コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

米倉斉加年の焼肉のタレの宣伝

 うかつにも気付かなかったのだが、名優・米倉斉加年(よねくら・まさかね)さんが亡くなったとき、「モランボンのジャン」のCMに出演していたことが報道では軽く触れる程度だったけれど、この背景について辛淑玉さんが次のように書いていた。

 「焼肉のタレといえば『モランボンのジャン』がすぐ思い浮かぶ。スーパーの肉コーナーには欠かせない一品だろう」
 「そのジャンのコマーシャルには、今では想像もできないほどの産みの苦しみがあった」
 「なにしろ『チョーセン』という言葉を口にすることさえはばかれた時代だ。まして放送の中ではタブーを超えていたと言ってもいい」
 「そんな中、『朝鮮の味、ジャン!!』というナレーションと共に、美しい映像がテレビ画面いっぱいに流されたのだ」
 「私は、その映像に釘付けになった」
 「モランボンのコマーシャルは、何度となく放送局から拒否された」
 「また、『朝鮮』を掲げた企業のコマーシャルに出演してくれる俳優を探すのも困難を極めた」
 「俳優生命の終りを意味するほどの差別感情が社会に蔓延していたからだ」
 「抜擢されたのは、CMには決して出ることのなかった名優、米倉斉加年さんだった」
 「その彼が、30年前、全鎮植氏(注:モランボン創業者)の求めに応じて、朝鮮風のパジチョゴリを着てコマーシャルに出演したのだ」 
 「そのせいで米倉さんが受けた仕打ちは凄まじいものだった。まず、すべての役から下ろされ、メディアへの出演も断られた。仕事がまったくなくなったのだ」
 「もちろん米倉さんの子どもも無事ではいられなかった。学校で『チョーセンジン』といじめられて帰ってきて、『ねぇ、お父さん、私の家は朝鮮人なの?』と尋ねたそうだ」
 「その時、米倉さんは微動だにせず『そうだ、朝鮮人だ。朝鮮人で何が悪い?』という趣旨の言葉を子どもたちにかけた」
 「米倉さんは、1934年に福岡で生まれた日本人である。しかし彼は、自分は日本人だとは決して口にしなかった。それは、このコマーシャルを引き受けるときの彼の覚悟でもあったのだろう。当時を振り返って、『あのとき、このコマーシャルはただ焼肉のタレの宣伝ではない、社会意識への挑戦であり、文化を伝える作業だと認識していたのは、全さんと私と、あなた(私のこと)だけだったかもしれませんね。わっはっは』と愉快そうに語ってくれた」

 この79年の宣伝を、はっきり覚えている。米倉斉加年が「朝鮮の味」と言いながら食べる様子がほんとうに美味しそうで、これがきっかけで初めて買った。気に入ったので他人に奨めると、みんな賛同した。
 そのあと、学校の行事でキャンプをしたさい、飯盒炊飯のオカズで焼肉にジャンを使用した。校長先生が味見をして回っていたが、うちの班の焼肉だけは「これは美味しい」と絶賛し、全部食べそうな勢いを理性で止めたような様子だった。これほどだったのだ。
 だから思い出が深い。ところが、その宣伝の陰でこんなことがあったとは…彼は「私の師匠は宇野重吉」と、反骨の俳優の弟子だと誇っていたが…

f0133526_14302631.jpg



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-01-13 22:05 x
 事なかれ主義と言うか、単なる差別精神と言うか…。今の韓流ブームを考えると、ちょっと信じられないところ有りで、唖然とさせられますね。キムチはたまに買う。今のところは牛角が美味しいと思っているが、全部のメーカーを試してみる訳にはいかないので…。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-14 09:52
あとから考えると七十年代には大変な勇気の要ることだったとわかります。当時は意識していなかったけど。
Commented by keitan020211 at 2017-01-14 12:17
朝鮮人を演ずる役者魂ということですか。
米倉さんの芝居は、私は『The King Lear』を観たことがあります。
内容は分からなかったけれど彼の演技のディティールは目を見張るものがあります。
「いや、日本人だ。」と云うと、どうしてもそこに続く語が「でも、……」となってしまいます。
日常語としても苦しい感じになる場合が多いですが、芝居の言葉としては尚更に、決定的不利の状況を表す言葉です。政治も芝居です。
モランボンの韓キムチは好物です。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-14 18:15 x
 モランボンの食品ねえ。今度何か買ってみようかな。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-14 20:49
違うのにあえて「アイアム~」と言って見せる最近の流行りを米倉斉加年さんは先駆けていたのでしょう。
モランボンは無添加に拘り焼肉のタレは賞味期限10日という素晴らしいものです。
テレビで宣伝しているヤマヤの辛子明太子を見たら添加物まみれだったので、これはダメだとモランボンしか買わなかったけど急に売ってなくなり、それは添加物を使わない鱈子が入手できなくなったのでやめてしまったということで、これも見事に潔い対応です。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-14 21:24 x
 話の内容が本題とちょっとずれるけど、「朝鮮、韓国」ってことで思い出した。
 日本政府は何でたかが少女の銅像くらいで、あわてふためいているのかな。韓国の方も、路上に銅像設置しちゃって、事故起きないかな。大丈夫かな。ちょいと心配になってきた。
 日本も韓国も、妙な所で間抜けだからな。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-16 10:14 x
 ひょっとしたら、私も自分で気が付かないところで、どこかで大差別しているかもしれない。怖いね。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-16 16:22
心だけの問題ならあくまで偏見であり、差別として問題になるのは社会の仕組みとか構造のなかにあるものなので、その見極めが必要ですね。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-19 00:43 x
沖縄って、車が左側を走っているだけで、実際には日本には返還されてないみたい。
 だから、「土人呼ばわりさせられるんだ。
Commented by ケーキイーター at 2017-01-19 09:58 x
 昨夜は何だか寝ぼけて書きこんでいたね。
by ruhiginoue | 2017-01-13 14:27 | 芸能 | Comments(10)