コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「医学部に行くな」

 ネット上で話題の、ヘボなレイアウトの広告。
 予備校の宣伝で受験生らしき女性の写真の右側に「医者になるんだ、私。」という文字だが、下には大きな文字で「医学部に行くな」とある。
 やめておけという意味みたいだが、よく見ると「医学部に行くなら」で、最後の「ら」が白い文字なのにシャツの白い襟と重なっているため見えにくくなっている。

f0133526_08321952.jpg

 
 これをデザイナーの失敗ということで笑っているだけではなく本気にしてしまいそうなのは、このような広告が始まったのが、かつて医者になりたがる人が多く医学部は狭き門という時代からで、しかし、もう医療は斜陽産業だから、古い発想で医学部に行くのはやめておけ、という意味になっても通用してしまうからだ。

 実際に、医師や薬剤師で転職を真面目に考えていると言う人たちがいる。これには色々な意味があって、忙しさと収入の両方の観点から手間暇費用をかけた見返りがないとか、仕事自体がつまらないとか、やり甲斐がないとか、意義がないとか、そうした実態についての指摘がされている。

 それを言ったら、他にも色々な分野の業務について同様に言えるのだが、ついに医歯薬系まで、その兆候がかなりはっきり見え始めたと医師や歯科医や薬剤師たちが言っている。

 それでも、楽しいから大学に行きたいということもある。芸術系の大学に、食えなくてもいいから行く人たちと同じだ。医学部は楽しいだろうか。看護師をやっている女性は「つまんないよ」と言っていたが。

 ところで、上記の「1対1完全個人指導」というのは、料金が高いのではないか。実は数学で受けたことがある。といっても受験ではなく大学に入ってからで、一般教養の分野ごと科目選択で理数系も何教科か履修するさい「数学」があって、これが物理や天文学や生物学と違って実験が無いから人気が無く、履修する人がいつも数人しかいない。だから欠席する人がいるとマンツーマンになることがしょっちゅうだった。
 おかげで丁寧に教わったのだか、受験のときにこれだったらよかったのに、と思った。そうなるとやはり親に金のある人が有利だ。
 
 あと、高校までは基礎知識ということでΣとか∫とか漠然と教えるから無味乾燥になるけど、大学ではコンピューターのプログラムのとき使えるというと面白かったし、経済の問題で金もうけのために利用したら意義があるから血眼になる。
 だから、よく言われるように、この利用法を先に教えるほうが良いと思う。高校の数学の教師は、「とにかく試験で赤点を取らなければいいんだ」だったから、つまらなかった。


[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-01-11 21:27 x
 去年、たまたま私が読売新聞の人生案内コーナーを読んでいたら、ある学生(高校生? 性別を忘れた。)の親が医者で、その子が悩み相談をしていて、野村総一郎先生のアドバイスの文章が載っていた。私が「凄いな」と思ったのは、その野村先生が「ああ。この子は本当は医者にはなりたくないんだな」って見抜いていたところなんだけど。防衛医大の先公にも、いい人いるのよねえ。ちょっとおかしな文章かな。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-12 11:45
医療が斜陽産業なのは、なりたい人がなるとかいい人がなればいいとか、そういうのが無意味になったからです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-01-11 09:07 | 学術 | Comments(2)