寺は他にもあるそうで、大晦日に来る人の数だけ煩悩があるというわけだ。

 また、「一家団欒を大切にし、食事のときはテレビを消そう」と言いながら、年に一度の団欒で親戚まで一緒にすごしたりもする貴重な時に「紅白歌合戦」だの「ゆく年くる年」だの「スターかくし芸大会」だのを観ている人たちがいて、うちの親もそうだったから、子供のころから疑問だった。
 ところで、紅白歌合戦に、なんでこんな歌手が出ているのかと毎年の話題で、芸能事務所の「枠」があるからだが、ウイーンのニューイヤーコンサートの指揮も、務めれば栄誉といわれるが、後ろ盾の有無で決まり人気と実力ではない。どんな分野でもみんなそうだ。しらけてしまう。今年は酉年だが、小松政夫の名ギャグ『しらけ鳥音頭』を思い出す。

 ところで暦のことだが、元号は政治的な云々より不便すぎて実用的ではなくて、それよりははるかに西暦が便利ではあるが、これが良いことにもならない。イスラム歴なども同じことだ。
 だからメートル法みたいに世界共通の暦を作ってみんなで使用し、実用ではなく文化として使用するさい、それぞれの暦を利用するようにすべきだと前から思っている。誰か国連に提唱してくれないか。



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-01-03 21:51 x
 西暦に関しては、開き直って使っています。「平成**年」はとにかく不便過ぎるので。

Commented by ruhiginoue at 2017-01-04 20:12
エスペラント語が普及しないので仕方なく英語というように、今のところは西暦がいちばん便利だから仕方なく使いますね。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-04 20:36 x
 昔のヨーロッパの共通語って、ラテン語だったんでしょ。今、アフリカの人が英語やフランス語を共通語にしているのと同じ理由でしょ。何だ、私、ちゃんと歴史を勉強していたんだ。丸暗記は駄目だったけど。だから、学生時代の成績は悪かったです。イギリスがどかーんと「大英帝国~」なんて作っちゃって、アメリカみたいな国までできたからねえ。
Commented by 次郎くん at 2017-01-05 01:41 x
エスペラント語ブームが衰えたのは、構造的に一番近い言語である
スペイン語が復権したのが最大の要因でありましょう。
スペイン語圏から見た外人である人々が
スペイン語学習者が少数派であった時代と
エスペラント語ブームの時代とは合致していますね。
レンズマンの作者のエドワード=エルマー=スミス氏は
エスペラントの事を「宇宙スペイン語」という渾名で呼びました。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-05 22:43
インドではサンスクリット語が必修で、欧米のラテン語と同じことだそうですが、インドの政治が右傾化していてどうなることか不安です。勧められて債権を買ってしまったのだけど…
日本では漢文が入試に出なくなるという話があるけど、やっておくと中国人と筆談すれば北京でも上海でもどこでも通じて便利だし、センター試験で何点獲れるかと問題集を買ってきてやっていたのだけど、それももったいないから、どうなるのでしょうか。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-06 06:11 x
 漢文も私は学生時代は超苦手だったが、勉強しておいて、損は無いでしょう。

Commented by 次郎くん at 2017-01-06 13:29 x
本当の情報ですか、その表エスペランチスト的な超良い話は!?
エスペランチストの方々は他にもっと素晴らしい体系の言語で
あるならばそっちでいいとおっしゃっておられます。

インドで梵語が必須だという話は聞いた事ありません。
出家僧の全国共通一次的な合否を判定しているセントレアが
シャンカラチャーリャー教団ですが、サヴィカルパサマーディ
(=分別三昧)の体験をしたか否かが判定基準です。
梵語が必須科目なのは「歴史学博士」試験に合格するための
分野のみではないでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2017-01-06 23:06
漢文はパズルみたいで面倒だけど、わかって来るとそうではありませんね。
サンスクリット語を学校でみんなやるという話はインド人から聞きましたけど。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-08 16:10 x
 世界の文化や歴史を学ぶことは、自分達の歴史や文化を見直すことができる。ということかな。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-09 13:03
漢文を学んで論語や兵法を読み、古文で「つれづれなるままに」「春はあけぼの」を読み、日本がいかに呑気だと知り、戦争しては負けるに決まっていると悟るべきです。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-09 17:45 x
 ところで…。除夜の鐘の代わりに、チューブラーベルズを鳴らしてみたいなあ。

Commented by ruhiginoue at 2017-01-10 06:33
仏教ならこれがあります。
https://youtu.be/hd8a21-b1SU?t=10m45s
Commented by 次郎くん at 2017-01-10 16:10 x
(蛇足)最近のさゆふらっとまうんど氏や管理人のE先生が
不当弾圧を食らうのは公明結社=イルミナティの罠ですわ。
かつて本多勝一さんを弾圧したのと同じ手口で
権力犯罪者どもの二段構え三段構え作戦、
B層には「弾圧されるから全て正しい存在なのだ」との
狂信者盲信者を作り出す洗脳工作の一環ですね。
一番醜態を晒したのは太田龍氏ですが。

Commented by ruhiginoue at 2017-01-10 17:03
他の人のとのやりとりに横から口を出した形にならないよう、どのコメントに対応しているか明記してください。
Commented by 次郎くん at 2017-01-11 23:02 x
2017-01-10 06:33 のE先生の投稿案内記事の
仏教ならこれがありますという事で、YOUTUBE観たのですが
伊福部さんのクラシック音楽ゆえに、どう結論しても
プロテスタント教ルーテル宗系統の癒し系音楽にしか聴こえません。

まあゴーダマ=ブッダも「終わり良ければ全て良し」と言われたそうですし、
現代ニッポンは過労死教という覆い(=フィルター)に列島丸ごと
覆われている現状ですから、広い意味に於いては仏教ではありますが。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-12 11:42
どう感じるかは別に、もともと除夜の鐘とチューブラベルの話ですから。
Commented by 次郎くん at 2017-01-15 14:44 x
2017ー01-05 22:43 と 2017-01-06 23:06 の
E先生の投稿の、「インドではサンスクリットが必須とか
知り合いのインド人によれば」、との事ですが
ネット検索や日本ヴェーダーンタ協会に23年前の1994年後期に
問い合わせたところ国民単位ではそうではありませんでした。

個人が特定されない内容で情報源をお教え下さい。
インドの人々の多言語自主学習能力は高いですから
向うの高レヴェルの労組運動が実践主体なのかも知れませんね。
ただ津田元一朗先生の「インドヨーロッパ語族は捏造」内部告発を
裏付ける現場からの動かぬ最大の証拠としては
インドアーリア人が日本人に対して唯一学習能力が劣るし
興味自体を示す人々が極端に少ないのが、ドイツ語であるという点です。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-15 15:09 x
 で。この曲、次の楽章へ繋がるところで、聴くのを挫折しました。 ご~ん…
Commented by ruhiginoue at 2017-01-15 15:11
行った学校により違いがあるのかもしれませんが、当地の学校制度がどうなっているか知らないので不明です。
知り合いのインド人は、サンスクリット語は学校で欧米のラテン語と同じことだと言っていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-01-02 21:16 | 雑感 | Comments(19)